関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

economics

2011年9月 9日 (金)

経済の基本原則

 インド中からカディー(手紡ぎ・手織り綿布)の注文が届いていることを、皆さんも喜んでくださることでしょう。カディーの在庫はすべて売り切れてしまいましたが、注文はまだどんどん来ています。しかし、だからと言って、もうこれ以上カディーを注文してはいけないと、思わないでいただきたいのです。人々がカディーを信じることをやめたために、カディーの生産が止まってしまいましたが、そうでなければ、私たちはカディーを山ほど生産できるくらい素晴らしい状態でいられたはずです。また、私はカディーが売れることを望んではいますが、カディーは大変尊いものですから、本当には必要でないのに、たまっている在庫を減らすためだけに、カディーを注文するような人がいないことを望みます。手で紡いだ糸から作られたカディーは、私にとって神聖なものです。ですから、そのようなカディーが処分されるようなことがあってはなりません。もっと言えば、本当には必要ではないカディーを購入することは、この国をだめにします。今私たちが着ているような立派な、つまり外国や工場で作られた衣類の代わりに、カディーを着るようになって初めて、カディーは賢く用いられるようになり、そうなって初めて、インドの衣類の不足という問題を克服することに成功するのです。ですから、決まりとして守ってほしいのですが、いろいろな種類のドレスを着ている人は、必要な衣類の数を減らす必要があります。そうすることで、利用できる衣類が足りないという問題を緩和することができますし、本当に必要な量を確保するうえでも、できる場合は常にカディーを身に着けるべきです。その結果、人々に衣類を取っておくことができ、衣類に使うお金も有効に活用できるようになります。お金が少数の人の手に渡る代わりに、何千もの人々に分配されることになるからです。生産して消費するだけでは、十分ではありません。そうする際に、頭を働かせる必要があります。生産において、また、消費の仕方においても、できるだけ多くの人の利益となるようなやり方が整えられねばなりません。これこそが、経済の基本原則です。この原則が破られる場合にのみ、人々は欠乏状態を味わうことになるのです。ですから、カディーの需要があるというそれだけでは、私は嬉しくありません。
Navajivan, 23-5-1920

     The reader will be glad to know that we have been receiving orders for khadi from all over India. All the stocks of khadi have been sold out and orders are still pouring in. But people should not understand from this that one should order no more khadi. Because people had lost faith in it, the production of khadi has stopped but otherwise our position is so good that we can produce heaps and heaps of it. Besides, though I want khadi to be sold, I place so high a value on it that I do not want anyone to order it, if it is actually not needed, just in order to reduce accumulated stocks. Khadi made from hand-spun yarn is sacred to me, so that such khadi is not to be thrown away. Moreover, consumption of khadi with-out real need will harm the country. Khadi will have been wisely used when we start wearing it in place of the fine cloth or foreign or mill-made cloth now used by us. Only then shall we succeed in overcoming the shortage of cloth in India. The rule, therefore, is that people who use a great variety of dresses should reduce their needs of cloth-so that the pressure on available cloth may be reduced and even in meeting their genuine needs they should use khadi wherever they can. This will spare cloth for the people and the money spent over cloth will have been well used, for, instead of a few people earning it, it will be distributed among thousands. It is not enough that we produce and consume; we should use our discretion in doing so. Production--and the manner of consumption too--should be so organized as to benefit the maximum number of people. This is the simple principle of economics. People starve only where this is violated. Hence a demand for khadi by itself will not please me.
Navajivan, 23-5-1920