関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 非協力・非暴力の積極性 | トップページ | 真理に固く立つこと »

2011年7月22日 (金)

非協力運動としてのスワデシ(国産品愛用)

 非協力とは、自己犠牲の鍛錬にほかなりません。とどまるところを知らない犠牲を捧げることができる国は、どこまでも向上できると私は信じています。犠牲が純粋であればあるほど、より速く前進できます。スワデシ(国産品愛用)は、男女、子供を問わず、手始めとして、人々に純粋な自己犠牲を行う機会を提供してくれます。それゆえ、我々がどの程度犠牲を払うことができるかの、試金石となります。・・・・・大多数のインド人が、外国製の布を身にまとったり、使用することを拒否し、自分たちの家庭で作ることのできる簡素な布に満足するならば、そのことは、我々が必要な物を確保するための組織力、活力、協力体制、自己犠牲を持っていることの証明となります。国民がどれほど連帯しているかを驚異的に示すことになります。
 このような成果を現実にするには、願うだけでは無理です。どんなに有能で、真摯な人であっても一人ではできません。インド中のいたる所にスワデシのお店を立ち上げても、だめです。どんどん生産して、うまく流通させることによってのみ、これが可能となります。生産するとは、大勢の女性が、各家庭で糸を紡ぐことを意味します。そのためには、 綿打ち済みの篠綿を届け、糸を回収し、労賃を支払うことをまじめにやってくれる男性たちも必要です。さらに、糸紡ぎ車を何千台も作らなければなりません。代々続く機織り職人がその崇高な天からの使命に再び従事するよう彼らを促し、彼らに家庭で紡いだ糸を供給し、仕事を始められるようにする必要があります。非協力の一項目としてのスワデシは、私にとって、このように力強い運動なのです。しかし、そのような力がないと卑下することはありません。このことのために働くすべての人が、何かをなしてくれることを私は期待しています。他に何もできなくても、生産を増やし、そして流通を増やすことで、まず、スワデシを進展させることができるなら、何かが達成できると期待しているのです。すでにインドで生産され、流通している布に満足するなら、それだけで、その輪の中に入っていることになります。
Young India, 25-8-1920

     Non-co-operation is nothing but discipline in self-sacrifice.  And I believe that a nation that is capable of limitless sacrifice is capable of rising to limitless heights. The purer the sacrifice the quicker the progress. Swadeshi offers man, woman and child an occasion to make a beginning in self-sacrifice of pure type. It therefore presents an opportunity for testing our capacity for sacrifice....  If crores of people will refuse to wear or use foreign cloth and be satisfied with the simple cloth that we can produce in our homes, it will be proof of our organizing ability, energy, co-operation and self-sacrifice that will enable us to secure all we need. It will be a striking demonstration of national solidarity.
     Such a consummation cannot be achieved for the mere wish. It cannot be achieved by one man, no matter how capable and sincere he may be. It cannot be achieved by dotting India with swadeshi stores.  It can only be achieved by new production and judicious distribution.  Production means lakhs of women spinning in their own homes. This requires earnest men to be engaged in honestly distributing carded cotton and collecting yarn and paying for it. It means manufacture of thousands of spinning-wheels. It means inducing the hereditary weavers to return to their noble calling and distributing home-spun yarn amongst them and setting their manufactures. It is thus only as an energizing agent that I can think of swadeshi as a plank in non-cooperation.  But it is not to be despised in that capacity. And I hope that every worker for the cause, even if he can do nothing else, will have done something if he can advance swadeshi first by increasing production and then distribution. He would be simply moving in a circle if he is satisfied with distributing cloth that is already being manufactured in India.
Young India, 25-8-1920 

« 非協力・非暴力の積極性 | トップページ | 真理に固く立つこと »

constructive program」カテゴリの記事

建設的仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 非協力・非暴力の積極性 | トップページ | 真理に固く立つこと »