関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月 2日 (日)

天罰ではない

ガンジーによるギータ講話 1926年4月17日
  
 生類は穀物で身を育て、穀物の生産は雨によって促され、雨は祭祀に応えて降り、祭司は伝統行事をとおして成立する ギータ3章14節
 『シュリマド・バガワッドギータ』(池田運訳・講談社出版サービスセンター)

 ヤジュナ(祭祀)を捧げても、時には雨が降らないことがある事実をどのように説明したらよいでしょうか? 結果というのは、原因の連鎖に従います。そのすべてが我々に見えるわけではありません。ヤジュナの他にも、多くの好都合な状況がないといけません。ある行為が必ずある結果をもたらさねばならないと、信じる根拠は何もないのです。以前その行為を出現させた際には、他に千もの要因が存在した可能性があります。
 どのような出来事や行為であっても影響を与えないものはありません。先の大戦の終わりにあった日本の地震(注:1923年の関東大震災)は、神の怒りの結果だったのでしょうか。○○氏の説明は、人が残酷になると、自然もそうなるというものでした。しかし、自然については、残酷という問いは成立しません。まったく公明正大なものについて、残酷と言うことがどうしてできましょうか。人は、自尊心からあらゆることを行います。しかし、神はそうではありません。神を残酷だと言うことは、人間に当てはめる物差しで、神を測っていることになります。達観的な無神論に至る考え方です。どうして神を人間にまで引きずりおろすことができましょうか。
 別の視点から見てみますと、神は確かに働いておられます。神は、生命と意識を授けてくださっているからです。常に働き、事を成しておられるのは神です。耳がなくても聞き、目がなくても見ておられます。地震は罪に対する罰かもしれないと考えるのは、正しいことではありません。それにまた、どうして我々は、地震が罰だと思わなければならないのでしょうか。ある国が罪に沈んでいて、神が救いたいと思われた場合、その目的で地震を起こすことがあるかもしれません。仮に私が、不道徳な行為をしたいと思っていて、それもひどく憎むべき行為であり、私がやろうとしていることを妨げるという目的で、神が蛇を遣わし、私に噛み付いた場合、このことは神の怒りとなるのでしょうか。神は私を救うためにこれをなされるのです。・・・同様に、王国を手に入れても、善良さによって手に入れた神聖な手柄に違いないと信じるべきではありません。神のやりり方は測り知れません。そのような疑問のすべてに答えを見つけようとすることには、恐れを抱くべきです。ただ、我々にはわからないと答えても良いのです。もちろん、我々は神の掟を知ることはできます。神が何を求めておられるかを尋ねる権利はあります。しかし、賢い人は、好奇心を抑制し、自己を実現するために必要なことだけを知ろうとします。その領域であっても、どこかで限度を設けるべきです。・・・神に賛美を捧げるために必要なことは知ってもかまいません。その目的を十分達成できたなら、その事柄についてそれ以上、好奇心を持たない方が良いのです。

April 17, 1926
     How do we explain the fact that sometimes yajna fails to produce rain?  An effect follows a chain of causes, all of which are not visible to us. Besides yajna, many other favourable circumstances have to be present. We have no ground for believing that a given action must always produce a given effect. There may have been a thousand other factors which had contributed to the appearance of that effect on a previous occasion.
     No event or action is without its effect. Was the earthquake in Japan at the end of the last war the result of Divine wrath? The explanation given by. . . was that when man becomes cruel, nature too may become so. There is, however, no question of cruelty on the part of nature. How can we regard anything which is pure justice as cruelty? Man does everything through pride. Not so God. To attribute cruelty to Him is to measure Him with a yardstick which we apply to human beings. This is the point of view which produced philosophical atheism. How can we turn God into a human being?  From another point of view, He certainly acts, for he bestows life and consciousness. It is He who is ever active and does everything, hears without ears and sees without eyes. It is not correct to believe that an earthquake may be punishment for sin. Why should we believe, either, that an earthquake is a punishment? If a nation is sunk in sin and God wants to save it, He might send an earthquake with that aim. If I wish to commit an immoral act, a most heinous one, and if God sends a snake to bite me in order to prevent me from doing what I intend, would that be His wrath? He does that in order to save me.... Similarly, we should not believe that possession of a kingdom is necessarily the reward of holy merit earned by our goodness. God’s ways are inscrutable. We should be afraid of answering all such questions. We may answer simply that we do not know. Of course, we can know God’s laws, we have a right to ask what they are. But a wise man restrains his curiosity and tries to know only as much as is necessary for attaining self-realization. Even in that sphere, there ought to be a limit somewhere.... We may know what is necessary for us in order to offer praise to God, and, having acquired enough for that purpose, we should have no more curiosity in such matters.

2011年10月 1日 (土)

肉体労働こそ人の本分③

ガンジーによるギータ講話
  
仕事はベダから生まれ、ベダは不滅の大神から生ずる。また、万物万象に遍満する永遠不滅の大神は、常に祭祀の中に宿ると知れ。 ギータ3章15節
 『シュリマド・バガワッドギータ』(池田運訳・講談社出版サービスセンター)

1926年4月15日
 この節は、少し理解するのが難しいです。「知るべきである」とクリシュナはアルジュンに語ります。「カルマ(業)は、ブラーフマン(宇宙の統一原理・神)から生じ、ブラーフマンは、ヤジュナ(祭祀)から生じる」と。・・・
 ブラーフマン(神)がヤジュナ(祭祀・犠牲)から生じるのは、本当のことです。放棄する精神に満たされている人、魂がそれ自身で穏やかに満たされている人、他人の苦しみを自分のこととして苦しみ、すべてに対して同じ態度を保つ最高のヤジュナを実践している人を見かければ、必ずそこにブラーフマン(神)の臨在を確信することになります。・・・
 この世界のあらゆる知識の中で最高の知識とは、自分を知るということです。・・我々は一人残らず労働する者です。富裕者が自らを、肉体労働者と同様の労働者であると認識すれば、労働者も望むものをすべて手にすることになります。そうなれば、労働者は自らの境遇にすっかり満足し、自らの仕事に全身全霊を傾けることでしょう。しかし、もし、労働者が、自分たちは主人と同じだと意図を持って主張するなら、悲惨な結果になるでしょう。我々が独立した時、政治を行うのに英国のやり方に従うなら、我々は主人のように振る舞うことになるでしょう。しかし、主人としての行動はあきらめ、自らを労働者にしたいものです。もし、労働者として働きながら、執着することをやめ、自分自身を無にすることができれば、暗闇から抜け出すことになるでしょう。これこそが、「常に祭祀の中に宿る」というこの節が語っている考えです。
 ・・・あらゆるヤジュナにおいて、神の臨在を感じられることでしょう。そして肉体労働のヤジュナがないところでは、神もまた不在となります。もちろん、神はあらゆる所にいてくださると、我々は信じてはいますが… 人間は、肉体を使って働くことを続け、そのことによって、すべてが回り続けるのです。・・

April 15, 1926
     "Know that action springs from Brahman and Brahman from the Imperishable; hence the all-pervading Brahman is ever firm-founded on sacrifice."3-15
     This verse is a little difficult to understand. “You should know,” Krishna says to Arjuna, “that karma springs from Brahman and the latter from yajna.”....
     It is true that Brahman springs from yajna. Wherever we find anyone filled with the spirit of renunciation, anyone whose atman abides in serene content within itself, who suffers when others suffer and who practises the supreme yajna of maintaining a sameness of attitude towards all, there we may be sure that Brahman is present.....
     The highest knowledge of all in the world is knowledge of the self.... We are all labourers. If the rich would look upon themselves as labourers as much as the people who work with their bodies are labourers, the latter would get all that they want. They would then feel quite satisfied with their condition and devote themselves wholeheartedly to their work. If the working men, however, deliberately claim that they are the equals of their masters, they are sure to come to grief. If we follow the methods of the British in running our government when we have swaraj, we would be behaving as masters. But we wish to give up the ways of masters and turn ourselves into workers. If, while working as labourers, we learn to be detached and make ourselves ciphers, we would come out of the darkness of night. This is the idea in the verse containing the phrase eternally founded in yajna.
     ....in every yajna God's presence may be felt, and that, where there is no yajna of body labour, God, too, is absent, though, of course, we believe that God is present everywhere. Human beings go on working with their bodies and that keeps the cycle going.....

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »