関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

平和

2008年8月29日 (金)

一人で非暴力をかかげて

18日に私は「ハリジャン」紙上で次のような希望を述べました。

「もし、私の言っていることが身にしみたのであれば、強者の非暴力に対する我々の変わることのない信頼を、今こそ宣言しようではありませんか。そして、自分たちの自由を武力によって守るつもりはなく、我々は非暴力で自由を守るのだと言おうではありませんか」

 運営委員会は、時期が到来してもそのような信念を実行することができないと21日に感じていました(注1)。と言いますのも、委員会は自分たちの信念を試す機会が今までになかったからです。先般の会議では、委員会は、内にあっては差し迫った無政府状態に、そして外部からは侵略という危険に対処するための行動方針を決定せねばなりませんでした。
(注1)5日間慎重に討議した結果、運営委員会の決議が採択された。とりわけ次の点を記す。「独立のための闘争において、会議派は非暴力の原則を厳格に堅持し続けるべきだと、運営委員会は考えるが、自分たちが対処せねばならない人類のこの方面での現時点での不完全さ弱さというものを無視することはできない。このようにして起こってきた問題について、委員会は討議を重ねてきたが、ガンジー氏の主張にすべて従っていくことはできないという結論に達した。しかし、氏が自分のやり方で自身の壮大な理想を追う自由は認めるべきであると確認した。そこで委員会は、外部からの侵略と国内の騒乱というインドや世界に今日広がっている状況のもとで会議派が推進せねばならないプログラムや行動に対して責任を有する立場からガンジーを解任した」

 私は委員会に次のように懇願しました。「もし、強者の非暴力を信じているのであれば、今こそそれに従って行動すべき時です。強者の非暴力であろうと、弱者のそれであろうと、非暴力を信じない集団が多くいても問題ではありません。それならばなおのこと、会議派がこの緊急事態に非暴力的行動で対処する意義が増し加わろうというものです。もし、全ての者が非暴力を選べば、無政府状態には至りませんし、外からの侵略に対して誰かが武装して迎え撃つという問題が生じる余地もないのです。会議派のメンバーは、非暴力を信じない集団に囲まれた中で、非暴力を信じる集団を代表しています。だからこそ、自分たちの信念をきちんと実践できることを示すことが、会議派の義務となるのです」
 しかし、その信念を実践をすることが会議派にはできないだろうと運営委員会のメンバーは感じていました。彼らには全く新しい経験でしょう。かつて、このような危機に対処するように求められたことはありませんでした。平和維持団を編成して、宗教間の暴動などに対処しようという私の試みは完全に失敗しました。そのため、ずっと思い描いてきた行動に望みをかける気になれなかったのです。
 私の立場は違いました。会議派にとっては非暴力はいつも政策でした。失敗した場合にはそれを拒否することも可能でした。非暴力によって、政治的および経済的独立がもたらせなかったなら、非暴力は役に立たなかったとなるのです。私にとって非暴力は信条です。一人でも、仲間がいてもそれを実践しなければならないのです。非暴力を広めることが私の生涯をかけた使命ですから、状況が良くても悪くてもそれを追い求めねばならないのです。そして、今こそ神と人の前で私が自分の信念を証明する時であると感じています。そこで私は委員会からの解任を求めました。これまで私は会議派の政策一般を責任を持って導いてきました。しかし、もうこれ以上そうすることはできません。私と会議派との間に根本的な違いがあることが分かったからです。すぐに彼らは私の態度の正しさを認め、私を解任してくれました。今一度彼らは自らに課されている責任を弁明しました。彼らは自分に嘘をつかなかったのです。人々を代表している自分たちに自信を持っていませんでした。必要とされる非暴力の措置を自分たちの行動で示すことができるという自信がなかったのです。そこで、彼らは自分たちが偽ることなく取ることができた唯一の道を選びました。彼らは大変な犠牲を払うことになりました。純粋な非暴力に対して会議派が世界で得た信望を犠牲にしてしまったのです。そして、彼らと私との間にあった不文の、無言の絆も解いてしまいました。しかし、共通の理想や政策をともに実践していくことはやめたものの、20年以上に渡って続いた我々の友情にひびが入ったわけではありません。
 私はこの結果を喜んでもいますし、悲しんでもいます。喜んでいるのは、私がこの分裂という重圧に耐えることができ、1人で立つ力が与えられたからです。悲しんでいるのは、私の言葉が力を失い、昨日のことのように思われるこの何年間もの間私が誇りに思って一緒に行動してきた人々が、もはや私に共感してくれなくなったと思われるからです。しかし、私には確信があります。もし、どうしたら強者の非暴力の効力を立証できるかを神が私に示してくれるなら、この分裂は1次的なもので終わるはずです。もし、道がふさがるとすれば、悲しみに耐えてまでも私に1人我が道を行くことを許したという判断が正しかったと、彼らは考えるでしょう。そのような私の力不足という悲劇的な展開が私のために用意されているとしても、それでもなお私はこの年月私を支えてくれた信念を持ち続けていたいものです。そして、非暴力のたいまつをかかげてさらに歩んで行けるだけの器ではなかったのだと謙虚に認めたいと思います。
 しかし、このような論拠、疑問は、運営委員会のメンバ-が会議派の大多数の気持ちを代表しているという仮定に基づいています。運営委員のメンバーも、会議派の大多数が強者の非暴力を内に持っていてくれることを切望し、期待していることでしょう。会議派の強さを過小評価していたと気づいた場合、それを一番喜ぶのは彼らをおいて他にいないでしょう。しかし、強者の非暴力を体現しているのは、おそらくは会議派の多数ではなく、せいぜい半数程度に過ぎないでしょう。このような事柄は議論に向いていないということを覚えておく必要があります。運営委員会のメンバ-はあらゆる論議を尽くしました。しかし、非暴力というのは、心の質の問題であって、頭に訴えることで受け入れられるものではありません。ですから、必要なのは非暴力の強さを静かに、しかし断固として示していくことです。その機会は全ての人にほとんど毎日のように訪れます。宗教間の衝突、武装ギャングによる略奪行為、口喧嘩などがあります。これら全てにおいて、真の非暴力者はその非暴力を身を持って示すことができますし、示すものです。適切な方法で非暴力が示されるならば、周囲に影響を与えずにはおきません。単なるへそ曲がりから、非暴力の効力を信じないような会議派は一人もいないことは、明白です。国内の紛争、外部からの侵略に対処するのに会議派は非暴力を貫くべきだと信じるメンバーは、日常の行動の中でそれを示そうではありませんか。
 強者の非暴力は単なる政策だけでは終わりません。信条であるべきです。「信条」という言葉に反発があるなら、情熱と言っても良いでしょう。情熱家は、その人が行うどんな小さなことにもその情熱を表すことになります。ですから、非暴力のとりこになっている人は、家族の中で、近所付き合いで、職場で、会議派の会合で、公の会議で、反対派の人たちに対する振る舞い方でその非暴力を示すことになります。非暴力がこのような具合に会議派の人たちの間で表現されたことがなかったので、運営委員会は国内の紛争や国外からの侵略に対して非暴力で対処する準備が会議派にできていないと正当にも結論を下したのです。非暴力の行動によって引き起こされるきまりの悪さから、既成権力の側は人民の意思に従うことになります。しかし、混乱に直面した中ではそのような行動が役に立たないのは明白です。我々は報復する事なく、混乱を引き起こした者に対して敵意、怒りを抱く事なく死を引き受けねばなりません。ここで要求される非暴力とは、会議派がこれまで考えていたものとは全く異なったものであることが容易に分かるでしょう。しかし、真実の、世界を自滅から救うことのできる非暴力は、これしかありません。遅かれ早かれ、世界は確実に自滅の時を迎えるでしょう。戦争の災いから救われたいが、どうやって救いの道を見つけたらよいかわからないでいる世界に、この本物の非暴力のメッセ-ジをインドが伝えることができなければ、自滅は早まるでしょう。
セワグラムにて、1940年6月24日
「嬉しくもあり、悲しくもあり」ハリジャン 1940年6月29日

It was on the 18th instant that I expressed the following hope in Harijan:

If my argument has gone home, is it not time for us to declare our cha-ngeless faith in non-violence of the strong and say we do not seek to defend our liberty with the force of arms but we will defend it with the force of non-violence?

  On the 21st the Working Committee felt unable to enforce such faith in action when the time for it came(注1).  For the Committee never before had an occasion to test their faith. At the last meeting they had to lay down a course of action for meeting impending anarchy within and danger of aggression from without.

(注1):The resolution of the Working committee, passed after five days of deliberations, inter alia said: “While the Working committee hold that the Congress must continue to adhere strictly to the principle of non-violence in their struggle for independence, the Committee cannot ignore the present imperfections and failings in this respect of the human elements they have to deal with . . . The Committee have deliberated over the problem that has thus arisen and have come to the conclusion that they are unable to go the full length with Gandhiji. But they recognize that he should be free to pursue his great ideal in his own way, and therefore absolve him from responsibility for the programme and activity which the Congress has to pursue under the conditions at present prevailing in India and the world in regard to external aggression and internal disorder.”

  I pleaded hard with the Committee: “If you have faith in non-violence of the strong, now is the time to act up to it. It does not matter that many parties do not believe in non-violence whether of the strong or of the weak. Probably that is all the greater reason for Congressmen to meet the emergency by non-violent action. For if all were non-violent, there could be no anarchy and there would be no question of anybody arming for meeting aggression from without. It is because Congressmen represent a party of non-violence, in the midst of parties who do not believe in it, that it becomes imperative for Congressmen to show that they are well able to act up to their faith.”
  But the members of the Working Committee felt that Congressmen would not be able to act up to it. It would be a new experience for them. They were never before called upon to deal with such a crisis. The attempt made by me to form peace brigades to deal with communal riots and the like had wholly failed. Therefore they could not hope for the action contemplated.
  My position was different. With the Congress non-violence was always a policy. It was open to it to reject it if it failed. If it could not bring political and economic independence, it was of no use. For me non-violence is a creed. I must act up to it whether I am alone or have companions. Since propagation of non-violence is the mission of my life, I must pursue it in all weathers. I felt that now was the time for me to prove my faith before God and man. And so I asked for absolution from the Committee. Hitherto I have been responsible for guiding the general policy of the Congress. I could no longer do so when funda-mental differences were discovered between them and me. They readily recognized the correctness of my attitude. And they gave me the absolution. Once more they have justified the trust imposed in them.  They have been true to themselves. They had not the confidence, in themselves of those whom they represented, that they could express in their actions the required measure of non-violence . And so they made the only choice they could honestly make. It was a tremendous sacrifice they made--the sacrifice of the prestige that the Congress had gained in the world for unadulterated non-violence, and the dissolution of the unwritten and unspoken bond between them and me. But though it is a break in the common practice of a common ideal or policy, there is no break in the friendship of over twenty years’standing.
  I am both happy and unhappy over the result. Happy because I have been able to bear the strain of the break and have been given the strength to stand alone. Unhappy because my word seemed to lose the power to carry with me those whom it was my proud privilege to carry all these many years which seem like yesterday. But I know that, if God shows me the way to demonstrate the efficacy of non-violence of the strong, the break will prove to have been temporary. If there is no way, they will have justified their wisdom in bearing the wrench of letting me go my way alone. If that tragic discovery of my impotence is in store for me, I hope still to retain the faith that has sustained me all these years and to have humility enough to realize that I was not a fit enough instrument to carry the torch of non-violence any further.
  But this argument and doubt are based upon the assumption that the members of the Working Committee represent the feeling of the vast majority of Congressmen. They would wish and hope that the vast majority of Congressmen had in them the non-violence of the strong. No one would be more glad than they to discover that they had underrated Congressmen’s strength. The probability, however, is that there is no majority but only a good minority which represents the non-violence of the strong. It should be remembered that the matter does not lend itself to argument. The members of the Working Committee had all the argument before them. But non-violence, which is a quality of the heart, cannot come by an appeal to the brain.  Therefore, what is required is a quiet but resolute demonstration of non-violent strength. The opportunity comes to everyone almost daily. There are communal clashes, there are dacoities, there are wordy duels. In all these things those who are truly non-violent can and will demonstrate it. If it is shown in an adequate measure, it will not fail to infect their surroundings. I am quite clear that there is not a single Congressman who disbelieves in the efficacy of non-violence out of sheer cussedness. Let the Congressmen who believe that the Congress should adhere to non-violence in dealing with internal disorders or external aggression, express it in their daily conduct.
  Non-violence of the strong cannot be a mere policy. It must be a creed, or a passion, if ‘creed’ is objected to. A man with a passion expresses it in every little act of his. Therefore he who is possessed by non-violence will express it in the family circle, in his dealings with neighbours, in his business, in Congress meeting, in public meeting, and in his dealings with opponents. It is because it has not expressed itself in this way among Congressmen that the members of the Working Committee rightly concluded that Congressmen were not ready for non-violent treatment of internal disorders or external aggression.  Embarrassment caused by non-violent action would move established authority to yield to popular will. But such action has obviously no play in the face of disorders. We have to court death without retaliation and with no malice or anger towards those who bring about disorder. It is easy enough to see that non-violence required here is of a wholly different type from what the Congress has known hitherto.  But it is the only non-violence that is true and that can save the world from selfdestruction. This is a certainty sooner or later, sooner rather than later, if India cannot deliver that message of true non-violence to a world which wants to be saved from the curse of wars and does not know how to find the deliverance.
SEVAGRAM, June 24, 1940
BOTH HAPPY AND UNHAPPY  Harijan, 29-6-1940

2008年8月28日 (木)

ヒトラー主義とどう戦うか

 ヒトラーが結局どう評価されようが、ヒトラー主義が何を意味することになるかは、わかっています。それが意味することは、剥き出しの、情け容赦ない暴力です。客観的精密科学に成り下がった、科学的正確さで行われる暴力なのです。実際のところ、ほとんど不可抗力的存在になってしまっています。
 サッテャーグラハ(真理を堅持した非暴力闘争)の初期において、その運動がまだ受動的抵抗と呼ばれていたころですが、ヨハネスバーグの『スター』誌は、全く武器を持たない、たとえ武器をとることを望んだとしても暴力を組織することができない一握りのインド人が、圧倒的な武力を持つ政府と対峙している光景に心を動かされて、ある戯画を掲載しました。その絵の中で、政府軍は(道路を舗装する)蒸気ローラーとして描かれて、その不可抗力性が表現されていました。受動的抵抗者はどっしりと動かず、気持ち良くその場に腰を下ろした象として描かれていました。これは不動の力を象徴していました。この作者は、不可抗力と不動の力との闘いの本質を見抜いていました。当時は膠着状態にありました。その後どうなったかは、我々の知るところです。抗えないものとして描かれ、そのように見えたものに対して、サッテャーグラハ、つまり報復をせずに受難に堪えるという不動の力で抵抗して勝利を収めたのです。
 その当時、真理となったことは、今でも同様に真理です。ヒトラー主義に、ヒトラー主義で対抗しても、それを打ち負かすことは決してないでしょう。際限なく優位に立とうとするさらなるヒトラー主義を誕生させるだけです。我々の眼前で繰り広げられていることは、ヒトラー主義をも含めた暴力がむなしいものであることを示しています。
 ヒトラー主義の失敗とは何かを、説明したいと思います。ヒトラー主義は、小国の自由を奪ってきました。フランスも講和を求めるしかありませんでした(注1)。おそらくこの文書が印刷されるころまでには、英国も自らの方針を決めていることでしょう。私がこれから述べる主張をするためには、フランスの陥落だけで十分です。フランスの政治家は、避けられない運命には従い、互いに殺戮し合うという無分別に同調することを拒むという稀に見る勇気を示したのだと、私は思います。実際のところ競争に負けているのであれば、フランスが勝利すると考えるのは正気の沙汰ではありません。自由のためという大義も、その自由を享受すべき人々が大量に殺害されるという代価を支払わねばならないのであれば、徒労になってしまいます。そうであれば、大義も、野心を不名誉な方法で満足させるということになってしまいます。フランス兵士がいかに勇敢であるかは、世界が知っています。しかし、講和を求めたフランス政治家が兵士よりももっと勇敢であったことも世界に知らしめようではありませんか。本物の兵士にふさわしいまことに名誉あるやり方で対処したと我々は考えます。ヒトラー総統がどのような屈辱的な条件も押し付けてこないことを望みたいです。ヒトラーは情け容赦なく戦うこともできるのに、少なくとも平和条約を結んで情けがないわけではないことを示してくれることを望みたいです。
(注1) フランスは休戦依頼をヒトラーに宛てて6月16日に送った。ヒトラーの条件は6月20日にフランス側に伝えられ、6月22日にドイツが提案した条件は受け入れられた。3日後の6月25日に休戦協定は発効した。
 しかし、本題に戻りましょう。その勝利でもってヒトラーは何をするというのでしょうか。それほどの権力を消化することができるでしょうか? ヒトラー個人としては、それほど遠くない前任者であるアレクサンダー大王と同様に手ぶらで立ち去ることになるでしょう。ドイツ人に対しては、ヒトラーは強大な帝国を所有するという喜びを残すのではなく、押しつぶされそうな重荷を支えるという負担を残すことになるでしょう。と言いますのも、征服した国々のすべてを永久に従属させておくことは不可能だからです。さらに、将来世代のドイツ人が、ヒトラー主義が招いたと考えられる行動に対して純粋な尊敬の気持ちを維持できるか疑問です。彼らは、ヒトラーを天才であり、勇敢で、人々を組織するのに比類ない才能を発揮した、さらにそれ以上の男だと名誉に思うことでしょう。しかし、将来のドイツ人が、たとえ自分たちの英雄についてであっても識別力を身につけることを希望します。いずれにしても、ヒトラーによって流されたどんな血によっても、世界の道徳水準は10万分の1ミリすら高くなりはしなかったということは、言ってもよいでしょう。
 これに対して、チェコ、ポーランド、ノルウェー、フランス、イギリスの国民がみな、ヒトラーに対して次のように言ったとしたら、ヨーロッパは今どうなっているか想像してみてください。「破壊のために綿密な準備をする必要はありません。我々はあなたの暴力に対して、非暴力で応答します。ですから、戦車、戦艦、戦闘機を使わずに我々の非暴力の部隊を殺すことができます」と。ヒトラーが血を流す戦闘によって得たものを戦わずして得るだけだという違いでしかないと、反論されるかもしれません。全くその通りです。そうなれば、ヨーロッパの歴史は違ったものとなっていたでしょう。非暴力を採用した場合は、非暴力の抵抗のもとで、占領が行われることになったかもしれません(しかし、かもしれないというに過ぎません)。目下の現状は、計り知れない残虐行為を犯した後に占領が行われています。非暴力のもとで殺されるとすれば、必要とあらば自ら殺される覚悟をしていた者だけとなるでしょう。そのような人は殺すことはしません。誰に対しても敵意を抱くことはありません。その場合、ヨーロッパは道徳水準を10センチ程度高めていただろうとあえて申し上げます。結局、重要なのは道徳的な価値だと私は考えます。それ以外はみなゴミに過ぎません。
 ヨーロッパの列強に向けてここまで書いてきましたが、これらは、我々自身に向けた言葉でもあります。もし、私の言っていることが身にしみたのであれば、強者の非暴力に対する我々の変わることのない信頼を、今こそ宣言しようではありませんか。そして、自分たちの自由を武力によって守るつもりはなく、我々は非暴力で自由を守るのだと言おうではありませんか。
セワグラムにて 1940年6月18日
ハリジャン 1940年6月22日

HOW TO COMBAT HITLERISM
  Whatever Hitler may ultimately prove to be, we know what Hitlerism has come to mean. It means naked, ruthless force reduced to an exact science and worked with scientific precision. In its effect it becomes almost irresistible.
  In the early days of satyagraha when it was still known as passive resistance, The Star of Johannesburg, stirred by the sight of a handful of Indians, wholly unarmed and incapable of organized violence even if they wished it, pitting themselves against an overwhelmingly armed Government, had a cartoon in which the latter was depicted as a steam-roller representing irresistible force, and passive resistance was depicted as an elephant unmoved and comfortably planting himself in his seat. This was marked immovable force. The cartoonist had a true insight into the duel between the irresistible and the immovable forces. It was then a stalemate. The sequel we know.  What was depicted and appeared to be irresistible was successfully resisted by the immovable force of satyagraha--call it suffering without retaliation.
  What became true then can be equally true now. Hitlerism will never be defeated by counter-Hitlerism. It can only breed superior Hitlerism raised to nth degree. What is going before our eyes is a demonstration of the futility of violence as also of Hitlerism.
  Let me explain what I mean by failure of Hitlerism. It has robbed the small nations of their liberty. It has compelled France to sue for peace.(注1)  Probably by the time this is in print Britain will have decided upon her course. The fall of France is enough for my argument.  I think French statesmen have shown rare courage in bowing to the inevitable and refusing to be party to senseless mutual slaughter.  There can be no sense in France coming out victorious if the stake is in truth lost. The cause of liberty becomes a mockery if the price to be paid is wholesale destruction of those who are to enjoy liberty. It then becomes an inglorious satiation of ambition. The bravery of the French soldier is world-known. But let the world know also the greater bravery of the French statesmen in suing for peace. I have assumed that the French statesmen have taken the step in a perfectly honourable manner as behoves true soldiers. Let me hope that Herr Hitler will impose no humiliating terms but show that, though he can fight without mercy, he can at least conclude peace not without mercy.
(注1)The French request for armistice was sent to Hitler on June 16. Hitler's terms were deliverd to the French on June 20. On June 22 the German terms were accepted and three days later on June 25 the armistice became effective.
  But to resume the thread of the argument. What will Hitler do with his victory? Can he digest so much power? Personally he will go as empty-handed as his not very remote predecessor Alexander. For the Germans he will have left not the pleasure of owning a mighty empire but the burden of sustaining its crushing weight. For they will not be able to hold all the conquered nations in perpetual subjection.  And I doubt if the Germans of future generations will entertain unadulterated pride in the deeds for which Hitlerism will be deemed responsible. They will honour Herr Hitler as a genius, as a brave man, a matchless organizer and much more. But I should hope that the Germans of the future will have learnt the art of discrimination even about their heroes. Anyway I think it will be allowed that all the blood that has been spilled by Hitler had added not a millionth part of an inch to the world’s moral stature.
  As against this imagine the state of Europe today if the Czechs, the Poles, the Norwegians, the French and the English has all said to Hitler : ‘You need not make your scientific preparation for destruction.  We will meet your violence with non-violence. You will therefore be able to destroy our non-violent army without tanks, battleships and airships. It may be retorted that the only difference would be that Hitler would have got without fighting what he has gained after a bloody fight. Exactly. The history of Europe would then have been written differently. Possession might (but only might) have been then taken under non-violent resistance, as it has been taken now after perpetration of untold barbarities. Under non-violence only those would have been killed who had trained themselves to be killed, if need be, but without killing anyone and without bearing malice towards anybody.  I dare say that in that case Europe would have added several inches to its moral stature. And in the end I expect it is the moral worth that will count. All else is dross.
  I have written these lines for the European Powers. But they are meant for ourselves. If my argument has gone home, is it not time for us to declare our changeless faith in non-violence of the strong and say we do not seek to defend our liberty with the force of arms but we will defend it with the force of non-violence?
SEVAGRAM, June 18, 1940
Harijan, 22-6-1940

2008年8月12日 (火)

戦争は人を野獣にする

 戦争は、野蛮な力を美化しますが、本質的に退廃をもたらすものです。戦争の訓練を受けると人は堕落します。本来は優しい人柄だった人が、野獣のようになってしまうのです。あらゆる麗しい道徳的規範を打ち砕くのです。その栄光の道は、情欲で汚され、殺戮の血潮で真っ赤に染まっています。これは、我々の目標に到達する道筋ではありません。我々の目的である強く、純粋で、美しい人格を養う上で、最も大いなる助けとなることは、苦難に耐えることです。克己心、無私無欲、忍耐、優しさ、これらはすべて、苦難を他者に強いることは拒みつつ、自ら苦難を受容する人たちの足下に咲き出る花です。
ロンドン、エマーソンクラブでのスピーチ
インディアン・オピニオン 1910年2月12日

 War with all its glorification of brute force is essentially a degrading thing.  It demoralizes those who are trained for it.  It brutalizes men of naturally gentle character.  It outrages every beautiful canon of morality.  Its path of glory is foul with the passion of lust, and red with the blood of murder.  This is not the pathway to our goal.  The grandest aid to development of strong, pure, beautiful character which is our aim, is the endurance of suffering.  Self-restraint, unselfishness, patience, gentleness, these are flowers which spring beneath the feet of those who accept, but refuse to impose, suffering.
Speech at the Emerson Club, London
Indian Opinion, 12 Feb. 1910

2008年8月 8日 (金)

愛国心について

今日の熱狂的な愛国団体は次のように教えています。つまり、個人は村のために命を捧げ、村は郡のために、郡は州のために、州は国のために犠牲になるべきであると。ならば、なおのこと国家は自由を得て、必要とあらば、世界のために自らを捧げる覚悟があってしかるべきです。ですから、私が国を愛するというのは、私流の愛国心とは、我が国が自由になったあかつきに必要な場合には、人類が生き延びるために、この国が全てを捧げるということなのです。ある民族を憎むという気持ちがそこに入り込む余地はありません。このような心を愛国心と呼ぶことにしましょう。

Just as the cult of patriotism teaches us today that the individual has to die for the family, the family has to die for the village, the village for the district, the district for the province, and the province for the country; even so, a country has to be free in order that it may die, if necessary for the benefit of the world.  My love therefore of nationalism, or my idea of nationalism, is that my country may become free, that if need be, the whole country may die, so that the human race may live.  There is no room for race-hatred there.  Let that be our nationalism.
(I.V.) the Writing of Gandhi  (Rupa & Co) P.278