関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 魂の力 | トップページ | 恒久平和を願って »

2011年7月30日 (土)

浄化を促す運動

 ローラット法案が公表された時、人間の自由をあまりにも制限する法案なので、最大限の抗議をしなければならないと、私は感じました。..... しかも、つぶされてしまったり、暴力へと発展していかないように、これから行う運動には、明確な方向付けがなされなければならないということも、感じました。
 ですから私は思い切って、市民的抵抗の面を強調して、サティヤーグラハをこの国に提示しました。そして、これは純粋に自分の内面に向かい、浄化を促す運動ですので、4月6日の1日を、あらゆる仕事の手を休めて断食と祈りに捧げるように提案したのです。.....この提案を広めるためには、昨年の3月24日にマドラスで次のメッセージを公表することしかしませんでした。:
 「サティヤーグラハは、これまでに何度か集会で説明してきたように、本来、宗教的な行動です。心を浄め、悔い改める過程を言うのです。苦しみを自分で引き受けることで、改革を実現し、憤りの救済を目指すのです。....

     When the Rowlatt Bills were published, I felt that they were so restrictive of human liberty that they must be resisted to the utmost..... I felt, too, that the oncoming agitation needed a definite direction, if it was neither to collapse nor to run into violent channels.
     I ventured therefore to present satyagraha to the country, emphasizing its civil resistance aspect. And as it is purely an inward and purifying movement, I suggested the observance of fast, prayer and suspension of all work for one day--the 6th of April.....  I took no steps to further the idea beyond publishing the following message on the 24th March last at Madras:
     Satyagraha, as I have endeavoured to explain at several meetings, is essentially a religious movement. It is a process of purification and penance.  It seeks to secure reforms or redress of grievances by self-suffering....
CONGRESS REPORT ON THE PUNJAB DISORDERS  March 25, 1920
vol.20 pp.42-43

« 魂の力 | トップページ | 恒久平和を願って »

nonviolence」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魂の力 | トップページ | 恒久平和を願って »