関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

civilization

2009年3月 7日 (土)

西洋文明の実態

 The New Ageという英字誌に、この問題を扱った漫画が掲載されました。ここに再掲します。行進する軍隊が描かれています。背後にはグロテスクな人物、大将がいます。このひどい図体の人物は、拳銃をぶら下げ、あらゆる方向に硝煙をまき散らしています。そして、剣からは、血が滴っています。頭には大砲が乗り、片方にぶら下がっているバッヂには、骸骨の絵が描いてあります。その上、腕には十字架がぶら下がっています(この十字架は、負傷者救護隊の記章です)。口には血が滴る短剣を歯でくわえています。肩には実弾を装着したベルトをかけています。この絵には、「文明の行進」という題がついています。この漫画の情景描写を読んだ読者は皆、深刻な面持ちになることでしょう。よく考えてみれば、この漫画の男の顔に現れているひどい表情と同じぐらい、あるいはそれ以上に残虐なのが、西洋文明であると感じないわけにはいきません。人を最も憤らせる光景は、血が滴る武器の真ん中にある十字架です。ここにおいて、この文明の偽善ぶりが最高点に達しています。前の時代にも、血なまぐさい戦争はありました。しかし、近代文明の偽善には、染まっていませんでした。読者の注意をこの漫画に向けながら、同時にサティヤーグラハ(真理を宣言しそれに固く立つこと=非暴力・不服従運動)の神々しいかすかな光も、お目にかけたいと思います。まず、上にあげました文明の絵をご覧になってください。狼のように残虐になった文明です。富に飢え、欲望の赴くままに、この世的な楽しみを追求しています。他方、サティヤーグラハの闘士の姿を思い浮かべてください。真理に対する忠誠心から、霊的な存在としての自分の本質に忠実でありたいという思いから、そして、神の命令に従いたいという強い気持ちから、邪悪な人々によって加えられる苦悩を甘受しています。胸には不屈の精神をたたえ、顔には微笑みを浮かべ、目には一滴の涙も見せていません。この2つの絵のどちらに読者は魅かれるでしょうか。人の胸を打つのはサティヤーグラハ闘士の姿に決まっています。そして、その闘士の苦悩が増大するほど、その影響力は深く浸透していきます。この漫画を見ただけでも、サティヤーグラハこそ、人類が自由と力を獲得できるただひとつの方法であると、心に感じないような人がいるでしょうか。もちろん、他者を撃ち殺そうとして、撃たれて死んだり、絞首刑に処せられたりする場合にも、確かに不屈の精神が試されることは、認めねばなりません。しかし、他者を殺そうとして死んでいく場合には、サティヤーグラハ闘士が苦悩を甘受するのに比べたら、100分の1の気概と勇気で十分です。サティヤーグラハ闘士は、ゆっくりと、引き延ばされる責め苦の中にあって、銃を突きつけられた状態で、1発も発砲し返すことなく、冷静に耐えています。サティヤーグラハの力を圧倒するほど力強く剣をふるえる人はいません。それどころか、剣を振りかざす人は、それよりももっと鋭い剣を突きつけられて、退却するしかありません。だからこそサティヤーグラハ闘士の物語は、尊敬の念をもって読まれるのです。サティヤーグラハを実践するほどの強さを持っていない人は、当然、野蛮な力を振るいたくなります。サティヤーグラハに比べれば、こちらの方がはるかに容易に用いることができます。インド独立にこだわるあまり、サティヤーグラハもやがては野蛮な力の行使に行き着くに相違ないと思っているような、自暴自棄なインド人もいます。つまり、サティヤーグラハとは、暴力の熱狂へと興奮していく第一段階に過ぎないと考えているのです。このように考える人を、井の中の蛙にたとえても、それほど的外れではないでしょう。蛙は、非常に大きな井戸が海だと思っています。サティヤーグラハで求められる忍耐力を最大限まで高めようとすることのできない人は、我慢できずに野蛮な力に向かってしまうのが、現実です。そして、やけになって、自分の苦しみを早く終わらせるために、闇雲の突撃します。このような人は、サティヤーグラハ闘士では決してありません。その人は、サティヤーグラハが何かを理解しようとは思いません。
インディアン・オピニオン 1910年4月2日

An English journal called The New Age has published a cartoon on this subject, which we reproduce in this issue. It shows an army on the march. Behind, there is a grotesque figure, that of a general. On the body of this terrible form are hanging a gun emitting smoke in every direction and swords dripping with blood, and on its head a cannon. There is the drawing of a skull on a badge hanging on one side. On the arm, moreover, there is a cross. (This cross is the emblem of a batch which looks after the wounded.) In the mouth, held in the teeth, there is a dagger dripping with blood. On the shoulder is seen a belt studded with live cartridges. The drawing is entitled “March of Civilization”. No one who reads this description of the cartoon can help becoming grave. On reflection, we cannot help feeling that Western civilization is as cruel as, perhaps more cruel than, the terrible expression on the face of the man in the cartoon. The sight which fills one with the utmost indignation is that of the cross in the midst of weapons dripping with blood. Here the hypocrisy of the new civilization reaches its climax. In former times, too, there used to be bloody wars, but they were free from the hypocrisy of modern civilization. While drawing our readers, attention to this cartoon, we want to give them at the same time a glimpse of the divine light of satyagraha. On one side, look at the picture of civilization drawn above, a civilization grown as terrible as a wolf through its hunger for wealth and its greedy pursuit of worldly pleasures. On the other, look at the figure of a satyagrahi who, out of his loyalty to truth, to his nature as a spiritual being and out of a desire to obey God's command, submits to the suffering inflicted by wicked men, with fortitude in his breast, with a smile on his face and without a single tear in his eyes. Of the two pictures, towards which will the reader feel attracted? We are sure it is the vision of the satyagrahi which will touch the heart of mankind, and that the effect will grow deeper as his sufferings increase. Is there anyone who, looking at this cartoon alone, does not feel in his heart that satyagraha is the only way in which mankind can attain freedom and strength? We admit, of course, that to be shot dead or hanged when trying to shoot another does test one's fortitude; but dying in the attempt to kill another does not require even a hundredth part of the fortitude and courage implicit in the suffering that a satyagrahi goes through, in the slow, prolonged torture that he calmly endures in facing a bullet without firing one in return. No one wields a sword strong enough to bear down the force of satyagraha; on the contrary, a man brandishing a sword of steel has to give ground when confronted by a sword sharper than his. That is the reason why the story of a satyagrahi is read with a feeling of reverence. One who is not strong enough to practise satyagraha is naturally tempted to resort to brute force, which is, in comparison, quite easy to employ. There are some desperate Indians who, in their mad obsession with swaraj for India, seem to imagine that satyagraha is bound to be followed by resort to brute force---that is, that satyagraha is but one step in the effort to key oneself up to the fanaticism of violence. It would not be wrong to compare persons holding such views to the frog in the well who sought to conceive the ocean [as a big, big well]. The truth of the matter is that the man who cannot cultivate to its utmost limit the capacity for endurance required in satyagraha turns in his impatience to brute force and, growing desperate, takes a blind leap in an effort to end his suffering quickly.  Such a man has never been a satyagrahi. He does not want to understand what satyagraha means.
[From Gujarati]
Indian Opinion, 2-4-1910