関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

インドと日本

2009年5月28日 (木)

日本に対する非暴力の抵抗

 日本が我々の戸口に立っています。非暴力のやり方で、我々はどうすべきでしょうか。もし、インドが自由の国であれば、非暴力のやり方で、日本がこの国にはいるのを防ぐことができるでしょうに。そうであれば、日本軍が陸路侵入するや、非暴力の抵抗を始められるのですが・・。そして、非暴力の抵抗者は、日本軍に対するどんな支援も拒否することになります。水を差し出すことさえしません。自分たちの国を盗み取る者を支援する義務は全くないからです。しかし、一人の日本人が道に迷い、のどが渇いて死にそうになっていて、人として助けを乞うのであれば、非暴力の抵抗者はどんな人も敵とはみなしませんので、渇きを訴える人に水を与えるでしょう。仮に日本軍が水をくれと、抵抗者に強要するなら、抵抗者は抵抗する中で死を覚悟せねばなりません。日本軍が抵抗者を皆殺しにすることも考えられます。そのような非暴力の抵抗者が心の中で信じているのは、侵略者もやがて、非暴力の抵抗者を殺すことに、精神的にも、さらには肉体的にもうんざりするだろうということです。侵略者は、相手に傷を負わそうとすることなく、協力を拒む彼にとって新しいこの力は何だろうと、探求を始めることになります。そしておそらく、これ以上殺戮することを思いとどまるでしょう。しかし、日本軍が全くの冷血漢で、何人殺そうとまったく気にかけない人たちだと判明する場合もあるでしょう。それでも屈服するくらいなら絶滅を選ぶ限り、非暴力の抵抗者が勝利を勝ち取ることになります。
 しかし、物事はここに述べたほど単純にはならないでしょう。この国には少なくとも4種類の当事者が存在します。まず、英国と英国が招き入れた軍隊です。日本は、インドに対してどんな野心も持っていないと宣言しています。彼らは英国とだけ戦っています。こういうことですから、日本に在留するインド人には、日本を支援している人たちもいます。そのようなインド人が何人くらいいるのかを推測するのは困難ですが、日本の宣言を信じて、日本はインドを英国のくびきから救い出したら、撤退するだろうと考えているインド人が相当数いることは間違いありません。たとえ最悪の結果になるとしても、彼らは英国のくびきにあまりにも疲れ切っていますので、気分転換に日本によるくびきを歓迎することさえしそうですこれが第2の当事者です。第3の当事者は、中立派です。彼らは、非暴力を用いることはしませんが、英国にも日本にも支援の手を差し伸べたりはしないでしょう。
 第4の最後に残った当事者は、非暴力の抵抗者です。彼らがほんの少数派であれば、未来への例示となることを除けば、彼らの抵抗に効果は期待できません。このような抵抗者は、それぞれの場所で穏やかに死んでいくことになります。しかし、侵略者を前にして膝を屈することは絶対にしません。彼らは、約束に騙されたりはしません。彼らは、英国のくびきからの解放を求めるのに、第3者の助けを借りたりはしません彼らは自分たちの闘い方に絶対の確信をおいており、それ以外はいっさい信じていません。彼らは、無学の大衆を代弁して闘っています。救いというものがあることさえもおそらく知らないような人々のためにです。彼らは、英国に敵意を抱くことも、日本に好意を寄せることもしていません。彼らは、他のすべての国の幸運を願うのと同様に、両国の幸運を願っています。両国には正しい行いをしてもらいたいと思っています。どのような状況にあっても、人を正しい道に導くのは、非暴力だけだと彼らは信じています。ですから、仲間が足りなくて、非暴力の抵抗者がゴールにたどり着けないとしても、その道をあきらめることはなく、死に至るまで追求していきます。
 非暴力を信奉する者が果たすべき仕事は、非常に困難な仕事です。しかし、自らの使命を確信する者は、どんなに困難であってもくじけることはありません。
 延々と続く苦しみとなるでしょう。非暴力の抵抗者が、不可能に挑戦しないようにしましょう。彼らの力は限られています。ケララ州に住む抵抗者が、今現在危険が差し迫っているアッサム州を体を張って防衛しなければならないわけではありません。アッサム州が非暴力に傾倒していれば、自分で自分を守ることが十分にできます。非暴力に関心がなければ、ケララ州からどんな非暴力の一団が来たところで、アッサム州を助けることはできませんし、他の州についても同様です。ケララ州は、ケララの中で非暴力を実践することで、アッサムや他の州を助けることができます。日本軍が仮に、インドで足がかりを得るようなことがあっても、アッサムで立ち止まることはないでしょう。英国を打ち負かすために、日本軍はインド全土を征服しなければなりません。英国は寸分も失うまいと、必死で戦うでしょう。英国にとってはおそらく、インドを失うことは完敗を意味するはずですから。しかし、英国の立場がどうであろうと、日本軍はインドを完全に手中に収めるまで、手を休めるはずがありません。ですから非暴力の抵抗者は、どこにいようと、その場所にとどまるべきなのです。
 明確にしておかねばならないことが一つあります。英国軍が実際に敵と戦っている場所で、直接的な抵抗運動がうまくいくと期待するのはおそらく無理でしょう。暴力行為と混ざったり、手を結ぶ結果になる場合、非暴力の抵抗とはなりえません。
 ですので、これまで何度も述べてきたことを繰り返させてください。非暴力を準備する、もっと言えばそれを表現する最良の方法は、建設的プログラムを断固として推進することです。建設的プログラムに支えられていなくても非暴力の力を提示できると思っている人は皆、いざという時に惨めに失敗します。それは、腹をすかせた素手の男が、十分に腹ごしらえをして鎧兜で身をかためた兵士を相手に、腕力で対抗しようとするようなもので、最初から失敗する運命にあります。建設的プログラムの有効性を信じない人は、飢える大多数の人々のことを具体的に思いやることがない人なのだと、私は感じます。そのような思いやりの感情を欠いていれば、非暴力のやり方で闘うことができません。私が飢える人々と一体となっていくにつれて、それと同じペースで非暴力が実際に広まってきました。私が考える非暴力から、いまだに私が程遠い状態にあるのは、名もない人々と一体であるという私が考える状態から、私がいまだに程遠い状態にあるからではないでしょうか。ワルダへの汽車の中で 1942年4月5日
ハリジャン 1942年4月12日

Japan is knocking at our gates. What are we to do in a nonviolent way? If we were a free country, things could be done nonviolently to prevent the Japanese from entering the country. As it is, non-violent resistance could commence the moment they effected a landing. Thus non-violent resisters would refuse them any help, even water. For it is no part of their duty to help anyone to steal their country. But if a Japanese had missed his way and was dying of thirst and sought help as a human being, a non-violent resister, who may not regard anyone as his enemy, would give water to the thirsty one.  Suppose the Japanese compel resisters to give them water, the resisters must die in the act of resistance. It is conceivable that they will exterminate all resisters. The underlying belief in such non-violent resistance is that the aggressor will, in time, be mentally and even physically tired of killing non-violent resisters. He will begin to search what this new (for him) force is which refuses co-operation without seeking to hurt, and will probably desist from further slaughter. But the resisters may find that the Japanese are utterly heartless and that they do not care how many they kill. The non-violent resisters will have won the day in as much as they will have preferred extermination to submission.
  But things will not happen quite so simply as I have put them.  There are at least four parties in the country. First the British and the army they have brought into being. The Japanese declare that they have no designs upon India. Their quarrel is only with the British. In this they are assisted by some Indians who are in Japan. It is difficult to guess how many, but there must be a fairly large number who believe in the declaration of the Japanese and think that they will deliver the country from the British yoke and retire. Even if the worst happens, their fatigue of the British yoke is so great that they would even welcome the Japanese yoke for a change. This is the second party. The third are the neutrals, who though not non-violent will help neither the British nor the Japanese.
  The fourth and last are non-violent resisters. If they are only a few, their resistance will be ineffective except as an example for the future. Such resisters will calmly die wherever they are but will not bend the knee before the aggressor. They will not be deceived by promises. They do not seek deliverance from the British yoke through the help of a third party. They believe implicitly in their own way of fighting and no other. Their fight is on behalf of the dumb millions who do not perhaps know that there is such a thing as deliverance. They have neither hatred for the British nor love for the Japanese. They wish well to both as to all others. They would like both to do what is right. They believe that non-violence alone will lead men to do right under all circumstances. Therefore, if for want of enough companions non-violent resisters cannot reach the goal, they will not give up their way but pursue it to death.
  The task before the votaries of non-violence is very difficult.  But no difficulty can baffle men who have faith in their mission.
  This is going to be a long drawn out agony. Let non-violent resisters not make impossible attempts. Their powers are limited. A resister in Kerala is not physically responsible for the defence of Assam which is just now in imminent danger. If Assam is non-violently inclined, it is well able to take care of itself. If it is not, no party of non-violent resisters from Kerala can help it or any other province. Kerala can help Assam, etc., by demonstrating its non-violence in Kerala itself. The Japanese army, if it gets a foothold in India, will not stop at Assam. In order to defeat the British, it has to overrun the whole country. The British will fight every inch of the ground. Loss of India will probably be admission of complete defeat for them. But whether it is so or not, it is quite clear that Japan will not rest till India is wholly in her hands. Hence non-violent resisters must remain at their posts wherever they are.
  One thing has to be made clear. Where the British army is actually engaging the ‘enemy’, it would be perhaps improper for direct resistance to function. It will not be non-violent resistance when it is mixed with, or allies itself to, violence.
  Let me therefore reiterate what I have said so often. The best preparation for, and even the expression of, non-violence lies in the determined pursuit of the constructive programme. Anyone who believes that without the backing of the constructive programme he will show non-violent strength when the testing time comes will fail miserably. It will be, like the attempt of a starving unarmed man to match his physical strength against a fully fed and panoplied soldier, foredoomed to failure. He who has no belief in the constructive programme has, in my opinion, no concrete feeling for the starved millions. He who is devoid of that feeling cannot fight non-violently.  In actual practice the expansion of my non-violence has kept exact pace with that of my identification with starved humanity. I am still far from the non-violence of my conception, for am I not still far away from the identification of my conception with dumb humanity?
ON THE TRAIN TO WARDHA, April 5, 1942
Harijan, 12-4-1942

2009年5月17日 (日)

なぜ日本を拒むのか

Q: もし、日本の言うことが本当にその通りであり、英国のくびきからインドを自由にするのを助けたいと、日本が思っているのであれば、その申し出を喜んで受けたらよいのではありませんか?。
A: 侵略者が恩人になってくれることがありうると思い込むのは、愚かなことです。日本は、インドを英国のくびきから自由にしてくれるかもしれません。しかし、代わりに日本のくびきを負わせるだけのことです。インドを英国のくびきから自由にするのに、他者のどんな勢力の助けも求めてはならないと、私はいつも主張してきました。そのようなことは非暴力のやり方ではありません。英国に対抗するのに、外国の助けを借りることにするなら、高い授業料を払わねばならないでしょう。非暴力の行動によって、我々は目標を達成するのに、あと一歩の所まで来ています。私が非暴力を信じる気持ちに揺らぎはありません。私は日本にどんな敵意も持っていません。しかし、日本がインドに下心を持っていることを、平然と静観することはできません。自由人としての我々が、日本と敵対していないことを、どうして彼らは理解しないのでしょうか。日本にはインドをそっとしておいてもらいたいものです。もし、日本が善意でというのであれば、日本が中国にもたらした惨状に価する一体何を、中国がしたというのでしょうか。
ハリジャン 1942年4月26日

Q. If the Japanese really mean what they say and are willing to help to free India from the British yoke, why should we not willingly accept their help?
A. It is folly to suppose that aggressors can ever be benefactors.  The Japanese may free India from the British yoke, but only to put in their own instead. I have always maintained that we should not seek any other Power's help to free India from the British yoke. That would not be a non-violent approach. We should have to pay a heavy price if we ever consented to take foreign aid against the British. By our non-violent action we were within an ace of reaching our goal. I cling to my faith in non-violence. I have no enmity against the Japanese, but I cannot contemplate with equanimity their designs upon India. Why do they not realize that we as free men have no quarrel with them? Let them leave India alone. And if they are well-intentioned, what has China done to deserve the devastation they have wrought there?
SEVAGRAM, April 19, 1942
Harijan, 26-4-1942

2009年5月16日 (土)

日英に対する非協力

『パール真論』(小林よしのり著・小学館)P.69に「そもそもガンジーは1942年4月の時点では、日本の勝利を確信し、日本と手を結ぶために、非常に親日的な決議草案を書いていた!ガンジーが『日本の帝国主義』を非難し始めたのは、日本が6月、ミッドウェー海戦に負けて、急に手のひらを返してからだぞ!」との記述があります。その決議草案を全訳しました。ガンジーの真意とは?

全インド会議派委員会決議草案
   (書かれたのは1942年4月24日以前、4月27日の委員会に提出された)
 スタフォード・クリップス氏がまとめた英国戦時内閣の提案によって、英国の剥き出しの帝国主義がかつてないほど明白になりました。そこで、全インド会議派委員会は、以下の結論に至りました。:
 英国にインドを防衛する能力はないというのが、全インド会議派委員会の考えです。当然のことですが、英国が行っていることはすべて、英国が自らを防衛するためです。インドと英国の利害は絶えず対立しています。ですから、お互いに防衛についての考えも異なっています。英国政府は、インドの政党を全く信用していません。インド軍は今日まで、インドを隷属状態に置くことを主要な目的として維持されてきました。一般大衆から完全に遊離していますので、人々はインド軍を自分達の軍隊と考えることは決してできません。このような不信感に基づく政策は今も継続しており、そのため、国家の防衛をインドの選ばれた代表者に委ねることをしないのです。
 日本はインドと戦闘状態にあるわけではありません。日本は大英帝国と戦争しています。インドの参戦は、インド人代表者の了承を得てはいません。純粋に英国の行為です。インドが自由を得るなら、まず最初にやることは、おそらく日本との交渉になるでしょう。英国がインドから撤退すれば、日本であろうと、他のどの国であろうと、インドを攻撃してきても、インドは自由を守ることができるというのが、会議派の主張です。
 それゆえ、全インド会議派委員会は、英国がインドから撤退することを求めています。インドの藩王らを保護する目的で、インドに残留するのだという言いのがれは、決して認められません。インドを自らの手中に握っておきたいという英国の意図がまた暴露されただけです。藩王らは、武装解除したインドでは怖いという思いをきれいさっぱり捨てることが必要です。
 多数派対少数派という問題は、英国政府によって生じた産物です。英国が撤退すれば消滅します。
 こういうわけですから、当委員会は英国の安全のためにも、インドの安全のためにも、世界平和という大義のためにも、インドを握っている手を離しなさいと要求します。たとえ英国が、アジアやアフリカの植民地を諦めないとしても、インドは要求します。
 当委員会は、日本政府と日本国民に対して保証したいと思いますが、インドは日本に対しても、他のどの国に対しても、敵意を持っていません。インドはあらゆる外国の支配から自由になることだけを望んでいます。しかし、自由を得る闘いにおいて、インドは世界が共感してくださることは歓迎しますが、外国の軍事的支援は必要としていません。インドは、非暴力の力で自由を勝ち取り、同様にしてその自由を保持します。ですから、当委員会は、日本がインドに対してどのような下心も抱かないことを希望します。しかし、もし日本がインドを攻撃し、英国がインドの主張にどんな反応も示さないならば、当委員会は、会議派の指南を求めるすべての人が、日本軍に対して完全な非暴力非協力を示して、どんな支援も提供しないことを期待します。攻撃された者が、攻撃してきた者に対して支援を提供する義務は全くありません。完全な非協力を貫くのが、彼らの義務となります。
 非暴力非協力の単純な原則を理解するのは、困難なことではありません。
 1.侵略者に膝を屈することもしませんし、彼らのどんな命令にも従いません。
 2.侵略者の歓心を買おうとしませんし、賄賂に心が動かされることもありません。しかし、侵略者に対してはどんな敵意も抱かず、その人の不幸を願うこともしません。
 3.侵略者が我々から土地を奪おうとするなら、我々は抵抗する過程で死なねばならないとしても、それを手放すことを拒否します。
 4.侵略者が病気に倒れたり、のどが渇いて死にそうになって、我々の助けを求めるのであれば、それを拒むことはしません。
 5.英軍と日本軍が戦闘状態にあるような場では、我々の非協力も実を結びませんし、無駄なことです。目下の所、我々の英国政府に対する非協力は、限定的なものになっています。日英が実際に戦闘状態にあるときに、英国に対して完全な非協力を貫くなら、インドをわざわざ日本の手中に差し出すも同然のことになってしまうでしょう。ですから、英軍の進路にどのような障害物も置かないことにします。日本に対する我々の非協力を示すには、まずこれ以外に方法はないでしょう。だからといって、我々は積極的に英国を支援するわけではありません。英国の最近の態度から判断して、我々がじゃまをしない以上の支援を、英国政府は我々に求めていません。奴隷としての支援を期待しているだけです。そのような奴隷状態を、我々は決して受け入れることができません。
 焦土戦術(退却に際して、敵に利用されないようにあらゆる資材などを破壊する戦術)について、当委員会は明確に宣言しておく必要があります。我々の非暴力の抵抗にもかかわらず、この国の一部分でも日本の手に落ちるようなことがあったとしても、作物を焼却したり、水道施設を破壊したりはしません。復旧させる努力は我々がするしかないからです。軍需物資を破壊することは、全く別の次元の話しです。ある状況下においては、軍事的に必要です。しかし、大衆が所有し、活用しているものを破壊することが、会議派の政策になることは決してありません。
 日本軍への非協力は、比較的少数の限定的なものにならざるを得ません。もし、完全かつ本物であれば、成功するに決まっています。ただし、スワラージ(自治・独立)を本当に達成するには、何百万人ものインド人が全身全霊を捧げて、建設的仕事に取り組まねばなりません。それなくして、この国全体が長年に渡る冬眠状態から起き上がることはできません。英国が居残る、残らないに関わらず、失業を一掃し、富める者と貧しい者との割れ目に橋をかけ、宗教間の対立を取り除き、不可触の悪霊を追い払い、盗賊団に改心を迫り、彼らの襲撃から人民を守るのが、いついかなる時も我々の務めです。このように国家を建設していく仕事に、何千万もの人々が強い関心を払わないならば、自由は夢のままであり、非暴力であろうと、暴力を用いてであろうと、自由は得られるはずもありません。
    外国の兵士
 インドに外国の兵士を招きいれると、インドの利益は損なわれ、インドの自由という理想が危険にさらされると、全インド会議派委員会は考えています。ですから、英国政府には、これら外人部隊を引き上げさせ、これ以上連れて来ないように要請しています。インドには無尽蔵の人手があるのに、外国の部隊を導入するとは、全く不面目なことですし、イギリスの帝国主義が不道徳である証明でもあります。

DRAFT RESOLUTION FOR A.I.C.C.  [Before April 24, 1942]
  (The A.I.C.C. at its meeting on April 27, took up consideration of the resolution, which Mirabehn carried with her from Wardha to Allahabad since Gandhiji did not attend the meeting)
  Whereas the British War Cabinet’s proposals sponsored by Sir Stafford Cripps have shown up British imperialism in its nakedness as never before, the A.I.C.C. has come to the following conclusions:
  The A.I.C.C. is of opinion that Britain is incapable of defending India. It is natural that whatever she does is for her own defence.  There is an eternal conflict between Indian and British interests. It follows that their notions of defence would also differ. The British Government has no trust in India’s political parties. The Indian army has been maintained up till now mainly to hold India in subjugation.  It has been completely segregated from the general population who can in no sense regard it as their own. This policy of mistrust still continues and is the reason why national defence is not entrusted to India’s elected representatives.
  Japan's quarrel is not with India. She is warring against the British Empire. India's participation in the war has not been with the consent of the representatives of the Indian people. It was purely a British act. If India were freed her first step would probably be to negotiate with Japan. The Congress is of opinion that if the British withdrew from India, India would be able to defend herself in the event of Japanese or any aggressor attacking India.
  The A.I.C.C. is, therefore, of opinion that the British should withdraw from India. The plea that they should remain in India for protecting the Indian Princes is wholly untenable. It is additional proof of their determination to maintain their hold over India. The Princes need have no fear from unarmed India.
  The question of majority and minority is a creation of the British Government and would disappear on their withdrawal.
  For all these reasons the Committee appeals to Britain, for the sake of her own safety, for the sake of India’s safety and for the cause of world peace to let go her hold on India even if she does not give up all Asiatic and African possessions.
  This Committee desires to assure the Japanese Government and people that India bears no enmity either towards Japan or towards any other nation. India only desires freedom from all alien domination.  But in this fight for freedom the Committee is of opinion that India while welcoming universal sympathy does not stand in need of foreign military aid. India will attain her freedom through her non-violent strength and will retain it likewise. Therefore, the Committee hopes that Japan will not have any designs on India. But if Japan attacks India and Britain makes no response to its appeal the Committee would expect all those who look to Congress for guidance to offer complete non-violent non-co-operation to the Japanese forces and not render any assistance to them. It is no part of the duty of those who are attacked to render any assistance to the attacker. It is their duty to offer complete non-co-operation.
  It is not difficult to understand the simple principle of nonviolent non-co-operation:
1. We may not bend the knee to the aggressor nor obey any of his orders.
2. We may not look to him for any favours nor fall to his bribes.  But we may not bear him any malice nor wish him ill.
3. If he wishes to take possession of our fields we will refuse to give them up even if we have to die in the effort to resist him.
4. If he is attacked by disease or is dying of thirst and seeks our aid we may not refuse it.
5. In such places where the British and Japanese forces are fighting our non-co-operation will be fruitless and unnecessary. At present our non-co-operation with the British Government is limited.  Were we to offer them complete non-co-operation when they are actually fighting, it would be tantamount to placing our country deliberately in Japanese hands. Therefore not to put any obstacle in the way of the British forces will often be the only way of demonstrating our non-co-operation with the Japanese. Neither may we assist the British in any active manner. If we can judge from their recent attitude, the British Government do not need any help from us beyond our non-interference. They desire our help only as slaves---a position we can never accept.
  It is necessary for the Committee to make a clear declaration in regard to the scorched-earth policy. If, in spite of our non-violent resistance, any part of the country falls into Japanese hands we may not destroy our crops, water-supply, etc. if only because it will be our endeavour to regain them. The destruction of war material is another matter and may under certain circumstances be a military necessity.  But it can never be the Congress policy to destroy what belongs to or is of use to the masses.
  Whilst non-co-operation against the Japanese forces will necessarily be limited to a comparatively small number and must succeed if it is complete and genuine, the true building up of swaraj consists in the millions of India whole-heartedly working the constructive programme. Without it the whole nation cannot rise from its age-long torpor. Whether the British remain or not it is our duty always to wipe out unemployment, to bridge the gulf between rich and poor, to banish communal strife, to exorcise the demon of untouchability, to reform dacoits and save the people from them. If crores of people do not take a living interest in this nation-building work, freedom must remain a dream and unattainable by eithernon-violence or violence.
        FOREIGN SOLDIERS
  The A.I.C.C. is of opinion that it is harmful to India’s interests and dangerous to the cause of India’s freedom to introduce foreign soldiers in India. It therefore appeals to the British Government to remove these foreign legions and henceforth stop further introduction. It is a crying shame to bring foreign troops in spite of India’s inexhaustible manpower and is a proof of the immorality that British Imperialism is.

2009年5月13日 (水)

日印友好の基盤とは?(日本からの訪問者との対話)

 (訪問者、高岡氏は日本の国会議員で、どうやって日印の友好関係を築いたらよいか訊ねた)
 日本がインドに貪欲な眼差しを向けるのを止めるならば、それも可能でしょう。たしかに、日本はインドに軍隊を進駐させてはいません。しかし、無類の技能を用い、真実を覆い隠す能力を活用し、インド人の弱みを知り、それに付け込んで、インド中に日本の物を溢れさせようとしています。そしてそれらの製品は、多くの場合、粗悪品です。インドの支配者が搾取するやり方を、日本は真似ました。そしてもっと巧妙でさえあります。さて、日本の立場に立てば、日本はインドから手に入れている何百万ルピーもの利益を失うことはできません。インドが自発的に差し出してくれなくなれば、武力で利益を獲得することも、日本には十分できることです。しかし、そのようにしていては、日本とインドが仲良くなることはありません。両国を結びつけるのは、相互の友情に基づいた道徳的絆です。しかし、今現在は、そのような友情の基盤が存在しません。
 日本の芸術を例に挙げましょう。私は日本の芸術が好きです。私は何年も前になりますが、エドウィン・アーノルドの著書で、日本と日本の生活についての魅力的な記述を読みました。その印象はずっと私の心に残っています。日本のよい所はすべて吸収したいと思います。しかし、残念なことに、日本のよい所を我々に授けに来てくれる人はいません。日本人は、インドに自国の製品を安売りすることしか、頭にありません。日本製の布を1ヤードでも手にすることがどうしてできましょうか。どんなにすばらしく、芸術的であったとしても、我々にとっては毒です。インドの貧しい人々が飢えることになるからです。日本は、外交的手腕、技能、安く製造すること、武力戦争、搾取において西洋をはるかに凌ぐようになりました。であれば、日本が搾取を悪いことだと少しも思わないのであれば、どうして日本とインドの間に友情が築けましょうか。
 (高岡氏は、日本に新しくできたアジア人のためのアジアを代弁する政党へのメッセージをガンジーに依頼した。ガンジーは、次のように述べた:)
 アジア人のためのアジアという教義が、反ヨーロッパ連合を意味するのであれば、私はその教義に賛同しません。アジア人のためのアジアを追求するには、アジアが井の中の蛙でいることに満足していなければなりません。しかし、アジアが井の中の蛙のままでいることは許されません。全世界へ発信するメッセージをアジアは、それに恥じない行動ができればの話ですが、携えています。アジア全土は仏教的影響下にあります。そこにはインド、中国、日本、ビルマ(現ミャンマー)、セイロン(現スリランカ)、マレー諸国などが含まれます。ビルマやセイロンの人々に向かって、彼らは名ばかりの仏教徒だが、インドは正真正銘の仏教徒だと私は語りました。中国や日本に向かっても、同じことを語りたいです。しかし、アジアが、アジアだけでなく、世界のアジアになるためには、仏陀のメッセージを学びなおし、それを世界に伝えなければなりません。今日では仏陀のメッセージがあらゆる所で否定されています。ビルマでは、仏教の僧侶は皆、イスラム教徒から恐れられています。しかし、本物の仏教徒であれば、誰かから恐ろしいと思われることがあるでしょうか。
 ですから、メッセージがあるとすれば、これしかありません。古代から受け継いできた遺産に忠実でありなさいということです。2500年も前からのメッセージです。しかし、これまで、その通りに実践されたことはありませんでした。しかし、2500年が何だと言うのでしょうか。時の周期の中では、ほんの一瞬に過ぎません。満開の非暴力の花がしぼみつつあるように見えますが、満開になるのはこれからです。
ハリジャン 1938年12月24日

(Extracted from Mahadev Desai's “A Japanese Visitor”. Takaoka was a member of the Japanese Parliament and wanted to know how unity could be brought about between India and Japan.)
  It can be possible if Japan ceases to throw its greedy eyes on India. No doubt you do not bring your army to India, but you employ your matchless skill, and your ability to hide the truth and your knowledge of the weaknesses of Indians, in order to flood India with your goods which are often flimsy. You have copied the rulers of India in their methods of exploitation and gone even one better. Now, from the Japanese standpoint you cannot afford to lose the millions of rupees that you get from India. And if you cannot get them volun-tarily, you will be quite capable of doing so by force of arms. But that would not be the way of bringing Japan and India together. What can bring them together is a moral bond based on mutual friendship.  But there is no basis for that friendship today.
  Take your art. I like it. I read a fascinating account of Japan and Japanese life by Edwin Arnold many years ago. That picture has remained with me. I want to assimilate all your good points, but unfortunately no one comes here to give us the good things of Japan. You believe only in dumping your goods on us. How can I take a single yard of Japanese cloth, however fine and artistic it may be? It is as poison to us, for it means starvation for the poor people of India. You have left the West far behind in diplomacy, in skill, in cheap manufactures, in armed warfare, in exploitation. How then can there be friendship between you and us, so long as you see nothing wrong in exploitation?
(Mr. Takaoka wondered if Gandhiji could give a message to the new party in Japan which stands for Asia for the Asiatics. Gandhiji said:)
  I do not subscribe to the doctrine of Asia for the Asiatics, if it is meant as an anti-European combination. How can we have Asia for the Asiatics unless we are content to let Asia remain a frog in the well?  But Asia cannot afford to remain a frog in the well. It has a message for the whole world, if it will only live up to it. There is the imprint of Buddhistic influence on the whole of Asia, which includes India, China, Japan, Burma, Ceylon and the Malay States. I said to the Burmese and the Ceylonese that they were Buddhist in name; India was Buddhist in reality. I would say the same thing to China and Japan.  But, for Asia to be not for Asia but the whole world, it has to relearn the message of Buddha and deliver it to the world. Today it is being denied everywhere. In Burma every Buddhist monk is being dreaded by the Muslims. But why should anyone who is a true Buddhist be dreaded by anyone?
  You will therefore see that I have no message to give you but this, that you must be true to your ancient heritage. The message is 2,500 years old, but it has not yet been truly lived. But what are 2,500 years? They are but a speck in the cycle of time. The full flower of non-violence which seems to be withering away has yet to come to full bloom.
Harijan, 24-12-1938