関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

「罰」を与える国家の暴力をガンジーは容認していたか?

 『ガンディーからの<問い>』(中島岳志著・NHK出版・2009年)という本で、著者は、ガンジーのヒンド・スワラージ(邦訳では、『真の独立への道』・岩波文庫)から次の文を引用しています。「私が罰を恐れて盗みをしないとします。罰の恐れがなくなったら、盗みをしたい気持ちになりますし、盗みをするでしょう。これはごく普通に経験されることです」(『真の独立への道』p.97)。そして、これを根拠に、「ガンディーは「罰の恐れ」を国民に敷衍することが、犯罪防止に役立つことを認めています。つまり、「罰」を与える国家の暴力を、正義の実現の手段として容認しています」(『ガンディーからの<問い>』p.58)と結論付けています。
 しかし、ヒンド・スワラージを読み進めていくと、どうもそうではなさそうです。「また盗みにやって来た。・・この人(泥棒)は病人だと思った。・・品物をすぐに持って行けるようにしておいた。・・泥棒はやって来た。びっくりしてしまった。・・後悔して、あなたに許しを請うた。・・泥棒稼業を止めた。・・・いつもではありませんが、ほとんどの場合、武器の力より慈悲の力がもっと強力です」(『真の独立への道』pp.103-104)とあるからです。
 人々が罰を恐れて盗みをしないというのが、一般的な傾向であるとしても、だから罰を与えるというのではなく、泥棒は病人であると考えて、病気を治すような慈悲の働きかけが必要だと、ガンジーは主張しているのです。
 同様の主張をガンジーの言葉から拾ってみました。

非暴力の独立したインドでは、犯罪は存在しても、犯罪者は存在しません。ですから、罰を受けるということもありません犯罪は他の病気一般と同様に、病気なのです。そして、現在の社会制度の産物であります。ですから、殺人も含めたあらゆる犯罪は、病気として扱われることになります。そのようなインドが実現可能かどうかは、また別の問題です。
A. In independent India of the non-violent type, there will be crime but no criminals. They will not be punished. Crime is a disease like any other malady and is a product of the prevalent social system.  Therefore, all crime including murder will be treated as a disease.  Whether such an India will ever come into being is another question.
Harijan, 5-5-1946

彼らも、私たちと同じ人間です。我々も、彼らの立場にあったなら、同じことをしているかもしれません。人間は、状況に打ち勝てるほど強くはありません。状況が、行動を決めているのです。ですから、このことについて、彼らを責めてはいけない気がするのです。
They are human beings like us and perhaps we would be doing the same things that they are doing if we had been in their position. Man does not have the strength to fight circumstances; the latter mould his actions. Hence I do not feel that they are to be blamed for this.
Navajivan, 23-3-1930

2010年3月 3日 (水)

怒ることをガンジーは認めたのか?

『ガンディーからの<問い>』(中島岳志著・NHK出版・2009年)という本に、「ガンディーは、イギリスの不正や抑圧に対して怒りを持ち、それに抵抗することもサッティヤーグラハ(非暴力の抵抗)であると主張したのです」(P.73)と書いてあります。そして、ガンジーが書いた『真の独立への道(ヒンド・スワラージ)』(岩波文庫)から、「王が暴虐の限りを尽くせば、人民は怒ります。これがサッティヤーグラハです」(P.117)という文章が引用されています。
 しかし、ヒンド・スワラージの英文版の原文は、We cease to co-operate with our rulers when they displease us.(人民が立腹するようなことを支配者が行うのであれば、我々は協力することをやめます)となっていますから、岩波文庫は誤訳であると思われます。
 それでは、ガンジーは「怒る」ことをどうみていたのか、いくつかガンジーの言葉を引用します。

我々は報復する事なく、混乱を引き起こした者に対して敵意、怒りを抱く事なく死を引き受けねばなりません。・・しかし、これこそ真実の、世界を自滅から救うことのできる非暴力です。
We have to court death without retaliation and with no malice or anger towards those who bring about disorder....But it is the only non-violence that is true and that can save the world from self-destruction. (Harijan, 29-6-1940)

勝利を得たければ、身を屈める必要があります。怒り、敵意、自らのための欲望を抱くことなく、本物のサンニャーシ(托鉢僧)になるべきです。
You have to stoop to conquer.  You should become a real sannyasi without anger, without malice, without desire for self. (LETTER TO SWAMI GOVINDANAND February 16, 1929)

人類に奉仕することが使命だと宣言している者は、奉仕する相手に腹を立ててはならないのです。私にとって非暴力が、私の信条ですから、私は誰に対しても腹を立てることがあってはいけないのです。
It is the duty of him who claims to serve humanity not to be angry with those whom he is serving. As for myself non-violence being my creed, I cannot afford to be angry with anybody. (Young India, 2-4-1931)

怒りによって、前に進むことはできません。英国人を敵であると見なす必要はありません。彼らに対しては、サッティヤーグラハ(真理に基づいた非暴力抵抗運動)を活用してきました。しかし、彼らを敵であると考えたことは一度もありません。
Anger cannot take us forward. We need not consider the Englishmen as our enemies. I have used satyagraha against them but have never thought of them as enemies. (Young India, 2-4-1931)

大衆が憤慨するのも、もっともなことですが、大衆が怒りを表明すれば、勝利が目前であった試合に負けることになります。大衆が怒りをぶちまけるのを期待しているような高官さえいます。そうする、しないに関わらず、我々はまっすぐな道を行くのみです。
It has given a clear reason for the public to get enraged. If the latter shows anger, it will lose the game which it is about to win. Some officials may even hope that the public will give vent to its anger. Whether they do so or not, ours is a straightforward path. (Navajivan, 29-3-1931)

真に勇敢であれば、そこには敵意、怒り、不信などの入りこむ余地はありません。死や肉体的苦痛に対する恐れもありません。このような本質的な特性に欠けている人々は決して、非暴力を自分のものとすることができません。
In the composition of the truly brave there should be no malice, no anger, no distrust, no fear of death or physical hurt.  Non-violence is certainly not for those who lack these essential qualities. (Harijan, 6-1-1940)

怒りを克服しなさいというのが、ガンジーのメッセージのようです

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »