関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 経済の基本原則 | トップページ | 糸車・独立・非暴力 »

2011年9月16日 (金)

奉仕こそ真の力

 我々が第一にやらねばならないことは、この国の人々を人格者にすることです。我々が人格者にならなければ、どのような改革も不可能です。つい最近、スワラージ(独立・自治)を手にしたというのに、建設的な仕事がすでにもう停滞を始めているというのは、嘆かわしいことです。・・・・
 まずは、自らを浄める必要があります。国民会議派(独立運動の中心勢力となったインドの政党:以下、会議派)には常に建設的プログラムがありました。今、会議派は権力を手にしています。ではなぜ、我々のこの仕事が発展していないのでしょうか。我々にやる気がないからかもしれません。・・・我々の心が純粋でないから、状況がこのようであると言わざるを得ません。流れが作られました。こうすれば英国に打ち勝てるという考えに、人々はひかれました。村人たちも、どんどん我々のもとに群がってきました。この国にそのような目覚めが訪れて、我々は喜びました。しかし、先頭にいたのは、インテリ階級の人たちでした。その結果、手にした自由は、本物の自由ではありませんでした。闘いが終わったので、建設的プログラムに対する我々の関心も冷めていきました。建設的仕事は、闘争のための戦略でも、手法でもありません。建設的仕事は、生き方とも言えるでしょう。心と知性の両方でそれを受け入れた人だけが、進めていくことができます。
 ・・・国民会議派は、建設的仕事のための協会に名前を貸し、その運営指針を作ることもしました。しかし、会議派のメンバーは、そこに書いたことを実行することも、重荷を負うこともできませんでした。そのように我々はお手上げ状態なのです。・・・間もなく成年選挙権を手にすることになるでしょう。それは、結構なことです。しかし、成年選挙権を政治権力を手に入れる手段とみなせば、堕落した参政権の行使となるでしょう。
 建設的仕事のための組織の目的は、政治的な力を生み出すことにあります。しかし、もし、政権が引き渡された以上、骨折りの代償として政権は自分たちのものであるはずだと主張するならば、自ら品位を落とし、身の破滅となるでしょう。糸紡ぎ協会を例にとってみましょう。すべての協会の中で、メンバーが一番多いのがこの協会です。しかし、選挙人名簿に協会のメンバーを記載しようとしたことは一度もありません。ある時は、会議派の名簿に協会のメンバーの名前を記載したらどうかという提案がなされましたが、私はそれに反対しました。「会議派を乗っ取りたいのですか」と私は尋ねました。それは会議派の息の根を止めるにも等しい行為です。奉仕という権限を通して初めて、会議派は我々のものとなるのです。・・・実際に起こっていることですが、村の人々が我々のもとにやってきて、だれに投票したらよいか、我々にアドバイスを求めているのです。と言いますのも、村の人々は我々が真の奉仕者であり、利己的な野望をひそかに抱いたりはしていないことを知っているからです。
 今日では、政治は堕落してしまいました。政界に身を置く人々はみんな、汚れてしまっています。そこからは一切身を引きましょう。そうすることで、我々の影響力は増大します。我々の内面が純粋であればあるほど、我々の方で何もしなくても、我々はより強く人々の心をつかむことになります
 今や、私の目は開かれました。英国との闘争で非暴力の名のもとにやってきたことは、本物の非暴力ではなかったことに気付かされました。神は、意図的に私の目をふさいでくださっていました。私を通して、神の偉大な計画を成し遂げたかったからです。その目的が達成できましたので、神は私の目を再び開いてくださったのです。開かれた目で、私には何をしたらよいかがわかっています。・・・
 皆さんがここに集まっているのは、会議派の一翼である建設的仕事を担ってのことです。これについては、どのような委員会にも所属する必要はありません。みなさんの仕事は、大衆の中で行われます。憲法制定会議は今、憲法を作っています。文言を変えさせようと働かなくても良いのです。・・・我々は村をよみがえらせなければなりません。村が栄えるようにし、教育も施し、力づける必要があります。村にしかるべき地位が与えらないのであれば、憲法が何の役に立つでしょうか。・・・今の会議派では、我々が思い描いているような社会を実現することはできないのだと、知らねばなりません。最終的にどのような憲法が出来上がるかは、だれにもわかりません。それに携わっている方々に任せておきなさいと、私は言いたいのです。・・・チャルカ協会は、最大の協会です。資金もあります。地域分散型の政策を遂行中です。危機的状況にあったり、困難に直面していることに気付いていないわけではありません。我々は、もっと優秀で、上級のカディー・スタッフを養成する必要があります。そうしない限り、パンチャーヤト・ラジ(村落国家)を実現することはできません。チャルカ協会のスタッフは、単に自分たちの生計を得るためや、貧困の救済策として、紡ぎ手や織り手たちに賃金を分配するためだけにそこにいるのではありません。その望みにふさわしい目標は、非暴力の社会を作っていくこと、これだけです。しかし、これについては、ほとんど前進できていません。カディーのスタッフが、賃金のためだけにそこにいるのであれば、非暴力の社会を実現するという夢に別れを告げた方が良いです。成功するかどうかは、我々が最大限純粋になれるかどうかにかかっています。短気は致命的です。
 我々は、どちらかと言えば貧しいです。しかし、このように貧しいからと言って、失望したりはしません。やっと今、我々は気づきつつあるのですが、我々のスタッフは皆、都市出身の者たちです。彼らは、非暴力が何であるかすら知っていません。女性が私に糸を手渡す時、彼女はお金のために糸を紡いでいます。どうしてこの女性は、お金をそんなに欲しがるのでしょうか。そのもともとの原因は、貧困です。このおおもとの原因こそ、我々は撲滅しなければなりません。今、カディーはどこにあるでしょうか。カディーを着ている人々は、政治的な目的のためにそうしています。そこには良いところは何もありません。我々の取り組みは、ゆっくりかもしれません。しかし、それを通して、大きな力を獲得することになります。会議派の憲法については、忘れることにしましょう。と言いますのも、憲法が制定されてからも、我々の取り組みは継続していかねばならないからです。我々は、別のやり方で自分たちの目的を追求していかねばなりません。大臣になりたいという野望に屈してはなりません。
 本当に貧しい村人は、困窮という亡霊に取りつかれています。必需品を手に入れる以上のことは考えられません。この村人には、非暴力がわかりませんし、私も彼に非暴力の話をしたいとは思いません。私がするとすれば、この人が糸紡ぎを上手になり、まずまず最低限生活できる賃金を得られるようにしてあげることくらいです。我々の仕事が、しっかりさえしていれば、小規模でも構いません。2、3か月もすれば憲法制定の仕事は終わるでしょう。その後は何をすべきでしょうか。実際に行動を起こし、成功へと導く責任はあなた方の肩にかかっています。皆さんが心に描いているまさにそのままの憲法が手に入ったとしましょう。しかし、うまく機能させることができなければどうでしょうか。5年後には、次のように言う者が現れるでしょう。「あなたの出番は終わりです。今度は我々の番ですよ」と。皆さんは諦めねばなりません。そして、彼らが権力を握ろうとするでしょう。独裁体制を敷き、国民会議派を締め出すかもしれません。これと対照的に、権力は握らないが、人心を手中に握っている場合を考えてみましょう。誰でも願う人を選挙で選出して送り出すことができます。選挙人の支持を得ている限り、会派の一員になるならないの心配は忘れてしまうことです。根本的なことを考え、それをできるだけ大切にすべきです。自分をどの程度まで純粋にできたかが、唯一の基準となります。この精神に満たされたものが数人いるだけで、状況を変えることができます。人々はすぐにその変化を見て取り、それに対して反応が鈍いということはないはずです。努力を要する困難な仕事ではありますが、報いも大きいのです。

DISCUSSION AT CONSTRUCTIVE WORKS COMMITTEE MEETING  NEW DELHI, December 11/12, 1947
     The first thing we have to do is to improve our national character. No revolution is possible till we build our character. The pity is that though swaraj is so recent an achievement, there is already a slackness in constructive efforts....
     We must first purify ourselves. The Congress has always had the constructive programme. Now it has the power. Why is it then that our work is not progressing? It may be that we have no heart....  I can say that things are in such a state because our hearts are not pure. A current was generated. The people caught on to the idea that that was the way to overcome the British. Villagers too flocked to us in ever larger numbers. It gladdened us that there was such awakening in the country. But in the forefront were intellectuals.  And the result was that the freedom that came was not true freedom.  The fight being over, our interest in the constructive programme waned. Constructive work is not a strategy or a technique of fighting.  Constructive work connotes a way of life. It can be carried on only by men who have adopted it by the heart as well as by the intellect.
     ....The Congress lent the constructiv workers' Sanghs its name and also gave them the charter to function.  But the Congressmen failed to come up to the scratch and to shoulder the burden. Such is our bankruptcy....  Soon we shall have adult suffrage. That is a good thing. But to regard adult suffrage as a means of capturing political power, would be to put it to corrupt use.
     The objective of the constructive works organizations is to generate political power. But if we say that political power having come, it must be ours as a price for our labours, it would degrade us and spell our ruin. Take the case of the Charkha Sangh. It has the largest membership of all the Sanghs. But we have never endeavoured to get its members enrolled on the voters' list. It was suggested at one time that we should get their names enrolled on the Congress register.  I opposed it.  "Do we want to capture the Congress?", I asked. That would be tantamount to killing it. The Congress can be ours only by right of service....  What actually happened was that the people from the village came and sought our advice as to whom they should give their vote, because they knew that we were their true servants and had no axe to grind.
     Today politics has become corrupt. Anybody who goes into politics gets contaminated. Let us keep out of it altogether. Our influence will grow thereby. The greater our inner purity, the greater shall be our hold on the people, without any effort on our part.
     My eyes have now been opened. I see that what we practised during the fight with the British under the name of non-violence, was not really non-violence.  God had purposely sealed my eyes, as He wanted to accomplish His great purpose through me. That purpose being accomplished, He has restored to me my sight. Now I can see with open eyes what is to be done....
     You have met here as the constructive wing of the Congress. For that you need not get into any committee. Your work is among the masses.  The Constituent Assembly is today forging the Constitution. Do not bother about making changes in it....We have to resuscitate the village, make it prosperous and give it more education and more power. What good will the Constitution be if the village does not find its due place in it?... We must recognize the fact that the social order of our dreams cannot come through the Congress of today. Nobody knows what shape the Constitution will ultimately take.  I say, leave it to those who are labouring at it.... The Charkha Sangh is the biggest Sangh. It has funds. It is pursuing the policy of decentralization. I am not unaware of its perils and its difficulties. We have to create a superior, more advanced type of khadi worker. Not till then, shall Panchayat Raj become a reality. The workers of the Charkha Sangh are not there merely to earn a living for themselves or merely to distribute some wages to the spinners and weavers, etc., by way of poor relief. The only goal worthy of their ambition is to create a non-violent order of society. But, in this they have not made much headway. If our khadi workers are there for wages only, then we had better bid good-bye to the dream of realizing a non-violent social order. The success will depend on our uttermost purity. Impatience would be fatal.
     We are today rather poor. But this poverty does not discourage me. Only now we are coming to realize that all our workers are from cities. They do not even know what non-violence is. When a woman gives me yarn she does it for money. But why does she covet money?  The root cause is poverty. It is that root we have to destroy. Where is khadi today? The people who wear khadi do so to gain political ends.  There is no credit in it. Our work may be slow but we can generate great strength through it. Let us forget about the Congress Constitution, because even after the Constitution has been given shape our work must go on. We have to pursue our ends in a different way.  You must not succumb to the desire to become ministers.
     The really poor villager is haunted by the spectre of destitution.  He cannot see beyond the satisfaction of his primary needs. The villager does not understand non-violence, nor do I talk to him of it, but I try only to see that he becomes a good spinner and gets a fair minimum subsistence wage. I do not mind if the volume of our work is small, so long as it is solid. Constitution-making will be over in a few months. What next? The responsibility of working it and making a success of it will rest on you. Suppose you get a constitution after your heart, but it does not work. After five years, someone will say: 'You had your innings, now give us a chance.'  You will have to give in and they may try to seize power, set up a dictatorship and strangulate the Congress. Per contra, suppose you do not assume power but gain hold on the public, you will be able to return at the polls whomsoever you may wish. Forget membership so long as the voters are in your hand. Think of the root and take care of it as much as you can, and make self-purification the sole criterion. Even a handful imbued with this spirit will be able to transform the atmosphere. The people will soon perceive the change and they will not be slow to respond to it. Yours is an uphill and difficult task but it is full of rich promise.
vol.98 pp.34-38

« 経済の基本原則 | トップページ | 糸車・独立・非暴力 »

constructive program」カテゴリの記事

建設的仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経済の基本原則 | トップページ | 糸車・独立・非暴力 »