関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 肉体労働こそ人の本分② | トップページ | 天罰ではない »

2011年10月 1日 (土)

肉体労働こそ人の本分③

ガンジーによるギータ講話
  
仕事はベダから生まれ、ベダは不滅の大神から生ずる。また、万物万象に遍満する永遠不滅の大神は、常に祭祀の中に宿ると知れ。 ギータ3章15節
 『シュリマド・バガワッドギータ』(池田運訳・講談社出版サービスセンター)

1926年4月15日
 この節は、少し理解するのが難しいです。「知るべきである」とクリシュナはアルジュンに語ります。「カルマ(業)は、ブラーフマン(宇宙の統一原理・神)から生じ、ブラーフマンは、ヤジュナ(祭祀)から生じる」と。・・・
 ブラーフマン(神)がヤジュナ(祭祀・犠牲)から生じるのは、本当のことです。放棄する精神に満たされている人、魂がそれ自身で穏やかに満たされている人、他人の苦しみを自分のこととして苦しみ、すべてに対して同じ態度を保つ最高のヤジュナを実践している人を見かければ、必ずそこにブラーフマン(神)の臨在を確信することになります。・・・
 この世界のあらゆる知識の中で最高の知識とは、自分を知るということです。・・我々は一人残らず労働する者です。富裕者が自らを、肉体労働者と同様の労働者であると認識すれば、労働者も望むものをすべて手にすることになります。そうなれば、労働者は自らの境遇にすっかり満足し、自らの仕事に全身全霊を傾けることでしょう。しかし、もし、労働者が、自分たちは主人と同じだと意図を持って主張するなら、悲惨な結果になるでしょう。我々が独立した時、政治を行うのに英国のやり方に従うなら、我々は主人のように振る舞うことになるでしょう。しかし、主人としての行動はあきらめ、自らを労働者にしたいものです。もし、労働者として働きながら、執着することをやめ、自分自身を無にすることができれば、暗闇から抜け出すことになるでしょう。これこそが、「常に祭祀の中に宿る」というこの節が語っている考えです。
 ・・・あらゆるヤジュナにおいて、神の臨在を感じられることでしょう。そして肉体労働のヤジュナがないところでは、神もまた不在となります。もちろん、神はあらゆる所にいてくださると、我々は信じてはいますが… 人間は、肉体を使って働くことを続け、そのことによって、すべてが回り続けるのです。・・

April 15, 1926
     "Know that action springs from Brahman and Brahman from the Imperishable; hence the all-pervading Brahman is ever firm-founded on sacrifice."3-15
     This verse is a little difficult to understand. “You should know,” Krishna says to Arjuna, “that karma springs from Brahman and the latter from yajna.”....
     It is true that Brahman springs from yajna. Wherever we find anyone filled with the spirit of renunciation, anyone whose atman abides in serene content within itself, who suffers when others suffer and who practises the supreme yajna of maintaining a sameness of attitude towards all, there we may be sure that Brahman is present.....
     The highest knowledge of all in the world is knowledge of the self.... We are all labourers. If the rich would look upon themselves as labourers as much as the people who work with their bodies are labourers, the latter would get all that they want. They would then feel quite satisfied with their condition and devote themselves wholeheartedly to their work. If the working men, however, deliberately claim that they are the equals of their masters, they are sure to come to grief. If we follow the methods of the British in running our government when we have swaraj, we would be behaving as masters. But we wish to give up the ways of masters and turn ourselves into workers. If, while working as labourers, we learn to be detached and make ourselves ciphers, we would come out of the darkness of night. This is the idea in the verse containing the phrase eternally founded in yajna.
     ....in every yajna God's presence may be felt, and that, where there is no yajna of body labour, God, too, is absent, though, of course, we believe that God is present everywhere. Human beings go on working with their bodies and that keeps the cycle going.....

« 肉体労働こそ人の本分② | トップページ | 天罰ではない »

ethics」カテゴリの記事

倫理観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肉体労働こそ人の本分② | トップページ | 天罰ではない »