関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2011年5月 »

2010年12月

2010年12月 3日 (金)

敬虔なる破法とボイコット

塩によって政府は、小さな子どもたちや幼い女の子にも税金を払わせています。・・・戦争法規をみれば、戦時にあっても老人、子どもたち、女性に危害を加えてはならないとされています。この税金においても、同じことが言えるはずです。

 塩によって政府は、小さな子どもたちや幼い女の子にも税金を払わせています。これは、あまりにも残忍で非人道的なものです。・・・私は、イスラム教、ヒンズー教、キリスト教、ゾロアスター教の聖典に目を通してきました。そのどれもが、いかなる時も女性と貧しい人々から税を取り立ててはならないと、述べています。戦争法規をみれば、戦時にあっても老人、子どもたち、女性に危害を加えてはならないとされています。この税金においても、同じことが言えるはずです。・・・これは、非人道的な悪魔の法律です。
 こんなことが正義だとは、世界のどこでも聞いたことがありません。これを広く行うことは人道に反した、悪魔的なことだと、私は主張します。このようなことを正義として行う帝国にお辞儀をすることは、正しいことではありません。天の理に背くことです。そのような帝国の祝福を祈ることは、毎朝夜明けに神に祈る者に、できることではあませんし、やってはならないことです。むしろ、祈ったり、祈祷の言葉を述べる時には、そのような悪魔の帝国、非人道的政府が滅びますようにと、神に願うべきです。そうすることが、天の理法にかなったことです。
 この20日間ほど、私は公然とこのことを主張してきましたが、政府は私や仲間たちを自由にさせています。この政府にはよくあることです。この政府は、非人道的だと今に至るまで主張してきました。しかし、ほんの一瞬たりとも、この政府に権力や権威がないとは思っていません。政府は軍隊を持っています。武器・弾薬を持っています。ですので、指一本を動かすだけで、私のような人間を殺すことは造作もないことです。しかし、自ら定めた限度を、そう簡単に越えてしまうことはできません。そんなことをすれば、世界に面目が立たないのです。私は夢の中でも、また、目が覚めている時でも、一瞬たりとも、また私の仲間や私と縁ができた何千もの人たちの一人たりとも、国王や、帝国の高官の誰に対しても、殺されたらよいなどと願ったことはありません。帝国を暴虐だと批判していても、そのような願いを持ったことはありません。帝国にとって、初めての事態です。ですから、どう対処したらよいかわからないでいます。
 今日、タピの岸辺で、私は出発する前夜にサバルマティの岸辺で語ったのと同じことを語りたいと思います。有らん限りの石を政府の高官に投げつけたいと、我々が言ったとしたら、政府は我々を一人でも、自由にしておいてくれたでしょうか。私は逮捕されたがっているのだと言う人がいます。逮捕されることが、私のすべきことだとは、私は考えていません。しかし、私は逮捕を恐れてはいません。そして、誰も恐れることがないようマントラを授けたいと思います。義務を遂行している中で、逮捕されたり、絞首刑になることを恐れてはなりません。私は、刑務所を宮殿に変えたいと願っています。仮に逮捕されることを私が願っているのであれば、盗みを働いたり、詐欺を行ったり、暴行や虐待を働くでしょう。そうすれば、必ず逮捕されることになります。誰も私を見逃してくれません。そうなれば、政府も、「マハトマはもはや死んだも同然だ。彼を逮捕することはするまい」とは言わないでしょう。
 さて、政府が実際に私を逮捕するなら、刑務所の中で、私はこの政府の心を変えてくださいと、神に祈るつもりです。そして、この政府が煽った感情を根絶やしにしてくださいと、祈ります。それは、人類が持つべき感情ではありません。遅かれ早かれ、政府は私を逮捕せざるを得なくなるでしょう。もし、私を逮捕せずにいれば、まもなくインド中が熱く燃え上がるでしょう。政府にとっては、私を逮捕しても、私を自由にしておいても、どちらにしても難しいことになるでしょう。ヒンズー教徒も、イスラム教徒も、パールシー教徒も、各自の義務を果たすべきです。すべてのものが、そうれば、最大級の専制国家といえども我々を逮捕することはかないません。
 そうなれば、逮捕ということを語ることもほとんどできなくなります。法律は、瞬く間に破られ続けます。今日一つの法律が破られ、明日はまた別のという具合です。そして、法律が破壊されてしまえば、帝国はどうやって機能していくことができるでしょうか。村長や徴税官は、仕事を辞めるべきです。我々に日々の糧を与えてくださるのは、神だけであることを知らねばなりません。徴税官として、37ルピーを手に入れるかどうかに、どのような違いがあるというのでしょうか。私もたまたまその一人ですが、工場労働者であっても、50ルピーを稼いでいます。しかし、労働者は、ストライキをすると言って工場の所有者を脅すことができますが、工場の所有者は、彼らを解雇できません。彼らは、労働者なしにやっていけません。もし徴税官が、工場での雇用を求め、忠実に働き、良い働き手であることを示せれば、50ルピーぐらいは稼げます。彼が37ルピーを稼ぐのは、全く簡単なことでしょう。たとえ、体が不自由だったとしても、彼は糸紡ぎを通して、生活の糧を得ていくことができるでしょう。働く覚悟があれば、糧を得ていくことは問題ではありません。
 徴税官や政府の公僕がもはや恐れなくなれば、政府に何ができるでしょうか。英国から軍隊を派遣してきて、徴税官や村長の仕事を軍にゆだねるでしょうか。ヒンズー教徒、イスラム教徒、パーシー教徒がみんな協力を拒むなら、政府に何ができるでしょうか。何もできません。手足をもがれた状態となります。このようですから、スワラージは、努力せずとも私たちのポケットにあるのです。誰一人として刑務所に入る必要もありません。しかし、これを私は誰に教えたらよいでしょうか。
 みなさんはカディー(手紡ぎ・手織り綿布)がごわごわしていて、高いと言います。私はみなさんに服を着せて差し上げたいのに、みなさんは裸でいたいようです。・・・もし、身にまとうために何かを着たいと言われるのであれば、私が提供できるもので、カディーより良いものがあるでしょうか。どうして他のものを欲しがるのですか。家でお腹を空かせているあなたの母や姉妹が紡いだ糸から織りあげた衣服をあなたがたは恥ずかしいと思っています。
 今日みなさんは、外国製布ボイコットの義務を理解しなければなりません。なぜなら、日本製の布をまだ用いながら、英国の布をあきらめることは不可能だからです。もし、そんなことをしようとするなら、我々はどの目標も達成することはないでしょう。英国製品を駆逐することはないでしょうし、英国に変わって日本が我々を支配するようになるでしょう。そして、今度は、工場の布を使用することで、両国の布をボイコットできると主張するかもしれません。工場は、今では50年間もここにあります。それでも、ボイコットが行われたことはありません。なぜでしょうか。何度も声を大にして言ってきたことですが、カディーがなければボイコットは不可能なのです。・・・
 今の政権ほどひどい政府というものが存在するでしょうか。この国には高官が約10万人います。残りの2億9990万人についてはどうするつもりでしょうか。彼らにどう説明するつもりでしょうか。・・・
 この塩税が廃止されれば、6千万ルピーを節約できます。禁酒によって、さらに2億5千万ルピーを、そして、外国衣類をボイコットすることで、さらに追加して6億ルピーを節約できるのです。合計で、9億1千万ルピーになります。贈り物として受け取ってください。もしそれを拒むのでしたら、私にではなく、神に対して申し開きをしなければなりません。これらすべてのことが理解できる知恵を、神様がみなさんに授けてくださり、それに従った行動ができますように。

SPEECH AT SURAT
April 1, 1930
     It is so beastly and inhuman that through salt the Government taxes even little children and young girls.... I have gone through the holy books of Islam, Hinduism, Christianity and Zoroastrianism. All these state that women and the poor should at no time be taxed. If we go through the rules of war, we shall find that they lay down that old persons, children and women should be left untouched in war. The same is applicable to this tax.  This is an inhuman law, a Satanic law.
     I have not heard of such justice anywhere in the world; where it prevails, I would call it inhuman, Satanic. To bow to an empire which dispenses such justice is not dharma but adharma. A man who prays to God every morning at dawn cannot, must not, pray for the good of such an empire. On the contrary while praying or saying the namaaz he should ask God to encompass the destruction of such a Satanic empire, such an inhuman government. To do so is dharma.
     Although I have been saying this openly for the last twenty days, the Government has left me and my colleagues free. I admit that this is a familiar trait in this Government. I have been calling this Government inhuman till today. I admit however that I do not believe even for a fraction of a second that it does not have power or authority. It has an army, it has gun-powder and it can, by merely moving a finger, destroy someone like me. But it cannot readily transgress the limits it has set for itself. It is ashamed of itself before the world. I have never in my dreams or waking moments desired and not a single one of my colleagues or the thousands of persons who have come into contact with me has ever desired, that either the King or any of the officers of this Empire should be destroyed even though we call the Empiretyrannical. This is for it something new and it does not know how to deal with it.
     Today, on the banks of the Tapi, I wish to tell you the very same thing that I said on the banks of the Sabarmati on the eve of my departure. Would the Government have left even one of us free if we had said that we wanted to throw so much as a pebble at officers? Some people say that I want to be arrested. I do not regard it as my dharma to get arrested; but I am not afraid of it and I am giving you the mantra that none of you should be afraid. I want that you should not be afraid of being arrested or hanged while you do your duty. I wish to convert prison into a palace. If I wished to be imprisoned I would commit theft, practise deceit, resort to assault and abuse. I would then certainly be arrested, no one would spare me. The Government would not then say ‘the Mahatma is dead; we shall not arrest him'.
     If the Government does arrest me, while in prison I will pray to God to bring about a change of heart in this Government and eradicate the sentiment which it has developed and which does not befit a human being. Sooner or later, it has no alternative but to arrest me and if it does not do so the whole of India will flare up within a short while. It is difficult for the Government either to imprison me or to leave me at large. Hindus, Muslims, Parsis--all should do their duty. When all of us start doing so, it will be beyond the power of the most tyrannical Government to arrest us.
     Then there will hardly be any talk about arrests. Laws will get broken fast. One today, another tomorrow. And, when laws are destroyed, how can the Empire continue to function? Headmen and Talatis should resign. They should know that it is God alone who provides us our daily bread. What difference does it make whether or not you get Rs. 37 as a Talati? Mill workers--of whom I happen to be one--earn fifty rupees. However, although they can threaten mill-owners to go on strike, the latter do not dismiss them. They cannot do without the workers. If a Talati seeks employment in a mill and works faithfully, he can earn Rs. 50 or more if he shows good work. It will be the easiest thing for him to earn Rs. 37. Even if he happened to be a cripple, he could earn a living through spinning. Earning a livelihood is no problem to one who is prepared to work.
     What will the Government do when Talatis and Government servants are no longer afraid? Will it send for troops from England and entrust to them the work of Talatis and Headmen? What action will it take when Hindus, Muslims and Parsis all refuse to co-operate with it? It will be able to do nothing. All its limbs will become immobilized. In this manner, swaraj will be in our pocket without any effort, without a single person having to go to jail. But whom shall I teach all this?
     You find khadi coarse and expensive. You wish to appear naked while I wish to clothe you.... If you do wish to clothe yourselves to cover your bodies, what better material than khadi can I offer you? Why do you wish for anything else? You are ashamed to wear clothes woven out of yarn spun by your mothers and sisters who are starving at home.
     Today you must understand the dharma of the boycott of foreign cloth, because it is impossible to give up British cloth while still using Japanese material. If we attempt to do so, we shall not be able to achieve either of our objectives--we shall not be able to do away with British goods and Japan will start ruling over us instead of Britain. Then again, you may claim that cloth from both countries could be boycotted by using mill-made cloth. Mills have existed now for fifty years. Nevertheless there has been no boycott. Why? I have been shouting repeatedly that boycott is impossible without khadi....
     Can there be a worse government than the present one? There would be about a lakh officers in this country. What will you do with the remaining 299.9 million people? How will you account for them? ...
     If this tax is repealed we shall save six crores of rupees. Then adding 25
crores to be saved by prohibition and 60 crores from boycott of foreign cloth--it makes a total of Rs. 91 crores. Take it as a present. If you refuse it, you will be answerable not to me but to God. May God grant you the wisdom to understand all this and to act accordingly.
[From Gujarati]
Prajabandhu, 6-4-1930

« 2010年9月 | トップページ | 2011年5月 »