関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 非協力運動としてのスワデシ(国産品愛用) | トップページ | サティヤーグラハの闘士とは »

2011年7月26日 (火)

真理に固く立つこと

 サティヤーグラハ(ヒンディー語で〈真理の把持〉の意)は、受動的抵抗とは全く違います。北極と南極ほど、遠く隔たっています。・・・
 その根本にある意味は、真理に固く立つということであり、つまり真理の力です。愛の力、魂の力と呼んだこともあります。サティヤーグラハを実践する中で、まず最初から、私は次のことに気づきました。真理を追究するのであれば、敵に危害を加える暴力は認められませんし、忍耐と憐れみによって、過ちを避けねばならないのです。ある人には、真理と思えることでも、他の人には誤りと思われるかもしれません。そして、忍耐とは自己犠牲を意味します。ですから、この教えが意味することは、敵に危害を加えることによってではなく、自分自身が苦しむことによって、真理を守るということになります。
 ・・・サティヤーグラハは、一般の人には、主に市民的不服従あるいは市民的抵抗と映ります。犯罪ではないという意味で、市民的と言われます。
 犯罪者は、こそこそと法律を破り、刑罰を免れようとします。しかし、市民的抵抗者はそうではありません。自分が所属する国家の法律に彼が従うのは、刑罰が怖いからではありません。社会の安寧のためになると考えるからです。しかし、時には、まことにまれなことですが、法律が余りにも不当であるために、それに従うことは、不名誉だと思われる事例が生じます。その時には、彼は、堂々としかも市民的なやり方で、法律を破り、その違反に対する刑罰を静かに甘受するのです。

     Satyagraha differs from passive resistance as North Pole from South....
     Its root meaning is holding on to truth, hence truth-force. I have also called it love-force or soul-force. In the application of satyagraha, I discovered in the earliest stages that pursuit of truth did not admit of violence being inflicted on one’s opponent but that he must be weaned from error by patience and sympathy. For what appears to be truth to the one may appear to be error to the other. And patience means self-suffering. So the doctrine came to mean vindication of truth, not by infliction of suffering on the opponent, but on one's self.
     ....satyagraha largely appears to the public as civil disobedience or civil resistance. It is civil in the sense that it is not criminal.
     The law-breaker breaks the law surreptitiously and tries to avoid the penalty; not so the civil resister. He ever obeys the laws of the State to which he belongs not out of fear of the sanctions but because he considers them to be good for the welfare of society. But there come occasion, generally rare, when he considers certain laws to be so unjust as to render obedience to them a dishonour. He then openly and civilly breaks them and quietly suffers the penalty for their breach.
STATEMENT TO DISORDERS INQUIRY COMMITTEE  [SABARMATI,January 5, 1920]

« 非協力運動としてのスワデシ(国産品愛用) | トップページ | サティヤーグラハの闘士とは »

civil disobedience」カテゴリの記事

不服従」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 非協力運動としてのスワデシ(国産品愛用) | トップページ | サティヤーグラハの闘士とは »