関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 悪の根源 | トップページ | 行動が伴ってこそ »

2012年1月27日 (金)

宗教を批判する前に

この世界に、その名に値する宗教が存在するならば、至る所に見られるこのように酷い悪が存在するはずはないと、彼らは主張します。これは、誤った見解です。工員が自分が使う道具に文句を言い、自分自身の欠点を見ようとしないことがよくあるように、自らの悪について考える代わりに、人は宗教そのものにいかさまの烙印を押すのです。そして、好きなように行動し、生活することを続けます。(M.K.ガンジー)

They argue that, if any religion worth the name existed in the world, the inordinate wickedness that is rampant all round would not be there. This is a mistaken view. As it is common for a workman to quarrel with his tools and not try to look for his own faults, so instead of thinking of the wickedness in themselves, men brand religion itself as humbug and go on acting and living as they please.
ETHICAL RELIGION-I INTRODUCTION Indian Opinion, 5-1-1907

« 悪の根源 | トップページ | 行動が伴ってこそ »

religion」カテゴリの記事

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪の根源 | トップページ | 行動が伴ってこそ »