関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ご褒美を期待せずに・・ | トップページ | 行為の動機と結果 »

2012年2月10日 (金)

本物の道徳

引き続き、ガンジーの著書 Ethical Religion より。

 私たちがどれほど善い行いをしたとしても、決して自惚れてはなりません。それを評価するのは我々ではありません。むしろ、もっと良い人になりたい、良いことをもっとたくさんしたいと飽くことなく願うべきです。そのような願いを実現したいと努力することこそが、本物の道徳です。(M.K.ガンジー)ETHICAL RELIGION- II CHAPTER II: IDEAL MORALITY Indian Opinion, 12-1-1907 

We should never become overweening with any amount of good that we may do. It is not for us to evaluate it, but rather should we have perpetual longing to become better and do more good. True morality consists in our effort to realize such longing. ETHICAL RELIGION- II CHAPTER II: IDEAL MORALITY Indian Opinion, 12-1-1907 

« ご褒美を期待せずに・・ | トップページ | 行為の動機と結果 »

ethics」カテゴリの記事

倫理観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご褒美を期待せずに・・ | トップページ | 行為の動機と結果 »