関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 真理に固く立つこと | トップページ | 魂の力 »

2011年7月28日 (木)

サティヤーグラハの闘士とは

 ダニエルが自らの良心に反するメディアとペルシャの法律を無視した時[聖書:ダニエル書参照]、そして、その不従順に対する罰をおとなしく受けた時、彼は、最も純粋なサティヤーグラハを実行したのです。ソクラテスは、アテネの若者らに、自分が真理だと確信していることを説くのを遠慮したりはしませんでした。そして、勇敢にも死刑に処せられたのです。この時、彼は、サティヤーグラハの闘士でした。.....忘れないでいただきたいのですが、ダニエルもソクラテスも、迫害者に対してどんな敵意も抱いてはいませんでした

     When Daniel disregarded the laws of the Medes and Persians which offended his conscience, and meekly suffered the punishment for his disobedience, he offered satyagraha in its purest form.  Socrates would not refrain from preaching what he knew to be the truth to the Athenian youth, and bravely suffered the punishment of death. He was, in this case, a satyagrahi.....It must be remembered, that neither Daniel nor Socrates had any ill will towards their persecutors.
CONGRESS REPORT ON THE PUNJAB DISORDERS  March 25, 1920
vol.20 p.40

« 真理に固く立つこと | トップページ | 魂の力 »

civil disobedience」カテゴリの記事

不服従」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真理に固く立つこと | トップページ | 魂の力 »