関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

魂の力、受動的抵抗とは、

私が暴力に反対するのは、ただひたすら暴力が間違ったことであり、しかも効果がないからだとあなたは思っておられます。まさにそのとおりです。達成したい目的が間違っているから暴力に反対しているのではありません。目的とそれを達成する手段とを分離できると仮定しての話となりますが、それは無理だと私は思っています。暴力によって獲得した自治は、私が主張する手段で獲得した自治とは、全く異なるはずだと、私は確信しています。
 私は、勇気を出して、近代文明を徹頭徹尾批判してきました。その文明の精神が邪悪であるからです。・・・近代文明は、ヨーロッパだけにとどまってはいません。その影響は破竹の勢いで日本を席巻しています。そして、インドにも襲いかかってきています。・・・近代文明が与えてくれる生活も、そして古代文明の生活も経験してきた者として私は、「厳しい競争にさらされること、そして、物や華やかさ、さらには知的刺激によって」インド国民は立ち上がる必要があるとする主張に対しては、心から反対せざるを得ないのです。なぜなら、これらによって、道徳が一インチでも高められるはずはないからです。・・・
 「受動的抵抗」というのは、誤解を招くネーミングです。私がこれを使ってきたのは、それが何を意味しているかが一般的に知られているからです。・・・その根底にある原理は、暴力の原理とは正反対です。・・・暴力は、外的な方法で改革しようとします。受動的抵抗、つまり、魂の力は、内的な成長によって改革の実現を目指します。自らが苦しみ、自分を浄化することによってです。暴力は常に失敗します。受動的抵抗は必ず成功します。受動的抵抗者の闘いは、やはり、精神的闘いです。勝利を勝ち取る闘いだからです。勝利を勝ち取るために、つまり、自分を制御できるようになるために闘うしかないのです。受動的抵抗は、つねに道徳的で、決して残酷ではありません。どのような活動も、精神的なものも、そうでないものも含めて、この範疇に入らなければ、受動的抵抗では決してないのです。
 政治と、宗教あるいはスピリチュアルの間に、はっきりとした境界を定めるべきだとお考えなのでしょう。・・受動的抵抗では、政治と宗教の融合を追求しています。そして、行動の一つ一つを、倫理的基準に照らすようにと求めています。イエスが、魂の力を用いて、石をパンに変えることを拒んだことも、私の主張を裏付けています。今の近代文明は、この不可能な離れ業をしようとしています。魂の力を用いて石をパンに変えようとするなら、昔も今も、悪魔の呪術となってしまいます。さらに、ある行為が正しいか、間違っているかは、常に動機によってのみ判断できるとするあなたの主張にも、賛成できかねます。無知な母親は、純粋な動機から、子どもに阿片を投与するかもしれません。動機が純粋であっても、そのことでこの母親や母親の無知を治すことはできませんし、道徳的にも子供を殺した犯罪行為を取り消すことはできません。受動的抵抗者は、この原理を認識し、動機が純粋であっても、自分の行動が完全に間違っている場合もあると知っているので、判断は、至上の存在にゆだねているのです。悪だと思うことに抵抗する場合も、自分だけが苦しむことにしています。
 ・・・
 純粋な受動的抵抗者は、殉教者ぶったり、刑務所での処遇やその他の苦難について文句を言うことはできません。不正や不当な処遇を政治的に利用することも許されません。さらに、受動的抵抗について吹聴することなどもってのほかです。しかし、あらゆる行為が残念ながら、混じりあっています。もっとも純粋な受動的抵抗というのは、理論の上でしか存在できません。ご指摘くださった例外は、トランスバールのインド人の受動的抵抗者も、結局は、誤りを免れない、とても弱い人たちであることを示しています。しかし、指摘しておきたいのですが、彼らは、自分たちの行動をできるだけ純粋な受動的抵抗に近づけることを目標にしています。そして、闘争が進展するにつれて、純粋な精神性が、たしかに我々の中に立ち上がってきています。
 受動的抵抗者が皆、愛や真実の精神に燃えているわけではないことは、認めます。たしかに復讐や敵意の感情のとらわれている人もいます。しかし、我々皆が望んでいることは、憎しみや敵意から自らを癒していくことです。運動の新しさにひかれて、あるいは利己的な理由から受動的抵抗者になった人たちは、脱落していきました。自分が犠牲になっているふりをしてみても、長続きはしません。そのような人々は、決して受動的抵抗者ではなかったのです。・・兵士等の肉体的苦痛の方が、トランスバールの受動的抵抗者のそれよりもはるかにまさっていると主張されるのであれば、まさにその通りであると、私も同意します。しかし、自ら進んで火葬用の薪や煮えたぎる鍋の中に身を投じたことで世界的に知られている受動的抵抗者の犠牲は、名前を挙げられるどの兵士の犠牲にも、比較にならないくらい大きいのです。
 私はトルストイの代わりに話す振りはできませんが、彼の書いた物を読んでも、次のような考えにはいたりませんでした。力によって組織され、力に基づく機関、つまり政府をトルストイは冷徹に分析していますが、それにもかかわらず、世界全体が、達観した無政府状態で暮らせることをトルストイが期待し、夢想したとは思えないのです。私が思うに、トルストイが主張したことは、世界の偉大な師たちと同様に、全ての人が自らの内にある良心の声に従い、自分を律し、心の中から神の国を追求すべきだということです。トルストイにとって、彼の許しなしに彼を支配できる政府は存在しません。どのような政府もそのような人にはかないません。あるライオンが、無知から自分たちを羊だと思いこんでいる大多数のライオンに向かって、彼らは、羊ではなくてライオンだと教えてあげるのは、それほど危険なことなのでしょうか? 本当に無知なライオンの中には、事実を知っているライオンの主張に反論するものもいるでしょう。そのため、混乱することもあるでしょう。しかし、どれほど大きな無知に覆われていようとも、事実を知っているライオンが、じっと座っていたり、自らの尊厳、自由を分かちあわないかと仲間のライオンに呼びかけるのをやめておく必要はないでしょう。
LETTER TO W. J. WYBERGH May 10, 1910
Indian Opinion, 21-5-1910 

.....And I accept your proposition that I discourage violence only because I think it to be both wrong and ineffective, and not because the object sought to be attained is wrong, that is to say, if it were ever possible, which I hold it is not, to detach the object from the means adopted to attain it. I hold that Home Rule obtained by violence would be totally different in kind from that obtained by the means suggested by me.
     I have ventured utterly to condemn modern civilization because I hold that the spirit of it is evil.... Its activity is by no means confined to Europe. Its blasting influence is now being exhibited in full force in Japan. And it now threatens to overwhelm India.... I claim to have tested the life which modern civilization has to give, as also that of the ancient civilization, and I cannot help most strongly contesting the idea that the Indian population requires to be roused by “the lash of competition and the other material and sensuous, as well as intellectual, stimuli”; I cannot admit that these will add a single inch to its moral stature....
     I admit that the term “passive resistance” is a misnomer. I have used it because, generally speaking, we know what it means... The underlying principle is totally opposed to that of violence... The function of violence is to obtain reform by external means; the function of passive resistance, that is, soul-force, is to obtain it by growth from within; which, in its turn, is obtained by self-suffering, self-purification. Violence ever fails; passive resistance is ever successful. The fight of a passive resister is none the less spiritual because he fights to win. Indeed, he is obliged to fight to win, that is, to obtain the mastery of self. Passive resistance is always moral, never cruel; and any activity, mental or otherwise, which fails in this test is undoubtedly not passive resistance.
     Your argument tends to show that there must be complete divorce between politics and religion or spirituality... Passive resistance seeks to rejoin politics and religion and to test every one of our actions in the light of ethical principles. That Jesus refused to use soul-force to turn stones into bread only supports my argument. Modern civilization is at present engaged in attempting that impossible feat.  The use of soul-force for turning stones into bread would have been considered, as it is still considered, as black magic. Nor can I hold with you that motives alone can always decide the question of a particular act being right or wrong. An ignorant mother may, from the purest motives, administer a dose of opium to her child. Her motives will not cure her of her ignorance, nor, in the moral world purge her of the offence of killing her child. A passive resister, recognising this principle and knowing that, in spite of the purity of his motives, his action may be utterly wrong, leaves judgment to the Supreme Being, and, in attempting to resist what he holds to be wrong, suffers only in his own person.
     ....
     .. a pure passive resister cannot allow himself to be regarded as a martyr nor can he complain of the hardships of prison or any other hardships, nor may he make political capital out of what may appear to be injustice or ill-treatment, much less may he allow any matter of passive resistance to be advertised. But all action unfortunately is mixed. Purest passive resistance can exist only in theory. The anomalies you point out only emphasize the fact that the Indian passive resisters of the Transvaal are, after all, very fallible human beings and yet very weak, but I can assure you that their object is to make their practice correspond with pure passive resistance as nearly as possible, and, as the struggle progresses, pure spirits are certainly rising in our midst.
     I am free to admit also that all passive resisters are not fired with the spirit of love or of truth. Some of us are undoubtedly not free from vindictiveness and the spirit of hatred; but the desire in us all is to cure ourselves of hatred and enmity. I have noticed, too, that those who simply became passive resisters under the glamour of the newness of the movement or for selfish reasons have fallen away. Pretended self-suffering cannot last long. Such men never were passive resisters... If you say that physical sufferings of soldiers have vastly exceeded those of the Transvaal passive resisters, I agree with you entirly; but the sufferings of world-known passive resisters who deliberately walked into funeral pyres or into boiling cauldrons were incomparably greater than those of any soldier it is possible to name.
     I cannot pretend to speak for Tolstoy, but my reading of his works has never led me to consider that, in spite of his merciless analysis of institutions organised and based upon force, that is governments, he in any way anticipates or contemplates that the whole world will be able to live in a state of philosophical anarchy. What he has preached, as, in my opinion, have all world-teachers, is that every man has to obey the voice of his own conscience, and be his own master, and seek the Kingdom of God from within. For him there is no government that can control him without his sanction. Such a man is superior to all government. And can it be ever dangerous for a lion to tell a number of other lions who in their ignorance consider themselves to be merely lambs that they, too, are not lambs but lions?  Some very ignorant lions will no doubt contest the knowing lion's proposition. There will, no doubt, on that account be confusion also, but, no matter how gross the ignorance may be, it will not be suggested that the lion who knows should sit still and not ask his fellow-lions to share his majesty and freedom.
LETTER TO W. J. WYBERGH May 10, 1910
Indian Opinion, 21-5-1910 

2011年6月 4日 (土)

率先垂範

 昨日の討議で司会を務めてくださった藩王様は、インドの貧困問題について語ってくださいました。他の講演者もこの問題を大変重視しておられました。しかし、総督が定礎式を執り行いました今回の大パンダール(テントを広げた催し)で、我々は何を目にしたでしょうか? 大変きらびやかなショーでした。パリからやってきた宝石商の目をひいたに違いない、宝石をふんだんに使用したまばゆい祝宴でした。豪華に着飾った貴人の方々と大多数の貧しい人々を比べないわけにはいきません。私は貴人の皆さんに次のように呼びかけたいのです。「皆さんが、これらの宝石を脱ぎ捨てて、インド国民にそれを託さない限り、インドは救われません」と。
 わが国王陛下に本物の忠誠心を示すためには、我々の宝石箱をあさり、頭のてっぺんからつま先まで飾り立てなければならないとは、国王陛下もハーディング総督も願っているはずがありません。英国王ジョージ5世も、そのような類のことは一切期待しておられないという国王ご自身からの伝言を、命をかけても取り次いでまいりたいものです。
 インドの都市に大宮殿が建つと聞くたびに、それが英領インドであろうと、藩王が統治するインドであろうと、私にはたちまちに苦い思いが込み上げてきます。そして、「これは、農民から取り立てたお金だ」と、言わせていただきたいのです。人口の75%以上が農民です。ヒギンボサム氏が昨晩、巧みな言葉で語ってくださいましたが、葉が一枚のところに、二枚を育てるのが、彼ら農民です。しかし、我々が彼らから、その労働の果実の大半を奪い取ったり、あるいは誰かが奪い取るのを許しているなら、我々に独立の精神が溢れているはずもありません。インドが救われるかどうかは、ひとえに農業者にかかっています。弁護士も医師も、大金持ちの地主もインドを確かなものにすることはできません。
ベナレス・ヒンディー大学での講演 1916年2月4日

     His Highness the Maharajah, who presided yesterday over our deliberations, spoke about the poverty of India.  Other speakers laid great stress upon it. But what did we witness in the great pandalin which the foundation ceremony was performed by the Viceroy? Certainly a most gorgeous show, an exhibition of jewellery which made a splendid feast for the eyes of the greatest jeweller who chose to come from Paris. I compare with the richly bedecked noblemen the millions of the poor. And I feel like saying to these noblemen: “There is no salvation for India unless you strip yourselves of this jewellery and hold it in trust for your countrymen in India.”
     I am sure it is not the desire of the King-Emperor or Lord Hardinge that in order to show the truest loyalty to our King-Emperor, it is necessary for us to ransack our jewellery-boxes and to appear bedecked from top to toe. I would undertake at the peril of my life to bring to you a message from King George himself that he expects nothing of the kind.
     Sir, whenever I hear of a great palace rising in any great city of India, be it in British India or be it in India which is ruled by our great chiefs, I become jealous at once and I say: “Oh, it is the money that has come from the agriculturists.” Over 75 per cent of the population are agriculturists and Mr. Higginbotham told us last night in his own felicitous language that they are the men who grow two blades of grass in the place of one. But there cannot be much spirit of self-government about us if we take away or allow others to take away from them almost the whole of the results of their labour. Our salvation can only come through the farmer. Neither the lawyers, nor the doctors, nor the rich landlords are going to secure it.
SPEECH AT BENARES HINDU UNIVERSITY (4-2-1916)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »