関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 肉体労働こそ人の本分 | トップページ | 肉体労働こそ人の本分③ »

2011年9月30日 (金)

肉体労働こそ人の本分②

ガンジーによるギータ講話
ギータ第3章 実践の行  10節
  アルジュン! 宇宙の草創期に祭祀によって生類を創造したあと、創造神ブランマさまは生類にこう告げられたのだ。--
 祭祀を行い、末長く繁栄せよ。祭祀は、望みのものをすべて与えるのだ。

  『シュリマド・バガワッドギータ』(池田運訳・講談社出版サービスセンター)

1926年4月14日
 我々は昨日[9月28日付のブログ記事参照]、ヤジュナ(祭祀)という用語の意味について考えました。手足を使うこと、労働すること、他者の利益のために働くこと。これらの考えが、この一つの節から浮かび上がってきます。「ヤジュナ(祭祀)によって人は創造された」とは、どういう意図で語られたのでしょうか。輪廻転生、年を取ること、死を避けることができない我々ですので、肉体労働もまた、避けることができない我々の人生における宿命なのです。しかし、実際には、人は自己中心になってしまい、あらゆることについて自分の欲望に従い、快楽にふけるために働いているのが現実です。しかし、このような方向で、この世界が続いていくことはあり得ません。世界が存続できないのなら、このようにふるまう個人も生きていくことはできません。人は、無力な存在としてこの世に生を受けました。子どもには父母のように誰か世話をしてくれる人が必要です。人は依存した状態で生まれ、人に頼りつつ死んでゆきます。・・・このように、あらゆることにおいて、他者に依存しているのが人間です。人間が自分の思い通りにできるのは、ほんの少しのことに過ぎません。ですから、あらゆることをヤジュナの精神で行うのが、人にとって最も良いことです。・・・この時代においては、適切とされるヤジュナは糸紡ぎです。・・・
 私がヤジュナにこのような意味を付随させるようになったのは、もうずっと前からです。私が初めてギータ(ヒンズー教の聖典)を読んで以来、私はそのような意味でこの言葉を理解してきました。ロシア人作家ボンダレフが「パンのための労働」について述べていることもまた、私の考えを追認してくれています。しかし、そもそもの最初から、私はこのように考えていましたし、年月を経るごとにその思いは強くなりました。ロシアの作家は、真理の一面を指摘しています。我々はもう一方の側面も理解しています。パンのための労働について、今では我々はもっとよく理解しています。なぜなら、ヤジュナというのは、我々にとっては生計を維持するための労働ではないからです。このヤジュナという言葉から連想される事柄のおかげで、我々はヤジュナというのを、この意味だけに限定することはしていません。この文脈での労働は、肉体労働のことです。12時間労働してきた人だけが、食べるべきなのです。ブラーフマチャールヤ(禁欲を守るべき学生期)を誠実に守り、純潔を保ち、邪悪な欲望から解放されていたいならば、そういう人は誰でも、肉体労働に従事しなければなりません。肉体労働者は、我々ほど、そのような欲望に支配されたり、揺れ動かされることがありません。彼らは頭脳明晰ではないかもしれません。しかし、邪悪な欲望の餌食になるくらいなら、頭脳が冴えない方がましです。この世界は、インテリ階級の人がいなくても存続できますが、すべての人が肉体労働を拒否したら、どうにも立ち行きません。我々は、知性を用いて、肉体労働の法則を確認してきました。肉体労働の普遍的形態の一つとして、農業があります。ですので、農業はヤジュナとみなされなければなりません。
 

「祭祀によって力を増した天人は、おまえたちが求めなくてもかならず豊かな福徳を施してくれるだろう。天人の授ける福徳をただ浪費するだけで、なにも返さないものは紛れもない泥棒だ。」ギータ3章12節
 『シュリマド・バガワッドギータ』(池田運訳・講談社出版サービスセンター)

 ヤジュナ(祭祀)、つまり、他者のためになされるあなたの働きや肉体労働によって、喜びに満たされた天人(神々)は、あなたの望みを満たす術を授けてくださいます。つまり、社会という形をまとった神々が、それらをあなたに授けてくださるのです。神々が授けてくださるものを受け取りながら、他者に何も返さない者は皆、泥棒です。社会のために肉体労働をしない者は、泥棒です。

 「口に入れるものは神饌のおさがりだけという善人はあらゆる罪障から解放されるが、肉体を養うためにのみ食う悪人は、自らの罪を食らうことになる」ギータ3章13節
 『シュリマド・バガワッドギータ』(池田運訳・講談社出版サービスセンター)

 ヤジュナの後に残されたものだけを食べる聖人は、あらゆる罪から解放されます。食べるために得た物をまずクリシュナ神である社会に捧げる人たちは、罪から解放された生涯を歩みます。しかし、自分たちのためだけに食物を料理する人たちは、自己中心的な目的のためだけに働く人は、食べるものから罪だけを摂取することになります。だから、人は、定期的に、日々ヤジュナを行う、つまり犠牲を捧げるべきなのです。そして、その犠牲の根底にあるのが、肉体労働です。最大のヤジュナは、まさにこの神の第一の命令を守ることにあります。人は皆、この命令を携えてこの世に生まれたのです。

 「なぜなら、生類は穀物で身を育て、穀物の生産は雨によって促され、雨は祭祀に応えて降り、祭司は伝統行事をとおして成立するからだ。」ギータ3章14節
 『シュリマド・バガワッドギータ』(池田運訳・講談社出版サービスセンター)

 もし、人が何もしなければ、雨も降りません。つまり、人がヤジュナを行わないならば、雨が降らないというのです。必要な働きは、なされなければならないのです。・・・

April 14, 1926
     We discussed yesterday the meaning of the term yajna. Using one's limbs, labouring, working for others' good, these ideas follow from this one verse. What is meant by saying that mankind was created along with yajna? As we cannot escape the cycle of birth, old age and death, so also bodily labour is our lot in life from which there is no escape. But what actually happens is that man becomes selfcentred and follows his own wishes in every matter, or works in order that he may be able to indulge in pleasures. But the world cannot go on thus, and if the world cannot go on, the individual who behaves in this manner also cannot live. Man is born a helpless creature. The child needs someone--a mother-god or father-god--to look after it.  Man is born dependent, and dies in dependence..... Man is, thus, dependent on others in all things. He is his own master in only a few matters. It is, therefore, best for him to do everything in the spirit of yajna....The right yajna for this age is the yajna of spinning....
     It is not recently that I have come to attach this meaning to yajna; I have understood it in that sense ever since I first read the Gita. What I read about the Russian writer Bondoref's [views on] “bread labour” only confirmed my idea, but the idea was with me from the beginning and has grown stronger with years. The Russian writer has stated one side of the truth. We understand the other side too. We now understand the idea of bread labour better, for by yajna we do not mean labour as a means of livelihood. Thanks to the associations which the term calls up, we do not restrict yajna to mean this and no more. Labour in this context means bodily labour. He alone should eat who has laboured for twelve hours. Anyone who sincerely wants to observe brahmacharya, to preserve purity and to be free from evil desires, must engage himself in bodily labour. People who do physical work are not subject to the sway of such desires as much as we are. Maybe they are dull in mind; but it is better to be dull in mind than to be a prey to evil desires. The world would go on even if there were no intelligent men and women in it, but it would be nowhere if all people refused to do physical work. We have exercised our intelligence in acknowledging the law of bodily labour. The one universal form of such labour is agriculture and it should, therefore, be looked upon as yajna.
    “Cherished with sacrifice, the gods will bestow on you the desired boons.” He who enjoys their gifts without rendering aught unto them is verily a thief.
     The gods, gratified by yajna, that is, by your work for the service of others and your bodily labour, will grant you the means to gratify your desires; that is, the gods in the form of society will grant them to you. Anyone who receives what they give but offers nothing to others is a thief. He is a thief who does not do bodily labour for society.
     The righteous men who eat the residue of the sacrifice are freed from all sin, but the wicked who cook for themselves eat sin.
     Those holy persons who eat only what is left behind after the yajna is over become free from all sins. They who first offer to society, to Shri Krishna, what they get to eat, live free from sin. But those who cook food only for themselves, who work only for selfish ends, take in nothing but sin when they eat. That is why one should regularly and daily perform yajna, make a sacrifice, of which body labour is the foundation. The greatest yajna consists in observing the very first commandment of God, the commandment with which every human being is sent into this world.
     From food springs all life, from rain is born food; from sacrifice comes rain and sacrifice is the result of action.
     If people did nothing, there would be no rains, which means that there would be no rains if people did not perform yajna. Work which is necessary must be done....

« 肉体労働こそ人の本分 | トップページ | 肉体労働こそ人の本分③ »

ethics」カテゴリの記事

倫理観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肉体労働こそ人の本分 | トップページ | 肉体労働こそ人の本分③ »