関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

他者への想い

ガンジーの著書 Ethical Religionより

 他者との交流がなければ、愛、親切、寛容などの特質を発揮しようがありません。・・・実際、徳のどの面を取ってみても、行為者だけが利益を得るような徳というものは存在しません。
 ・・・
 人が利己的で、他人の幸福に頓着しないなら、その人は、動物同然ですし、むしろ動物以下でありましょう。家族のことを気遣って初めて、その人は動物よりましになります。そして、家族の範囲を、彼の国や共同体にまで広げられるなら、もっと人間らしく、動物よりもずっと高度な存在になるでしょう。そして、人類を家族とみなすようになれば、さらに高い段階に至るのです。・・・
すべての人を思いやる気持ちがなければ、倫理という宗教を実践することもなければ、それを知ってもいないのです。(M.K.ガンジー)

  Love, kindness, generosity and other qualities can be manifested only in relation to others.... Truly speaking, there is no aspect of morality the benefit of which accrues to the practitioner alone....
  ....
  So long as man remains selfish and does not care for the happiness of others, he is no better than an animal and perhaps worse. His superiority to the animal is seen only when we find him caring for his family. He is still more human, that is, much higher than the animal, when he extends his concept of the family to include his country or community as well. He climbs still higher in the scale when he comes to regard the human race as his family....
  .. we have neither practiced nor known ethical religion so long as we do not feel sympathy for every human being.
ETHICAL RELIGION–VII CHAPTER VII: SOCIAL IDEAL Indian Opinion, 16-2-1907

2012年3月16日 (金)

道徳と宗教

ガンジーの著書 Ethical Religionより

「他人に少しだけ害を与えるなら、自分の個人的な利益を守れる。であれば、その小さな害を与えてはならないことがどうしてあるだろうか?」と考えることがあるかもしれません。害を与えることで得られる利益というのは、利益ではありません。その行為者にとって、それは純粋な損失です。どうしてこのような不味いものがのどを通るのでしょうか。表向きは、ドイツの利益になるということで、ビスマルクは身の毛もよだつような行為に及びました。その時、彼の教育はどこに行ってしまったのでしょうか。他の時であれば、学校の子供たちにいつも語っていた道徳的格言は、どこに消えてしまったのでしょうか? ・・困難に直面した時に、ビスマルクが道徳をかなぐり捨ててしまったのは、彼の道徳が、宗教に根差していなかったからです。道徳という種は、宗教という水を注がれなければ、芽を出すことができません。水がなければ、しおれて、最後には枯れてなくなってしまいます。このように、本物の宗教を含んでいる場合にだけ、その道徳は本物であり、理想的な道徳と言えるのです。言い換えれば、宗教がなければ、道徳は維持できません。つまり、道徳は宗教として守るべきなのです。
 ・・・道徳が、宗教の土台となっています。土台が取り去られるなら、建物は地面に倒れてしまいます。同様に、道徳が破壊されるなら、その上に建てられている宗教は崩れ落ちることになります。(M.K.ガンジー)

One tells oneself, "If by doing a little harm to another, I can secure my personal interest, why should I not do that little harm?" The profit derived from doing harm is no profit, but a positive loss [to the doer]. How shall this unpalatable does go down one's throat? Ostensibly in Germany's interest, Bismarck perpetrated dreadful deeds. Where then was his education? Where did those maxims of morality disappear which, at other times, he used to mouth before schoolchildren? ・・ The reason why he could not keep up his morality in the face of these difficulties was that his morality was not grounded in religion. So long as the seed of morality is not watered by religion, it cannot sprout. Without water it withers and ultimately perishes. Thus it will be seen that true or ideal morality ought to include true religion. To put the same thought differently, morality cannot be observed without religion. That is to say, morality should be observed as a religion.
     ...morality is the basis of religion. If a foundation is removed, the superstructure falls to the ground; similarly if morality is destroyed, religion which is built on it comes crashing down.
ETHICAL RELIGION-V  CHAPTER V: MORALITY AS A RELIGION  Indian Opinion, 2-2-1907

ただ愛だけを動機に

ガンジーの著書 Ethical Religionより

この地上での物質的利益を求める動機から行われる行為は、道徳的ではありません。・・聖テレサは、右手に松明、左手に水瓶を持っていたいと願っていました。一方で天の栄光を輝かせ、他方で地獄の炎を消すことを願っていました。そして、人が地獄に対する恐怖心や天での祝福を動機とすることなく、ただ愛だけを動機に神に仕えることを学んでくれたらと願っていました。 (M.K.ガンジー)

An action prompted by the motive of material gain here on earth is non-moral.... The great saint Theresa wished to have a torch in her right hand and a vessel of water in her left, so that with the one she might burn the glories of heaven and with the other extinguish the fires of hell, and men might learn to serve God from love alone-without fear from hell and without temptation of heavenly bliss. ETHICAL RELIGION-III CHAPTER III: WHAT IS MORAL ACTION? Indian Opinion, 19-1-1907

恐れからでも、義務感からでもなく

ガンジーの著書 Ethical Religionより

職場に遅刻すると解雇されるかもしれないと恐れて早起きしたとしても、その私の行為には、道徳的なことは何もありません。同様に、私がたとえ質素で地味な生活をしていたとしても、そうする以外どうしようもないのであれば、その生活が道徳的なわけではありません。しかし、自分が裕福であるにもかかわらず、周囲のあらゆる欠乏や悲惨を心にとめて、快適でぜいたくな暮らしではなく、質素で地味な暮らしをする必要があると感じて、そのように暮らすのであれば、それは道徳的な行為です。同様に使用人に去られたら困るから、雇用主が彼らのことを心配したり、賃金を上げたりするのであれば、それは利己的な行いに過ぎません。道徳的行為ではありません。雇用主が、自分の繁栄がどれほど使用人たちのおかげであるかに気づいて、使用人の幸福を願い、彼らに親切にするなら、その行為は道徳的です。つまり、ある行為が道徳的であるためには、恐れからでも、義務感からでもなく、その行為がなされねばならないのです。(M.K.ガンジー)

There is no morality whatever in my act, if I rise early out of the fear that, if I am late for my office, I may lose my situation. Similarly there is no morality in my living a simple and unpretentious life if I have not the means to live otherwise. But plain, simple living would be moral if, though wealthy, I think of all the want and misery in the world about me -and feel that I ought to live a plain, simple life and not one of ease and luxury. Likewise it is only selfish, and not moral, of an employer to sympathize with his employees or to pay them higher wages lest they leave him. It would be moral if the employer wished well of them and treated them kindly realizing how we owed his prosperity to them. This means that for an act to be moral it has to be free from fear and compulsion. ETHICAL RELIGION-III CHAPTER III: WHAT IS MORAL ACTION? Indian Opinion, 19-1-1907

« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »