関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 独立を手にする前に | トップページ | 魂の力、受動的抵抗とは、 »

2011年6月 4日 (土)

率先垂範

 昨日の討議で司会を務めてくださった藩王様は、インドの貧困問題について語ってくださいました。他の講演者もこの問題を大変重視しておられました。しかし、総督が定礎式を執り行いました今回の大パンダール(テントを広げた催し)で、我々は何を目にしたでしょうか? 大変きらびやかなショーでした。パリからやってきた宝石商の目をひいたに違いない、宝石をふんだんに使用したまばゆい祝宴でした。豪華に着飾った貴人の方々と大多数の貧しい人々を比べないわけにはいきません。私は貴人の皆さんに次のように呼びかけたいのです。「皆さんが、これらの宝石を脱ぎ捨てて、インド国民にそれを託さない限り、インドは救われません」と。
 わが国王陛下に本物の忠誠心を示すためには、我々の宝石箱をあさり、頭のてっぺんからつま先まで飾り立てなければならないとは、国王陛下もハーディング総督も願っているはずがありません。英国王ジョージ5世も、そのような類のことは一切期待しておられないという国王ご自身からの伝言を、命をかけても取り次いでまいりたいものです。
 インドの都市に大宮殿が建つと聞くたびに、それが英領インドであろうと、藩王が統治するインドであろうと、私にはたちまちに苦い思いが込み上げてきます。そして、「これは、農民から取り立てたお金だ」と、言わせていただきたいのです。人口の75%以上が農民です。ヒギンボサム氏が昨晩、巧みな言葉で語ってくださいましたが、葉が一枚のところに、二枚を育てるのが、彼ら農民です。しかし、我々が彼らから、その労働の果実の大半を奪い取ったり、あるいは誰かが奪い取るのを許しているなら、我々に独立の精神が溢れているはずもありません。インドが救われるかどうかは、ひとえに農業者にかかっています。弁護士も医師も、大金持ちの地主もインドを確かなものにすることはできません。
ベナレス・ヒンディー大学での講演 1916年2月4日

     His Highness the Maharajah, who presided yesterday over our deliberations, spoke about the poverty of India.  Other speakers laid great stress upon it. But what did we witness in the great pandalin which the foundation ceremony was performed by the Viceroy? Certainly a most gorgeous show, an exhibition of jewellery which made a splendid feast for the eyes of the greatest jeweller who chose to come from Paris. I compare with the richly bedecked noblemen the millions of the poor. And I feel like saying to these noblemen: “There is no salvation for India unless you strip yourselves of this jewellery and hold it in trust for your countrymen in India.”
     I am sure it is not the desire of the King-Emperor or Lord Hardinge that in order to show the truest loyalty to our King-Emperor, it is necessary for us to ransack our jewellery-boxes and to appear bedecked from top to toe. I would undertake at the peril of my life to bring to you a message from King George himself that he expects nothing of the kind.
     Sir, whenever I hear of a great palace rising in any great city of India, be it in British India or be it in India which is ruled by our great chiefs, I become jealous at once and I say: “Oh, it is the money that has come from the agriculturists.” Over 75 per cent of the population are agriculturists and Mr. Higginbotham told us last night in his own felicitous language that they are the men who grow two blades of grass in the place of one. But there cannot be much spirit of self-government about us if we take away or allow others to take away from them almost the whole of the results of their labour. Our salvation can only come through the farmer. Neither the lawyers, nor the doctors, nor the rich landlords are going to secure it.
SPEECH AT BENARES HINDU UNIVERSITY (4-2-1916)

« 独立を手にする前に | トップページ | 魂の力、受動的抵抗とは、 »

ethics」カテゴリの記事

倫理観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 独立を手にする前に | トップページ | 魂の力、受動的抵抗とは、 »