関連サイト

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« スワラージ(独立・自治)とは | トップページ

2018年1月16日 (火)

義務を果たすということ

20180116160405

 犠牲という義務を捧げることなく、食する者は、盗んだ穀物を食しています。施しを求めるのは高貴なことです。しかし、義務を果たすことがまず先です。・・・
 例えば、ジャイナ教の僧侶や苦行者たちは、施しとして受けた食物をいただいています。人々に法を説いたから、それによって犠牲という義務を捧げたと考えているのです。私の考えでは、そうすることで、彼らは過ちを犯しています。もちろん、彼らは説法をすべきです。しかし、それでも肉体労働によって犠牲という義務を果たすべきなのです。
 My Life is My Message  III Satyapath  P.263 より

 Those who eat without performance of sacrificial duty eat stolen grains. Seeking alms is a noble deed. But only after performance of duty....

 For example Jain monks or ascetics. Both consume food that they have received as alms. They convince themselves that they preach to the people dharma and in so doing the sacrificial duty is performed. I believe, in so doing they commit a mistake. They must of course preach religion, but they must contribute to the sacrificial yajna through bodily effort.

 Narayan Desai 著のガンディーの自伝にあったガンディーの言葉です。

 

 昨年は1度も更新できなかったこのブログですが、今年は少しマメに更新していきたいものです。
 読んで感動してメモしたガンディーの言葉はたくさんあるので、
少しずつ、紹介していきたいです。

« スワラージ(独立・自治)とは | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/66285063

この記事へのトラックバック一覧です: 義務を果たすということ:

« スワラージ(独立・自治)とは | トップページ