関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ただ愛だけを動機に | トップページ | 他者への想い »

2012年3月16日 (金)

道徳と宗教

ガンジーの著書 Ethical Religionより

「他人に少しだけ害を与えるなら、自分の個人的な利益を守れる。であれば、その小さな害を与えてはならないことがどうしてあるだろうか?」と考えることがあるかもしれません。害を与えることで得られる利益というのは、利益ではありません。その行為者にとって、それは純粋な損失です。どうしてこのような不味いものがのどを通るのでしょうか。表向きは、ドイツの利益になるということで、ビスマルクは身の毛もよだつような行為に及びました。その時、彼の教育はどこに行ってしまったのでしょうか。他の時であれば、学校の子供たちにいつも語っていた道徳的格言は、どこに消えてしまったのでしょうか? ・・困難に直面した時に、ビスマルクが道徳をかなぐり捨ててしまったのは、彼の道徳が、宗教に根差していなかったからです。道徳という種は、宗教という水を注がれなければ、芽を出すことができません。水がなければ、しおれて、最後には枯れてなくなってしまいます。このように、本物の宗教を含んでいる場合にだけ、その道徳は本物であり、理想的な道徳と言えるのです。言い換えれば、宗教がなければ、道徳は維持できません。つまり、道徳は宗教として守るべきなのです。
 ・・・道徳が、宗教の土台となっています。土台が取り去られるなら、建物は地面に倒れてしまいます。同様に、道徳が破壊されるなら、その上に建てられている宗教は崩れ落ちることになります。(M.K.ガンジー)

One tells oneself, "If by doing a little harm to another, I can secure my personal interest, why should I not do that little harm?" The profit derived from doing harm is no profit, but a positive loss [to the doer]. How shall this unpalatable does go down one's throat? Ostensibly in Germany's interest, Bismarck perpetrated dreadful deeds. Where then was his education? Where did those maxims of morality disappear which, at other times, he used to mouth before schoolchildren? ・・ The reason why he could not keep up his morality in the face of these difficulties was that his morality was not grounded in religion. So long as the seed of morality is not watered by religion, it cannot sprout. Without water it withers and ultimately perishes. Thus it will be seen that true or ideal morality ought to include true religion. To put the same thought differently, morality cannot be observed without religion. That is to say, morality should be observed as a religion.
     ...morality is the basis of religion. If a foundation is removed, the superstructure falls to the ground; similarly if morality is destroyed, religion which is built on it comes crashing down.
ETHICAL RELIGION-V  CHAPTER V: MORALITY AS A RELIGION  Indian Opinion, 2-2-1907

« ただ愛だけを動機に | トップページ | 他者への想い »

ethics」カテゴリの記事

倫理観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ただ愛だけを動機に | トップページ | 他者への想い »