関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ユダヤ人問題について | トップページ | 「行動せよ、さもなくば死を!」の真意 »

2010年6月29日 (火)

祈りの週間(1946年4月6日のスピーチより)

人々は命を落としました。しかし我々は、すぐに自分たちの過ちを告白し、贖罪として断食をし、神に赦しを請うたのです。

 27年前の今日、ローラット法案に反対するサティヤーグラハの火蓋が切って落とされました。そして、その日から一週間で、歴史が作られました。インドで初めて、インド全土の民衆が一つになって立ち上がったのです。・・・私はこの奇跡の背後に、神の御手を感じました。
 その当時は、ヒンズー教徒もイスラム教徒も、あらゆる違いを当面は棚上げにしていました。アリ兄弟(イスラム教徒)と私は、本当の兄弟のように国中を遊説して回りました。・・・それ以来、我々は英国政府に対してではなく、ただ神に対してのみ祈る決意をしたのでした。そして、南アフリカで始まったサティヤーグラハが、インドでも誕生しました。4月13日に、丸腰の市民が銃撃されました。断食と祈りをして過ごす国民の日をもうけることに、アリ兄弟も二つ返事で賛同してくださいました。4月6日と13日に断食が行われました。皆が同じ一つの神の子どもであり、生を受けたこの場所、つまりインドで共に生き、共に死ぬ運命にあることに気づいたのです。・・・
 しかし、今や状況は変わりました。どこかで道を間違えてしまいました。ヒンズー教徒とイスラム教徒の心に、溝ができてしまいました。・・・
 もし、我々が祈りを信じているのであれば、互いを攻撃したり、相手を敵と見なすことなど、できるはずがないのです。アムリットサルの虐殺(集会中の市民に無差別の発砲が行われた)では、人々は命を落としました。しかし我々は、すぐに自分たちの過ちを告白し、贖罪として断食をし、神に赦しを請うたのです。過ちを犯すのが人間であれば、その罪を告白することで、過ちを前進するための踏台とすることができます。その反対に、自らの過ちを隠そうとする人々は、ペテン師となって沈んでいくのです。人は野獣ではありませんし、神でもありません。神が造られたものであって、神の栄光を顕すために励む存在です。悔い改めて、自らを浄めることが、そこへ至る手段となります。背信を悔い改めて、神に赦しを請うた瞬間に、我々は罪から浄められ、新しい人生が始まります。心から悔い改めるということが、祈りに不可欠の前提条件です。
 祈りは単なるリップサービスではありません。行動を通して表現されなければなりません。では、この断食と祈りの聖なる週に、我々はどのように祈るべきでしょうか? 宗教間の対立、敵意という汚れが我々の心に巣くっているのならば、それを取り除いて祈ることです。そうできるように神に助けを求めることもすべきでしょう。ですから、宗教間の融和を達成するのが、祈りの一つの形となります。その上で、非暴力の独立を達成するために糸紡ぎに奉仕することが、祈りとなります。1919年に、パンジャーブ州のあらゆる家から、ブーンブーンと糸車が回る音が聞こえてきていた時のことが、今でもありありと思い浮かびます。ある時、遊説中の私のところに、糸の山が届きました。後にも先にも、それほどの糸の山が届けられたことはないほどの量でした。・・・今、パンジャーブ州の女性たちは、何をしているのでしょうか? このことこそ、皆さんが、内省の時である今週、自らに問わねばならないのです。4億(当時のインドの人口)のインド人が、熱心に糸紡ぎに励むならば、自分のためではなく、神を心に迎えて捧げるために、非暴力を通してインドの自由を勝ち取るという共通の目標を胸に糸を紡ぐならば、皆さんの一致団結した取り組みによって、必ず自由がもたらされるでしょう。さらに、自由を得た後も、その自由を守る手段を我々に提供してくれることになるのです。そして、全世界に暗闇から抜け出す道を指し示すことになります。
 先日私はレッドフォートで、インド国民軍の兵士らに話をする機会がありました。除隊後は、何をしたらよいかを話し合ったのです。彼らは、除隊したら、国民会議派の旗の下、非暴力の本物の兵士としてインドのために尽くすと確約してくれました。私は彼らに言いました。「裸の人々に衣類を提供するために糸を紡ぎ、恐るべき飢饉に備えて食料を増産すべく大地を耕す人こそが、今日のインドの真の兵士である」と。会議派は、非暴力の手段でインドの独立闘争を行うと、宣言しています。しかし、今後起こるかもしれない外国の侵略から、インドが勝ち取った自由を守るためにも、非暴力のやり方を貫くべきかどうかは決めかねています。それでも、私にはわかりきった真理です。自由をすべての人と平等に分かちあうつもりであるのなら、つまり、身体的弱者、例えば足が不自由な方々とも分かち合うのであれば、このような人々も、その自由を守るために平等の貢献ができねばなりません。武力に頼っていて、どうしてそれができるでしょうか? 私の下等な頭では、理解できません。ですので、私は、非暴力が、つまり魂の力であるサティヤーグラハが最善であると、言っておりますし、これからもそう主張し続けるつもりです。非暴力であれば、肉体的な弱点が障害となることもありません。か弱い女性や子どもであっても、もっとも強大な武器で武装した巨大国家を相手に、対等に闘うことができます。
 糸車を中心に据えた18項目の建設的プログラムが、組織化された社会で、非暴力の精神を明確に表明することなのです。この国民の週に祈りの心をもって建設的仕事に邁進して、その精神を具現化しようではありませんか。
Harijan, 21-4-1946

257. SPEECH AT PRAYER MEETING, NEW DELHI1
April 6, 1946
     Twenty-seven years ago ...satyagraha against the Rowlatt Act was inaugurated on this day. History was made the following week. For the first time the entire masses of India from one end to the other rose like one man.... I could feel God's hand in this miracle.
     That was the time when Hindus and Muslims for the time forgot all their difference. The Ali Brothers4 and I used to go all over the country together like blood-brothers.... We resolved that thereafter we should address our prayers to God alone, instead of the British Government, and so satyagraha was born in India5 after it was first initiated in South Africa. On April 13, unarmed civilians were subjected to firing. The Ali Brothers readily fell in with the programme of a national day of fasting and prayer.  People fasted on the 6th and 13th of April. They realized that they were all children of the one God, destined to live together and die together in the land of their birth, which was India....
     But the situation has changed today. We have gone wrong somewhere. The hearts of Hindus and Muslims are sundered....
     If we believe in prayer, we cannot fly at one another's throat, or regard anybody as our enemy. At Amritsar people lost their heads. But we promptly confessed our mistake and made expiation for it by fasting and praying to God for foregiveness. To err is human. By confessing we convert our mistakes into stepping stones for advance.  On the contrary, a person who tries to hide his mistake becomes a living fraud and sinks down. Man is neither brute nor God but a creature of God striving to realize his divinity. Repentance and selfpurification are the means. The moment we repent and ask God for forgiveness for our lapse, we purged of our sin and new life begins for us. True repentance is an essential prerequisite of prayer.
     Prayer is not mere lip-service. It must express itself through action. How shall we then pray during the Sacred Week? We can pray by purging our hearts of any taint of communal hatred and ill will that might be lurking there and invoking God's aid for the same. Achievement of communal harmony would thus be one form of prayer. Then we can pray by doing sacrificial spinning for the attainment of non-violent swaraj. I have a vivid recollection of how in 1919 every home in the Punjab hummed with the music of the spinning-wheel. A mountain of yarn was presented to me on one occasion during my tour, which was never equalled before, nor has it been since,.... What are the sisters of the Punjab doing today? That is the question which you must ask yourselves during this week of introspection. If the four hundred millions of India took spinning in earnest, and span for sacrifice, i. e., not for self, with the name of God in their hearts and with common purpose of winning India’s freedom through nonviolence, their united effort would not only bring us freedom assuredly, but also provide us the means for safeguarding it after it is won, and enable us to point the way out of darkness to the whole world.
     The other day I was talking1 to the I. N. A. men in the Red Fort.  We were discussing as to what they should do on their release. They assured me that they would, on their release, serve India as true soldiers of non-violence under the Congress flag. I told them that today a true soldier of India is he who spins to clothe the naked, and tills the soil to grow more food to meet the threatening food crisis.  The Congress has declared that she would carry on the struggle for India’s independence through the method of non-violence. But she has not yet decided whether she would adhere to that method for the protection of that freedom against possible foreign aggression. To me it is a self-evident truth that if freedom is to be shared equally by all--even physically the weakest, the lame and the halt--they must be able to contribute an equal share in its defence. How that can be possible when reliance is placed on armaments, my plebeian mind fails to understand. I therefore, swear and shall continue to swear by nonviolence, i.e, by satyagraha or soul force. In it physical incapacity is no handicap and even a frail woman or a child can put herself or himself on equal terms against a giant, armed with the most powerful weapons.
     The eighteen-fold constructive programme with the spinningwheel as its centre is the concrete expression of that spirit in organized society. Let us realize that spirit by devoting ourselves prayerfully to the carrying out of the constructive programme during the National Week.
Harijan, 21-4-1946
vol.90 199-201

« ユダヤ人問題について | トップページ | 「行動せよ、さもなくば死を!」の真意 »

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユダヤ人問題について | トップページ | 「行動せよ、さもなくば死を!」の真意 »