関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月24日 (金)

行為の動機と結果

ガンジーの著書 Ethical Religionより

二人の人が、まったく同じことをしたとします。しかし、一方の行為が道徳的で、他方がそうでないということがあります。例えば、ある人はあまりにも可哀そうだと思って、貧しい人に食べ物を与えますが、別の人は同じことをしても、名声を得たり、その他の利己的な動機で行うことがあります。行為は同じですが、一方は道徳的行為で、他方は、道徳と無関係です。(ここで注意していただきたいのですが、道徳に無関係というのは、不道徳とは違います。)
 道徳的行いをしたからといって、必ずしも良い結果がもたらされるとは限りません。道徳について考える際に気をつけるべきことは、その行為が良いことであるか、そして、良い動機に基づいて行われたかの二点だけです。行為の結果は、我々の手の届く範囲を超えています。神だけが、果実の提供者なのです。(M.K.ガンジー)

     Two men may have done exactly the same thing; but the act of one may be moral, and that of the other contrary. Take, for instance, a man who out of great pity feeds the poor and another who does the same, but with the motive of winning prestige or with some such selfish end. Though the action is the same, the act of the one is moral and that of the other non-moral. The reader here ought to remember the distinction between the two words, non-moral and immoral.
     It may be that we do not always see good results flowing from a moral act. While thinking of morality, all that we need to see is that the act is good and is done with a good intention. The result of an action is not within our control. God alone is the giver of fruit.  ETHICAL RELIGION-III CHAPTER III: WHAT IS MORAL ACTION? Indian Opinion, 19-1-1907

2012年2月10日 (金)

本物の道徳

引き続き、ガンジーの著書 Ethical Religion より。

 私たちがどれほど善い行いをしたとしても、決して自惚れてはなりません。それを評価するのは我々ではありません。むしろ、もっと良い人になりたい、良いことをもっとたくさんしたいと飽くことなく願うべきです。そのような願いを実現したいと努力することこそが、本物の道徳です。(M.K.ガンジー)ETHICAL RELIGION- II CHAPTER II: IDEAL MORALITY Indian Opinion, 12-1-1907 

We should never become overweening with any amount of good that we may do. It is not for us to evaluate it, but rather should we have perpetual longing to become better and do more good. True morality consists in our effort to realize such longing. ETHICAL RELIGION- II CHAPTER II: IDEAL MORALITY Indian Opinion, 12-1-1907 

2012年2月 9日 (木)

ご褒美を期待せずに・・

 引き続き、"Ethical Religion"というガンジーの著書からの抜粋です。

道徳的な歩みにおいては、道徳的行いをしたからご褒美がもらえるということはありません。人が何か良い行いをしても、褒められたいからではありません。しなければならないから、するのです。その人にとって良いことをするのは、良いことを食事にたとえてみれば、良質の食事をとることに過ぎません。だれかが良い行いをする機会を提供してくれるなら、その人は感謝することでしょう。お腹をすかせた人が、食事を与えてくれる人に感謝して、その人を祝福するのと同じです。(M.K.ガンジー)ETHICAL RELIGION-I CHAPTER I Indian Opinion, 5-1-1907

In the path of morality there is no such things as reward for moral behaviour. If a man does some good deed, he does not do it to win applause, he does it because he must. For him doing good is but a higher kind of food, if one may compare food and goodness. And if someone should give him an opportunity to do a good deed, he would feel grateful just as a starving man would be grateful to the giver of food and bless him. ETHICAL RELIGION-I CHAPTER I Indian Opinion, 5-1-1907 

2012年2月 8日 (水)

行動が伴ってこそ

 しばらく、"Ethical Religion"というガンジーの著書から、ガンジーの言葉を抜粋して紹介したいと思います。

 倫理は、世界がどうあるべきかを私たちに教えます。人はいかに行動すべきかを教えてくれます。・・・しかし、知識だけでは充分ではありません。適切な行動が伴わねばなりません。倫理的な思いは、建設設計図のようなものです。設計図は、建物がどのように建てられるべきかを示しています。しかし、設計図に沿って建てられなければ、何の役にも立ちません。同様に、倫理的な思いも、適切な行動が伴わなければ役に立ちません。
 道徳的な教えを暗記したり、説教を垂れる人は大勢います。しかし、それらを実践することもなければ、実践しようとも思っていません。道徳的信条というものは、この世で実践することが予定されてはいない、と信じている人もいます。あの世、つまり死んでから後の世界でのことなのだと、思っています。偉大な思想家は次のように語っています。「完全になりたいと思うのなら、どんな犠牲を払っても、今日、この日から道徳の教えに従って生きることを始めなければならない」と。そのような考えにおびえる必要はありません。その逆で、その通りの生活をすることを喜ぶべきです。これについての自分たちの責任を自覚しなければなりません。(M.K.ガンジー)ETHICAL RELIGION-I CHAPTER I Indian Opinion, 5-1-1907

    Ethics tells us what it(the world) ought to be. It enables man to know how he should act....  And mere knowledge is not enough, it should be followed by appropriate action. An ethical idea is like an architect's plan. The plan shows how the building should be constructed; but is becomes useless if the building is not raised accordingly. Similarly, an ethical idea is useless so long as it is not followed by suitable action.
     There are many who memorize moral precepts and preach sermons, but they neither practise them nor do they mean to do so. There are some who believe that moral principles are not intended to be practiced in this world; they are meant for the other world- the world which lies beyond death. A great thinker has said, "If you wish to attain perfection, you must begin from this very day to live according to the laws of morality at any cost." We need not be scared away by such thoughts; on the contrary we should be glad to live up to them, considering our responsibility in the matter.
ETHICAL RELIGION-I CHAPTER I Indian Opinion, 5-1-1907 vol.6 p.214

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »