関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月

2011年11月 8日 (火)

悪の根源

 欲望を増大させること、及びそれらを提供するために考案された機械によって、この世界が少しでも目標に近づきつつあるとは、私は信じていません。○○氏は、近代の激増というものを高く評価しています。私は、距離や時間をなくそうとする狂気の沙汰を心から憎むものです。動物的な欲望を増大させ、それらを満たすために地球の果てまで探索に向かう、この狂気をです。近代文明というのが、こういうことを意味するのであれば、そして私はそのように理解しているのですが、私はそれを悪魔の文明と呼びます。そして、今の政府のシステムがそれを象徴しています。貧しい人々の運命を改善する政府の計画に私は不信感を持っています。通貨の改変を信じていませんし、軍隊も信頼していません。文明の名の下に、そして自らの安全のために、この政府は、いつも大衆に血を流させてきました。国民を奴隷にし、権力者たちを栄誉や富で買収してきました。ほめ言葉や富によっても説き伏せられない自由を愛する愛国者に対しては、独裁的な統制の下に押しつぶそうとしてきたのが政府です。もし私に力があるなら、今日、このシステムを壊してしまうことでしょう。最も破壊力のある武器によってそれができると信じているなら、私はそれを用いるでしょう。しかし、そのような武器を使えば、今の政府高官を殺したとしても、システムを永続させることになるだけなので、私はそうしないのです。人の行いではなく、人自身を殺そうとする人たちは、その行いを自分のものにしてしまい、自分が殺した人よりももっと悪い人になってしまいます。彼らは、人を殺せば、その人の行いも消滅すると、間違って信じています。彼らは、悪の根源が何であるかを知りません。
 1920年の運動は、暴力的な手段では、魂のないシステムを変革することはできないことを示すために計画されました。そんなことをすれば、我々自身が魂を失ってしまうからです。システムを改革する唯一の方法は、そのシステムの被害者にならないことです。つまり、非協力です。悪魔が広げる網に私たちを陥れようとするあらゆる誘いに対して、断固「ノー」と言うことです。

     I do not believe that multiplication of wants and machinery contrived to supply them is taking the world a single step nearer its goal. “Comrade” Saklatwala swears by the modern rush. I whole-heartedly detest this mad desire to destroy distance and time, to increase animal appetites and go to the ends of the earth in search of their satisfaction. If modern civilization stands for all this, and I have understood it to do so, I call it satanic and with it the present system of Government, its best exponent. I distrust its schemes of amelioration of the lot of the poor, I distrust its currency reform, I distrust its army and navy. In the name of civilization and its own safety this Government has continuously bled the masses, it has enslaved the people, it has bribed the powerful with distinctions and riches and it has sought to crush under the weight of its despotic regulations the liberty-loving patriots who would not be won over either by flattery or riches. I would destroy that system today, if I had the power. I would use the most deadly weapons, if I believed that they would destroy it. I refrain only because the use of such weapons would only perpetuate the system though it may destroy its present administrators. Those who seek to destroy men rather than their manners adopt the latter and become worse than those whom they destroy under the mistaken belief that the manners will die with the men. They do not know the root of the evil.
     The movement of 1920 was designed to show that we could not reform the soulless system by violent means, thus becoming soulless ourselves, but we could do so only by not becoming victims of the system, i.e., by non-co-operation, by saying an emphatic 'No' to every advance made to entrap us into the nets spread by satan.
Young India, 17-3-1927

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »