関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

倫理観

2015年4月 1日 (水)

生活は質素に、思いは高く

Young India, 30-4-1931  by M.K.Gandhi
 ヨーロッパの文明が、ヨーロッパの人々に適しているのは疑いようもありません。しかし、インドがそれを真似たりすれば、荒廃をもたらすことになります。吸収可能な良いものを我々が吸収し、適応していくことができないと言っているわけではありませんし、文明の中に忍び込んでいる悪をヨーロッパの人は取り除く必要すらないと、言っているわけでもありません。
 物質的な快楽や物質的富を絶え間なく追及することは、大変な悪弊です。そのような展望を、ヨーロッパの人々は自ら改める必要があると、言わねばなりません。さもなければ、まさに今そうなろうとしているように、快楽の奴隷となり、その重みで消滅することになりかねません。私の読みが間違っているかもしれませんが、インドが黄金の羊毛を追いかけるならば、必ず死を招くでしょう。
 西洋の賢人の言葉を心に留めましょう。「生活は質素に、思いは高く」です。今日では明らかなように、大多数の人々がぜいたくに暮らすことはできない相談です。大衆のために思索していると公言する我々のような少数の人々は、ぜいたくな暮らしというできもしないことを追及してしまい、思いを高くすることを忘れるという危険を冒しています。
European civilization is no doubt suited for the Europeans but it will mean ruin for India, if we endeavour to copy it. This is not to say that we may not adopt and assimilate whatever may be good and capable of assimilation by us as it does not also mean that even the Europeans will not have to part with whatever evil might have crept into it. The incessant search for material comforts and their multiplication is such an evil, and I make bold to say that the Europeans themselves will have to remodel their outlook, if they are not to perish under the weight of the comforts to which they are becoming slaves. It may be that my reading is wrong, but I know that for India to run after the Golden Fleece is to court certain death. Let us engrave in our hearts the motto of a Western philosopher, ‘plain living and high thinking.’ Today it is certain that the millions cannot have high living and we the few who profess to do the thinking for the masses run the risk, in a vain search after high living, of missing high thinking.

Young India, 30-4-1931

2015年3月31日 (火)

インドのすすむ道

ガンジーの言葉より  Young India, 7-10-‘26

インドが進む道は、血なまぐさい西洋のやり方ではなく、無血の平和の道にあります。それは、質素で神を敬う生き方です。インドは魂を失いかけています。魂を失っては生きていけません。ですから、「西洋からの激流を逃れることはできない」などと怠惰にどうしようもなく語ってはならないのです。インドのためにも、そして世界のためにも、その激流に抗して立つ強さを持たねばなりません。
India’s destiny lies not along the bloody way of the West but along the bloodless way of peace that comes from a simple and godly life. India is in danger of losing her soul. She cannot lose it and live. She must not, therefore, lazily and helplessly say,”I cannot escape the onrush from the West.”She must be strong enough to resist it for her own sake and that of the world.
Young India, 7-10-1926

2012年8月 9日 (木)

本物の叡智

8月9日は長崎に原爆が落とされた日です。
原爆に言及したガンジーの言葉(mkgandhi.orgのサイト)から、一部日本語に訳しました。

東洋の賢者たち
最初に登場したのは、ゾロアスターでした。彼は東洋に属します。そして、仏陀が現れましたが、彼もまた東洋であるインドに誕生しました。仏陀の次は誰でしょうか? イエスがやはり東洋に生まれました。イエスの前にはモーセがいました。モーセはエジプト生まれではありますが、パレスチナに属しています。イエスの後には、モハメッドが登場します。クリシュナやラーマなどその他の光り輝く存在には触れませんでしたが、彼らの輝きが劣っているわけではありません。しかし、彼らのことは書物を通じてそれほど知られてはいないので、触れなかったわけです。いずれにしても、アジアのこれらの賢者たちに匹敵するような人に一人として、私はこの世界でお目にかかっていません。そして何が起こったでしょうか? キリスト教は、西洋に伝わってゆがめられました。このように言わねばならず申し訳ないのですが…

アジアからのメッセージ
私が皆さんに理解してもらいたいのは、アジアのメッセージです。西洋の眼鏡を通して、あるいは原子爆弾を真似することで学べるものではありません。西洋に何かを伝えたいとすれば、愛及び真実のメッセージでなければなりません。… 民主主義のこの時代、貧しい中でも最貧の人々が目覚めつつあるこの時代だからこそ、この東洋のメッセージを最大限強調してもう一度伝えることができるのです。西洋を完全に征服することになるでしょう。搾取されてきたのだからと、報復することで征服するのではありません。本物の叡智によって征服するのです。これらの東洋の賢者たちが私たちに残してくれたメッセージの奥義を理解するのに、皆さんが頭だけではなく、心を合わせてくだされば、成功すると確信しています。そしてもし、我々が本当にこの偉大なメッセージに相応しいものとなれれば、西洋を征服することも完了するのです。このような征服なら、西洋の人々自身も喜んでくれるでしょう。

今日、西洋は智慧を慕い求めています。原爆を増やしていくことに嫌気がさしています。なぜなら、原爆は徹底的破壊を意味するからです。西洋だけでなく、全世界が破壊されてしまいます。まるで、聖書の預言が成就するようにです。そして、完全なる大洪水となるのです。この悪と罪にまみれた世界に、皆さんと私の師たちがアジアに教えてくれた遺産とはまさにこれであると、世界に伝えるのは皆さんなのです。
(H, 20-4-1947, pp. 116-17)

Wise Men Of The East
The first of these wise men was Zoroaster. He belonged to the East. He was followed by the Buddha who belonged to the East-India. Who followed the Buddha? Jesus, who came from the East. Before Jesus was Moses who belonged to Palestine though he was born in Egypt. After Jesus came Mohamed. I omit any reference to Krishna and Rama and other lights. I do not call them lesser lights, but they are less known to the literary world. All the same, I do not know a single person in the world to match these men of Asia. And then what happened? Christianity became disfigured when it went to the West. I am sorry to have to say that. I would not talk any further…

Message Of Asia
What I want you to understand is the message of Asia. It is not to be learnt through the Western spectacles or by imitating the atom bomb. If you want to give a message to the West, it must be the message of love and the message of truth…. In this age of democracy, in this age of awakening of the poorest of the poor, you can redeliver this message with the greatest emphasis. You will complete the conquest of the West not through vengeance because you have been exploited, but with real understanding. I am sanguine if all of you put your hearts together-not merely heads-to understand the secret of the message these wise men of the East have left to us, and if we really become worthy of that great message, the conquest of the West will be completed. This conquest will be loved by the West itself.

The west today is pining for wisdom. It is despairing of a multiplication of the atom bombs, because atom bomb mean utter destruction not merely of the West but of the whole world, as if the prophecy of the Bible is going to be fulfilled and there is to be a prefect deluge. It is up to you to tell the world of its wickedness and sin-that is the heritage your teachers and my teachers have taught Asia.
(H, 20-4-1947, pp. 116-17)

2012年7月 4日 (水)

人生の目的

ガンジーの著書 Ethical Religionより

 人生の確かな目的を人は持たねばなりません。人生の意義を見出し、それに向かって確実に歩んでいかないならば、舵を失った船のように荒海を流されていくでしょう。道徳の道でよろめくでしょう。人生において人が果たすべき最高の義務は、人類に奉仕し、人類の状況を少しでも良くするために自らの役割を担うことです。これこそまさに本来の礼拝であり、本物の祈りです。神の仕事を行う人が、神を敬う人です。神の名を唱えてまわる偽善者や詐欺師たちは、大勢います。オウムでさえも、神の名を唱えます。ですから、それを敬虔と言う人はいません。理想的な人間生活を目指して、できることをやるのは、誰にでも可能なことです。この目的を思い描きながら、母は子どもを正しく育て、弁護士は職務を遂行し、商人は事業や商売をし、労働者は働くことができるでしょう。このしっかりした目的を持っていれば、道徳の道を外れることは決してないでしょう。外れてしまえば、人類を向上させるという目的を達成できないからです。
 このことをもう少し詳しく見てみましょう。自分たちの生き方が、人類の暮らしを向上させているのか、悪化させているのかを絶えず吟味する必要があります。ですから、商人は、商売において自分や相手を誤魔化していないか自分に問いかけねばなりません。弁護士や医師は、この基準に従って職務を遂行するなら、謝礼よりも依頼人や患者のことに、もっと心を配るようになるでしょう。母親は子どもを育てる際に、心得違いの愛や何らかの利己的な利害のために子どもを甘やかしてしまうことがないように、とても慎重に子どをも育てるでしょう。労働者もこのようなことを考慮して、自らの義務を果たすでしょう。・・・人の価値は、地位で決まるのではなく、その人の生き方で決まります。(M.K.ガンジー)

     One ought to have a fixed aim in life. If we do not discover our life's purposes, and keep steadily to the course, we shall be swept along like a rudderless ship on the high seas; we shall falter on the [moral] path. Man's highest duty in life is to serve mankind and take his share in bettering its condition. This is true worship-true prayer. He is a godly man who does God's work. Hypocrites and cheats going about invoking God's name are legion. Because a parrot utter the name of God, no one would call it godly. Contribution to an ideal order of human life is something everyone can aim at. With this aim in view the mother may legitimately rear her child, the lawyer may pursue his profession, the merchant may carry on his business or trade and the working man may labour. A person with that fixed aim would never deviate from the path of morality, for if he did, he could not fulfill his aim of uplifting mankind.
     Let us consider the matter in some detail. We ought constantly to examine whether our way of life tends to improve human life or to worsen it. Thus the merchant should ask himself whether, in transacting a business, he is cheating himself or another. The lawyer and the physician, acting according to this standard, will give more thought to their client or patient than to their fees. The mother in rearing her child would proceed very cautiously lest she should spoil the child out of misguided love or some selfish interest. The worker too would be guided by these considerations and do his duty. .... A man's value depends upon his way of life, not his status.
ETHICAL RELIGION-VIII CHAPTER VIII: PERSONAL MORALITY Indian Opinion, 23-2-1907

2012年6月23日 (土)

富を蓄えることは不可能

ガンジーの著書 Ethical Religionより

 すべての人は、平等です。ただし、地位や役目がすべて同じという意味ではありません。もし、私が高い地位にあるなら、その義務や責任を担う力があるということに過ぎません。つまり、バカなことを考えて、責任が重くない人たちを、劣った人とみなしていけないのです。平等というのは、私たちの心の状態にかかっています。ですから、心の状態がそのようにならない限り、私たちは遅れたままなのです。
 このような倫理基準に従うなら、どこの国であっても、利己的な目的で他国を支配することは許されません。・・・国王は、国民を支配する者ではなく、国民に奉仕する者です。そして、高官たちが存在するのも、権力をふるうためではなく、国民を幸福にするためです。民主国家の国民が利己的であると、その国はだめになってしまいます。
 ・・・国家や共同体内の強者は弱者を守るべきであって、抑圧してはなりません。それができている政府のもとでは、飢餓が生じることはありませんし、有り余る富を貯め込むということもあり得ません。と言いますのも、隣人が悲惨な状態に打ち捨てられているのを目にして、幸福でいられることは決してないからです。このような高い倫理基準に従っている人は、決して富を蓄えたりしません。道徳的な生き方をしたいなら、このような道徳的理想に従う人はまれであると恐れて、尻込む必要はありません。なぜなら、人は自分が道徳的に振る舞うかどうかは決められても、その結果がどうなるかについては、支配が及ばないからです。(M.K.ガンジー)

.. all men are equal. This is not to be interpreted to mean equality of position and function for all. It only means that, if I hold a high place, I also have the ability to shoulder its duties and responsibilities. I should not therefore lose my head and believe that men with smaller responsibilities are my inferiors. Equality depends on the state of our mind, and until our mind reaches that state, we shall remain backward.
     According to this moral standard no nation can rule another for selfish ends....The same standard rules that the king is the servant and not the master of his people and that the officers are not there to enjoy power but to make the people happy. If the people in a democratic state are selfish, that state comes to no good.
     ...., the stronger members of a state or community have to protect, not oppress, the weaker ones. Under such a government there can be no starvation; nor can there be excessive accumulation of riches; for we can never be happy while we see our neighbours languishing in misery. The man following this high moral standard will never amass wealth. He who would be moral need not be scared away by the thought that few follow this ideal morality; for he is master of his morality, not of its results.
ETHICAL RELIGION-VII CHAPTER VII: SOCIAL IDEAL Indian Opinion, 16-2-1907

2012年3月30日 (金)

他者への想い

ガンジーの著書 Ethical Religionより

 他者との交流がなければ、愛、親切、寛容などの特質を発揮しようがありません。・・・実際、徳のどの面を取ってみても、行為者だけが利益を得るような徳というものは存在しません。
 ・・・
 人が利己的で、他人の幸福に頓着しないなら、その人は、動物同然ですし、むしろ動物以下でありましょう。家族のことを気遣って初めて、その人は動物よりましになります。そして、家族の範囲を、彼の国や共同体にまで広げられるなら、もっと人間らしく、動物よりもずっと高度な存在になるでしょう。そして、人類を家族とみなすようになれば、さらに高い段階に至るのです。・・・
すべての人を思いやる気持ちがなければ、倫理という宗教を実践することもなければ、それを知ってもいないのです。(M.K.ガンジー)

  Love, kindness, generosity and other qualities can be manifested only in relation to others.... Truly speaking, there is no aspect of morality the benefit of which accrues to the practitioner alone....
  ....
  So long as man remains selfish and does not care for the happiness of others, he is no better than an animal and perhaps worse. His superiority to the animal is seen only when we find him caring for his family. He is still more human, that is, much higher than the animal, when he extends his concept of the family to include his country or community as well. He climbs still higher in the scale when he comes to regard the human race as his family....
  .. we have neither practiced nor known ethical religion so long as we do not feel sympathy for every human being.
ETHICAL RELIGION–VII CHAPTER VII: SOCIAL IDEAL Indian Opinion, 16-2-1907

2012年3月16日 (金)

道徳と宗教

ガンジーの著書 Ethical Religionより

「他人に少しだけ害を与えるなら、自分の個人的な利益を守れる。であれば、その小さな害を与えてはならないことがどうしてあるだろうか?」と考えることがあるかもしれません。害を与えることで得られる利益というのは、利益ではありません。その行為者にとって、それは純粋な損失です。どうしてこのような不味いものがのどを通るのでしょうか。表向きは、ドイツの利益になるということで、ビスマルクは身の毛もよだつような行為に及びました。その時、彼の教育はどこに行ってしまったのでしょうか。他の時であれば、学校の子供たちにいつも語っていた道徳的格言は、どこに消えてしまったのでしょうか? ・・困難に直面した時に、ビスマルクが道徳をかなぐり捨ててしまったのは、彼の道徳が、宗教に根差していなかったからです。道徳という種は、宗教という水を注がれなければ、芽を出すことができません。水がなければ、しおれて、最後には枯れてなくなってしまいます。このように、本物の宗教を含んでいる場合にだけ、その道徳は本物であり、理想的な道徳と言えるのです。言い換えれば、宗教がなければ、道徳は維持できません。つまり、道徳は宗教として守るべきなのです。
 ・・・道徳が、宗教の土台となっています。土台が取り去られるなら、建物は地面に倒れてしまいます。同様に、道徳が破壊されるなら、その上に建てられている宗教は崩れ落ちることになります。(M.K.ガンジー)

One tells oneself, "If by doing a little harm to another, I can secure my personal interest, why should I not do that little harm?" The profit derived from doing harm is no profit, but a positive loss [to the doer]. How shall this unpalatable does go down one's throat? Ostensibly in Germany's interest, Bismarck perpetrated dreadful deeds. Where then was his education? Where did those maxims of morality disappear which, at other times, he used to mouth before schoolchildren? ・・ The reason why he could not keep up his morality in the face of these difficulties was that his morality was not grounded in religion. So long as the seed of morality is not watered by religion, it cannot sprout. Without water it withers and ultimately perishes. Thus it will be seen that true or ideal morality ought to include true religion. To put the same thought differently, morality cannot be observed without religion. That is to say, morality should be observed as a religion.
     ...morality is the basis of religion. If a foundation is removed, the superstructure falls to the ground; similarly if morality is destroyed, religion which is built on it comes crashing down.
ETHICAL RELIGION-V  CHAPTER V: MORALITY AS A RELIGION  Indian Opinion, 2-2-1907

ただ愛だけを動機に

ガンジーの著書 Ethical Religionより

この地上での物質的利益を求める動機から行われる行為は、道徳的ではありません。・・聖テレサは、右手に松明、左手に水瓶を持っていたいと願っていました。一方で天の栄光を輝かせ、他方で地獄の炎を消すことを願っていました。そして、人が地獄に対する恐怖心や天での祝福を動機とすることなく、ただ愛だけを動機に神に仕えることを学んでくれたらと願っていました。 (M.K.ガンジー)

An action prompted by the motive of material gain here on earth is non-moral.... The great saint Theresa wished to have a torch in her right hand and a vessel of water in her left, so that with the one she might burn the glories of heaven and with the other extinguish the fires of hell, and men might learn to serve God from love alone-without fear from hell and without temptation of heavenly bliss. ETHICAL RELIGION-III CHAPTER III: WHAT IS MORAL ACTION? Indian Opinion, 19-1-1907

恐れからでも、義務感からでもなく

ガンジーの著書 Ethical Religionより

職場に遅刻すると解雇されるかもしれないと恐れて早起きしたとしても、その私の行為には、道徳的なことは何もありません。同様に、私がたとえ質素で地味な生活をしていたとしても、そうする以外どうしようもないのであれば、その生活が道徳的なわけではありません。しかし、自分が裕福であるにもかかわらず、周囲のあらゆる欠乏や悲惨を心にとめて、快適でぜいたくな暮らしではなく、質素で地味な暮らしをする必要があると感じて、そのように暮らすのであれば、それは道徳的な行為です。同様に使用人に去られたら困るから、雇用主が彼らのことを心配したり、賃金を上げたりするのであれば、それは利己的な行いに過ぎません。道徳的行為ではありません。雇用主が、自分の繁栄がどれほど使用人たちのおかげであるかに気づいて、使用人の幸福を願い、彼らに親切にするなら、その行為は道徳的です。つまり、ある行為が道徳的であるためには、恐れからでも、義務感からでもなく、その行為がなされねばならないのです。(M.K.ガンジー)

There is no morality whatever in my act, if I rise early out of the fear that, if I am late for my office, I may lose my situation. Similarly there is no morality in my living a simple and unpretentious life if I have not the means to live otherwise. But plain, simple living would be moral if, though wealthy, I think of all the want and misery in the world about me -and feel that I ought to live a plain, simple life and not one of ease and luxury. Likewise it is only selfish, and not moral, of an employer to sympathize with his employees or to pay them higher wages lest they leave him. It would be moral if the employer wished well of them and treated them kindly realizing how we owed his prosperity to them. This means that for an act to be moral it has to be free from fear and compulsion. ETHICAL RELIGION-III CHAPTER III: WHAT IS MORAL ACTION? Indian Opinion, 19-1-1907

2012年2月24日 (金)

行為の動機と結果

ガンジーの著書 Ethical Religionより

二人の人が、まったく同じことをしたとします。しかし、一方の行為が道徳的で、他方がそうでないということがあります。例えば、ある人はあまりにも可哀そうだと思って、貧しい人に食べ物を与えますが、別の人は同じことをしても、名声を得たり、その他の利己的な動機で行うことがあります。行為は同じですが、一方は道徳的行為で、他方は、道徳と無関係です。(ここで注意していただきたいのですが、道徳に無関係というのは、不道徳とは違います。)
 道徳的行いをしたからといって、必ずしも良い結果がもたらされるとは限りません。道徳について考える際に気をつけるべきことは、その行為が良いことであるか、そして、良い動機に基づいて行われたかの二点だけです。行為の結果は、我々の手の届く範囲を超えています。神だけが、果実の提供者なのです。(M.K.ガンジー)

     Two men may have done exactly the same thing; but the act of one may be moral, and that of the other contrary. Take, for instance, a man who out of great pity feeds the poor and another who does the same, but with the motive of winning prestige or with some such selfish end. Though the action is the same, the act of the one is moral and that of the other non-moral. The reader here ought to remember the distinction between the two words, non-moral and immoral.
     It may be that we do not always see good results flowing from a moral act. While thinking of morality, all that we need to see is that the act is good and is done with a good intention. The result of an action is not within our control. God alone is the giver of fruit.  ETHICAL RELIGION-III CHAPTER III: WHAT IS MORAL ACTION? Indian Opinion, 19-1-1907