関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 糸車・独立・非暴力 | トップページ | 肉体労働こそ人の本分② »

2011年9月28日 (水)

肉体労働こそ人の本分

ガンジーによるギータ講話
ギータ第3章 実践の行  10節
  アルジュン! 宇宙の草創期に祭祀によって生類を創造したあと、創造神ブランマさまは生類にこう告げられたのだ。--
 祭祀を行い、末長く繁栄せよ。祭祀は、望みのものをすべて与えるのだ。 

 『シュリマド・バガワッドギータ』(池田運訳・講談社出版サービスセンター)

1926年4月13日
 「神はヤジュナ(祭祀)によって生類を創造し・・・」どのようなタイプのヤジュナ(祭祀)のことを、ここで言っているのでしょうか?この用語には、何か特別の意味が含まれているのでしょうか? 私は含まれていると思います。ここで言われていることは、精神的、あるいは知的労働のことではありません。ブラーマ(創造神)は、人類に頭脳労働だけで満ちて、繁栄することを要求したのではありません。肉体のヤジュナを通して繁栄しなさいということを創造神は語っているのです。つまり、肉体労働をすることによってです。他の宗教の聖典も同じことを命じています。聖書には、「お前は顔に汗を流してパンを得る」と書いてあります。このように、肉体労働というのは、この人生において我々に割り当てられた運命です。ですから、奉仕の精神でこれを行い、それをクリシュナ神に捧げるのが、一番良いことです。このような精神で生涯、労働をする人は皆、悪に染まることはなく、あらゆる束縛から解放されています。そのような人は、国王の兵士のようです。命令を実行することに満足しているのです。将軍と同じくらい尊い存在です。神の目には、両方が等しく尊いのです。なぜなら、神は人の態度にだけ目を注ぐからです。・・・
 この節では、我々は肉体労働をして奉仕をすべきだと語られています。人は、そのような労働をしなければ生きることができません。もし、人がこの法則を破ることがなかったならば、今のように苦しむこともなかったでしょう。金持ちが、膨大な富を手中におさめ、他方、大多数が貧困に苦しむこともなかったでしょう。神様は、偉大なる経済学者です。神には不可能はありません。我々であれば、将来に備えて物を蓄えることを完全に止めることはできないでしょう。しかし、神は決して蓄えたりはなさりません。なぜなら、神は心に思い描くだけで、この宇宙を破壊したり、創造することがおできになるからです。ですので、神様は、私たちにその日その日の備えだけをするように求めておられます。次の日に何かが必要であるなら、我々はそのために働かなければなりません。労働をしなければ、つまり、体を曲げて、身体を使って働かなければ、我々は破滅することになると神は警告しています。我々はあらゆる種類の苦しみに喜んで耐えなければならないと、神は命じています。人生のこの法則を尊重するなら、飢餓も、罪も、不道徳もこの世界に存在しないでしょう。この世界のために24時間労働する人は、邪悪な欲望に揺れ動くことは決してありません。(私が24時間と言いましたのも、人は、寝ているときも働きを続けるものだからです) 今日の我々のように、この世界の労働者が邪悪な欲望のとりこになっていれば、この世界は存続できないでしょう。金持ちはあらゆる贅沢を追求しています。労働者も、同じことをすれば、世界はどこに向かうでしょうか。人はあらゆる欲望を満たすために生まれたとする考えが、西洋では今や主流となっています。不法が蔓延しつつあります。もし人がシャベルやつるはしを持って働くなら、邪悪な欲望に心が乱されることがあるでしょうか。ですから、我々は、この規制に従うべきなのです。もし我々が肉体のヤジュナを適切に実行するなら、すべてが我々にとってうまくいくようになります。我々の魂および、この世界の良い点を伸ばしていくことになります。我々の頭と身体は魂に制御されることになり、澄み切った静けさに満たされます。・・・
 必要なことは、始めることです。信仰を持っている人は、困難があってもめげずに、使命を遂行します。そのような人は、失敗ということを知りません。失敗は確かにあると、世間が言ったとしても、この人は、失敗が何かを知りませんと言うでしょう。何事にも左右されない仕事とは、まさにこれです。このような人は、何かを望むこともありません。忍耐強く仕事に取り組みます。策略を巡らせることもありませんし、性急に結果を求めることもしません

April 13, 1926
    "Along with yajna the Lord created men."  Which type of yajna is meant here? Does the term have any special meaning? I think it has. The reference here is not to mental or intellectual work.  Brahma did not ask human beings to multiply and prosper merely by working with their minds; what He meant was that they should do so through bodily yajna, by working with the body. Scriptures of other religions enjoin the same thing. The Bible says: “With the sweat of thy brow thou shalt earn thy bread." Thus bodily labour is our lot in life; it is best, then, to do it in the spirit of service and dedicate it to Shri Krishna. Anyone who works in that spirit all his life becomes free from evil and is delivered from all bonds. Such a person is like a soldier in the King's army, who is content to carry out orders. He is as worthy as the General. Both have equal value in God's eyes, for He looks only to the attitude....
     This verse tells us that we should undertake bodily labour to do service. Man simply cannot live without such work. If he had not violated this law, he would not suffer as much as he does, the rich would not have become masters of immeasurable stores of wealth and the millions would not be suffering in poverty. God is a great economist. He is omnipotent. We cannot refrain completely from storing things for future use. But God never stores, for he can destroy and create the universe with a mere thought. He wants us, therefore, to provide only for each day. If we want anything the next day, we must labour for it. He has warned that we are doomed if we do not labour, if we do not bend the body and work with it. He has commanded that we should willingly endure every kind of suffering. If we honour this law in our life, there would be no hunger and no sin or immorality in this world. Evil desires will never disturb a man who labours all the twenty-four hours for the good of the world (I say twenty-four hours because one keeps working even in sleep.). If the labourers in the world were filled with evil desires as we are, the world could not last.  The rich seek all kinds of luxuries. If the workers, too, did that, where would the world be? In the West, nowadays the idea has come to prevail that men and women are born to gratify all their desires.  Adharma is being propagated. If people worked with the shovel or pick-axe, would they be disturbed with evil desires? We should submit ourselves, therefore, to this restraining law. If we do our bodily yajna properly, all will be well with us, we shall advance the good of our atman and of the world, our mind and body will be ruled by our atman and we shall be filled with serene peace....
     All that is necessary is to make a start. A man of faith will go ahead with his work, undeterred by difficulties. He knows no such thing as failure. Let the world believe in failure, he would say, I do not know what it is. This is what is meant by disinterested work. Such a person hopes for nothing, and works in patience; he resorts to no scheming and is never in too much hurry for the result.

« 糸車・独立・非暴力 | トップページ | 肉体労働こそ人の本分② »

ethics」カテゴリの記事

倫理観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 糸車・独立・非暴力 | トップページ | 肉体労働こそ人の本分② »