関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月11日 (木)

武力に優る非暴力 ペシャワールの大学での演説

 武器を持たない非暴力は、いついかなる時も、武力よりも遙かに優っています。私にとって、非暴力を受け入れるというのは、本能的なものです。子供の頃からの躾の一部でしたし、家庭の影響でもあります。私は非暴力の教えを50年間説いてきました。私は南アフリカで、非暴力がより優れた力であることに、気づきました。そこでは、私は組織的な暴力や人種的偏見を前にして、非暴力で対抗しなければなりませんでした。私は南アフリカで非暴力を実践しました。パシュトゥーン人(ペシャワールに多くすむ民族・イスラム教徒:ガンジーは彼らに向かって講演している)の方々と同様に、南アフリカでも皆、武装しており、政府は徴兵制度を導入していました。一握りのインド人が、どうやって武装したアフリカ政府と戦えるだろうかと、人々は言っていました。非暴力のやり方が暴力よりも優れているという確信を得て、私は南アフリカから戻ってきました。インドでも、我々は、自分たちの権利を獲得するために非暴力を用いてきました。そしてある程度の成功を収めてきました。
 暴力のやり方に、たくさんの訓練が必要であるならば、非暴力を遂行するにはなおのこともっと多くの訓練が必要ですし、その訓練は、暴力の訓練よりも遙かに難しいものです。非暴力の訓練の第一の必須事項は、神に対する生きた信仰です。神への生きた信仰を持つ人は、口で神の名を唱えながら、悪をなすことは決してありません。剣に頼ることはありません。ただひたすら神にだけ、寄り頼みます。大変多くのイスラム教徒が、神の名のもとに罪を犯しました。ラーマ神の名を唱える大変多くのヒンズー教徒が、同様の罪を犯しました。神をまじめに信じている人は、手に棍棒を持つ必要がありません。神の名を繰り返し、カルマ(イスラム教の基本的な祈り)を唱える人が、アラーの信奉者であるとは限りません。あらゆる魂に神を認める人だけが、神の人です。そのような人には、他人を殺すことはできない相談です。しかし、あなたはおっしゃるかもしれません。臆病者が剣を用いないと言って、神を信じているふりをすることもあるだろうと。臆病によって、神への信仰が示されることは決してありません。本物の神の人というのは、剣を用いる力を持ちながら、すべての人が神のかたちに造られていることを知っているのでそれを用いません
 イスラム教徒は、人類は兄弟だと信じているそうです。しかし、言わせていただきたいのですが、それはイスラム教徒の中だけの兄弟関係ではありません。普遍的な兄弟関係であるはずです。そこから、非暴力の訓練における2番目の必須事項に至ります。我々は、非暴力を手段として信じてはなりません。信仰の項目にすべきです。イスラム教のアラーは、キリスト教のゴッド(神)と同じであり、ヒンズー教のイーシュワラ(神)と同じです。ヒンズー教では、神に非常にさまざまな名前がついていますが、イスラム教にも神に様々な名前があります。名前は、別個の人格を示すのではなく、特性を示しています。取るに足らない人間が、偉大なる神を控えめなやり方で表現しようとして、神の特性を名前にしていったのです。どんな特性を名前にしても、神はそれを超える存在です。説明することも、心に描くことも、測ることもできない存在です。この神に対して生きた信仰を持つということは、人類がみな兄弟であるのを受け入れるということです。すべての宗教を同じように尊重するということでもあります。イスラム教が皆さんにとって大切であるように、ヒンズー教が私には大切であり、クリスチャンにはキリスト教が大切なのです。自分の宗教が他の宗教よりも優れていると信じ、他の人にも自分が信じる信仰に改宗してほしいと思い、それを正しいことだと信じるのは、不寛容の極みでしょう。そして、不寛容は、暴力の一種です。
  3番目の必須事項は、真理と純粋さを受け入れるということです。神に対する能動的な信仰を宣言する人であれば、純粋で真実にならざるを得ないからです。
 ・・・非暴力をインドや世界に伝いたいのであれば、長い経験を土台にした私の助言に従うべきです。・・・神もまた人を通して、彼らの心を動かすことで助けてくださいますでしょう。私は世界を旅してきました。そして、非暴力の教えが意味することを人々がしっかりと理解して、受け入れていないのを見てきました。我々は、インドの宝を非暴力で守らねばなりません。国民の大多数がこの教えが意味することを十分に理解する必要があります。非暴力は、信じる宗教に関係なく、すべての人に語られています。
 非暴力の信奉者として、我々は暴力を忘れるのです。もしイスラム教が皆さんにとって大切であるなら、ヒンズー教は私にとって大切なのです。そこからまっすぐに引き出される結論は、互いの宗教を自分のと同じように尊重しなければならないということです。
 リーダーであると自称する人は、その意味することを生きるべきですし、日々の生活でそれを表現する必要があります。さて、みなさんは兵卒ではありません。みなさんは、民族のリーダーになる方です。非暴力の将軍として、せいぜい兵士になるだけの普通の人よりも特別の訓練を必要としています。みなさんの非暴力は、狂気の沙汰であったり、臆病者の非暴力ではありません。剣を携えた人よりも強くなるはずです。その理想を生きることができれば、非暴力によって、自分たちが骨抜きにされてしまうと言い訳をする人はいなくなるでしょう。その時、みなさんの非暴力は、最も勇敢な非暴力となるのです。

     The power of unarmed non-violence is any day far superior to that of armed force. With me acceptance of non-violence was instinctive, it was part of my training and home influence in childhood. I have been preaching the creed of non-violence for 50 years.  Its superior strength I came to realize in South Africa where I had to pit it against organized violence and racial prejudice. I practised it in South Africa, where everybody, like the Pathans, is armed and the Government has introduced conscription.  The people said how a handful of Indians could fight the African Government with that weapon. I returned from South Africa with a clear conviction of the superiority of the method of non-violence to that of violence.  In India also, we have used it for gaining our rights and we have achieved some measure of success.
     If the method of violence takes plenty of training, the method of non-violence takes even more training, and that training is much more difficult than the training for violence. The first essential of that training is a living faith in God. He who has a living faith in God will not do evil deeds with the name of God on his lips. He will not rely on the sword but will rely solely on God. Lakhs of Muslims commit sins in the name of God and lakhs of Hindus who say “Rama” do likewise.  A genuine believer in God need not have a stick in his hand.  One who repeats God's name and recites the kalmah may not be Allah's devotee. He alone is a man of God who sees God in every soul. Such a man would not be prepared to kill another. But you may say that a coward may also pass off as a believer in God saying he does not use the sword. Cowardice is no sign of belief in God. The true man of God has the strength to use the sword, but will not use it knowing that every man is the image of God.
     Islam, it is said, believes in the brotherhood of man. But you will permit me to point out that it is not the brotherhood of Mussalmans only but it is universal brotherhood, and that brings me to the second essential of the training for non-violence. We must not believe in nonviolence as a policy, but as an article of faith.1 The Allah of Islam is the same as the God of Christians and the Ishwara of Hindus. Even as there are numerous names of God in Hinduism there are as many names of God in Islam. The names do not indicate individuality but attributes, and little man has tried in his humble way to describe the mighty God by giving Him attributes, though He is above all attributes, Indescribable, Inconceivable, Immeasurable. Living faith in this God means acceptance of the brotherhood of mankind. It also means equal respect for all religions. If Islam is dear to you, Hindusim is dear to me and Christianity is dear to the Christians. It would be the height of intolerance-and intolerance is a species of violence-to believe that your religion is superior to other religions and that you would be justified in wanting others to change over to your faith.
     The third essential is the acceptance of truth and purity, for one claiming to have an active faith in God cannot but be pure and truthful.
     ・・・If you want to preach non-violence in India and the world at large, you must accept my advice in the matter based on long experience....God also helps through people by moving their hearts. I have travelled throughout the world and seen that people do not realize and appreciate the full implications of the non-violence creed. We have to defend India's wealth with non-violence.  Millions of our people will have to fully realize the implications of this creed. Non-violence is meant for all irrespective of faith.
     As votaries of non-violence we will forget violence. If Islam is dear to you and Hindusim is dear to me, sheer logic will force you to the conclusion that we must have equal respect for each other's religion.
     Those who claim to lead have to live up to all the implications and express them in their daily life. Now, you will not be the rank and file, but you will be leaders of your people. As generals of nonviolence you need special training than ordinary people, who can at best be soldiers. Your non-violence will not be of the lunatic or the coward. It will be stronger than of one with the sword. If you can live up to the ideal, you may be sure that no one will have any excuse for saying that non-violence is going to emasculate you. Yours will be the
non-violence of the bravest.
SPEECH AT ISLAMIA COLLEGE, PESHAWAR  May 4, 1938
Harijan, 14-5-1938, and The Hindustan Times, 5-5-1938
vol.73 pp.144-145

2011年8月 7日 (日)

恒久平和を願って

 恒久平和が実現可能だと信じないのは、人間の中にある神的な存在を信じないということです。これまでのやり方がうまくいかなかったのは、そのために奮闘してきた人々の方に、もっとも根本にあるべき誠実さが欠けていたからです。これが欠けていることに気づいていたのでもありません。平和は、達成するための条件の一部を遂行するだけでは、手に入りません。化学反応であっても、それに必要な条件が全部揃わなければ、反応は起こりません。破壊の動力源を手元に握っている人類の指導者と目される人々が、それを使用することから完全に手を引くならば、その意味することを十分に知った上でそうするならば、恒久平和を達成できます。地上の大国が、その帝国主義の野望を捨てることをしなければ、これは全くできない相談です。魂を破壊する競争をよいことだと信じたり、欲望の拡大を望んだり、そして、それゆえ物質的な富の増大を願ったりすることをやめない限り、無理でしょう。私は確信しているのですが、悪の根源には、生ける神への生きた信仰の欠如ということがあります。人類にとって、これほどの悲劇はないのですが、イエスのメッセージを信じていると主張する地上の民族が、彼らはイエスのことを平和の君と呼んでいるのですが、そう主張する彼らが、実際の行動でその信じていることを見せてくれることがほとんどありません。まじめなクリスチャンの聖職者たちが、イエスのメッセージの及ぶ範囲を選ばれた個人にだけ限っているのを見るのは、心痛むことです。子供の頃から教えられてきましたし、実際の生活でもその正しさを試してきましたが、人にとって最も大切な美徳を、人類のもっとも卑しい者であっても養い育てることができます。この疑うことのできない普遍的な可能性こそ、人間が、神によって創造された他の生物と際だって異なっているところです。大国の一国であっても、手放すという最高の行為を無条件で実行するならば、私たちの多くが生きている間に、この地上に見える形で平和が実現するのを目にすることでしょう。
Harijan, 18-6-1938

     Not to believe in the possibility of permanent peace is to disbelieve the godliness of human nature. Methods hitherto adopted have failed because rock-bottom sincerity on the part of those who have striven has been lacking. Not that they have realized this lack. Peace is unattainable by part performance of conditions, even as a chemical combination is impossible without complete fulfilment of the conditions of attainment thereof. If the recognized leaders of mankind who have control over engines of destruction were wholly to renounce their use, with full knowledge of its implications, permanent peace can be obtained. This is clearly impossible without the great Powers of the earth renouncing their imperialistic design. This again seems impossible without great nations ceasing to believe in soul-destroying competition and to desire to multiply wants and therefore increase their material possessions. It is my conviction that the root of the evil is want of a living faith in a living God. It is a first-class human tragedy that peoples of the earth who claim to believe in the message of Jesus who they describe as the Prince of Peace show little of that belief in actual practice. It is painful to see sincere Christian divines limiting the scope of Jesus’ message to select individuals. I have been taught from my childhood and tested the truth by experience that the primary virtues of mankind are possible of cultivation by the meanest of the human species. It is this undoubted universal possibility that distinguishes the humans from the rest of God's creation. If even one great nation were unconditionally to perform the supreme act of renunciation, many of us would see in our lifetime visible peace established on earth.
Harijan, 18-6-1938
vol.68 pp.209-210

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »