関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« パンくずや古着を与えることは慎みたい | トップページ | 鬱にあらず »

2010年2月 9日 (火)

ガンジーの絶望?? Why should I remain a witness to these things?  傍観せずに、毛布を贈ろう

『ガンジーの危険な平和憲法案』(ダグラス・ラミス著・集英社新書)という本では、"Why should I remain a witness to these things?"というガンジーの言葉が、「私は、なぜこのようなことの観察者として生きながらえなければならないのでしょうか」(P.116)と翻訳され、ガンジーの絶望として紹介してあります。
 はたして、ガンジーは絶望感に打ちひしがれていたのでしょうか?
 "Why should I ...?"で始まるこの疑問文は、修辞疑問文、いわゆる反語ととらえるべきではないでしょうか? 「このようなことを目にし続けねばならないことがどうしてありましょうか?(そんなはずはない)」つまり、自分たちで、ヒンズー教徒とイスラム教徒が殺しあう事態を改善していくことができるはずだ。その第一歩として、暴動で家を失ったイスラム教徒の避難民たちに毛布を贈ろうと呼びかけているのです。
 これは、1947年10月4日の祈祷集会でガンジーが語りかけた言葉です。ほぼ全文を訳しました。ガンジーの真意はどこにあるでしょうか?

神の国、すなわちラーマ神のお治さめになるラマラジャが、この国で実現してこそ、私は安心して休めるのです。・・・私が生き続けることを神がお望みであれば、少なくとも、かつて私のものであった強さを神が私に授けてくださいますように、私は神にお願いします。

 もし、我々がパニック状態になっていなかったなら、今ここで起きていることは何も起こらなかったはずだと、どうすれば皆さんに納得してもらうことができるでしょうか? 私には、全く自明のことなのですが・・・イスラム教徒たちが理性を失ったからと、避難民たちがパキスタンから逃れてきています。ヒンズー教徒たちは、どうしてあの国を立ち去らないとならないのでしょうか? あそこで快適に暮らしていたのではありませんか? どうして彼らは西パンジャーブから逃げ出さねばならないのでしょうか? パキスタンの他の地域からも人々が逃げ出しているのは、本当に悲劇と言うほかありません。なぜヒンズー教徒が逃げ出しているのかについて、考える必要があります。その地域のイスラム教徒たちが、暴君になったとしましょう。今度は、我々がそれに対抗して暴君となるべきでしょうか? 法の手続きも踏まずに勝手に制裁を加えるべきでしょうか? イスラム教徒があの地で殺しているからと、老若男女の別なく我々も殺すべきなのでしょうか? それでは、何度も言ってきたとおり、弱肉強食のジャングルの掟になってしまいます。そのような掟が支配的なところで生きていることはできません。これまで私は、125歳まで生かしてくださいますようにと、神に祈ってきました。そうすれば、この国のためにもう少し何か奉仕ができると思ったからです。神の国、すなわちラーマ神のお治さめになるラマラジャが、この国で実現してこそ、私は安心して休めるのです。そうなって初めて私は、インドは本当に独立したと宣言できます。しかし、今日ではそれは単なる夢になってしまいました。ラマラジャに至っては見る影もありません。現在、この国には秩序というものが全く見あたりません。このような状況で私のような人間に何ができるでしょうか? この状況を改善できないならば、私の心は泣き叫び、私をすぐにここから取り去ってくださいと神に祈ることになるでしょう。このようなことを目にし続けねばならないことがどうしてありましょうか? 私が生き続けることを神がお望みであれば、少なくとも、かつて私のものであった強さを神が私に授けてくださいますように、私は神にお願いします。人々を説得できることが私の自慢でした。以前であれば、大衆のもとに出かけて、やってはいけないと警告すれば、彼らは私の言うことを聞いてくれていました。彼らはそのように私を慕ってくれていました。今では、人々の私に対する愛情が減ったと言うつもりはありません。愛情の増減に関わらず、愛情には行動が伴わねばなりません。そして、行動が失われているのです。ですから、私は私の影響力が弱まっていると申し上げているのです。我が国が隷属状態にあったときは、私の働きもうまくいっていました。しかし、独立した今は、何もできません。私は今日もこの国民に以前と同じ助言を授けたいと思います。今日その助言を心に留めることができれば、大いに成果を上げることができます。
 みなさんに私が申し上げたいことは、冬が近づいているということです。私については、ここにいる女の子たちがこのショールを持ってきてくれました。風邪をひかないようにという心遣いです。実際、多少咳がでます。しかしだいぶ良くなりましたし、この綿のショールがあれば、しばらくは大丈夫です。しかし、難民キャンプやPurana Quilaにいるあの難民たちは、みんないったいどうなるでしょうか?
 どうして、イスラム教徒に毛布をあげないといけないのだと、お尋ねになるかもしれません。しかし、私はそのように考えることはできないのです。私にとって、イスラム教徒、シーク教徒、パールシー教徒、キリスト教徒は皆同じ人です。どんな区別もすることはできません。それらの人々にこの冬どんな事態が待ち受けているでしょうか?彼らに毛布を配るのを政府の仕事だと、あなた方が言われるとすれば、政府にはそれをする力がないと申し上げねばなりません。政府もあらゆる努力をするはずです。しかし、どこに備蓄があるでしょうか? どこから政府は毛布を調達してくることになるでしょうか? 毛布を調達するのは容易であるというのは、本当ではありません。今日では、ヨーロッパでも、アメリカでも物は不足しています。ヨーロッパやアメリカから、私たちに何かを送れる人はいません。たとえ、哀れみから数万枚の毛布を送ってくれる人がいたとしても、それがどんな役に立つでしょうか?何十万もの人々に毛布を配らないといけないのです。どうすれば、みんなが毛布を手に入れられるでしょうか? 今日ここにいらっしゃるみなさんに、私は次のことを申し上げたいのです。あの人々がみんな、冬の厳しさに苦しまねばならないとしたら、それは正しいことではありません。また、同時に、あなたの毛布をすべて彼らに差し出すこともできないことです。しかし、この中に必要とするよりもずっと多くの毛布を持っている方々が大勢いらっしゃることを、私は知っています。デリーには、ろくに毛布を買えない貧しい人々が大勢います。できるだけたくさんの毛布を差し出してください。今日からこのように、物を差し出すということを始めることができます。躊躇してはなりません。政府が何かしているから、みなさんは何もしなくてもよいとは考えないでください。寒さはすでに始まっています。まだ、耐えられる寒さですが、9月17日の後で総督の官邸に行きましたところ、暖炉にはすでに火が入っていました。すでに寒くなっていたからです。デリーの冬というのは、耐えられる限度を超えています。10月からは寒さがどんどん増してきます。そして、厳しくなってきます。11月、12月、1月、そして2月は、心地よい冬の月と言われますが、食べ物も衣類も十分にあって、たくさん着込んで、ソックスに長靴を履いて出かけられる人にとっては、冬の月日を心地よいと言うことができます。しかし、このような物を持たない人々がどうなるかを、私は実際に目にしているのです。みなさんも目撃されているかもしれません。ですから私は、そのような人々をできるだけ多く救いましょうと申し上げているのです。・・・ヒンズー教徒やシーク教徒にこそ、これらを差し上げたいのだと、あなた方が言われないことを私は強く望みます。人間はみな一つです。これらの物をイスラム教徒にあげるつもりはないと、後から私のところに言いに来る人が、一人もいないことを望みます。ここでは、大勢のイスラム教徒が殺され、多くが逃げ出しました。我々が彼らを追い出したのです。・・・・ 私の語る言葉を今ここで聞いているみなさん、そして、ラジオでこれから聴くことになる方々の中に私を困惑させる方がいないことを望みます。むしろ、神に捧げますと言ってもらいたいものです。そうすれば、受け取るにふさわしい人に手渡されるでしょう。みなさんが、それだけのことをしてくださることを望んでいますし、きっとそうしてくださると信頼しています。(祈祷集会でのスピーチ 1947年10月4日、ニューデリーにて)

  How can I convince you that all these things that are happening today would not have happened if we had not lost our heads. I have no doubt about it at all. Because the Muslims have lost their senses, the refugees are fleeing Pakistan. Why should the Hindus leave that country if they were comfortable there? Why should they run away from West Punjab? It is indeed tragic that people are running away from other parts of Pakistan as well. We should give thought to why the Hindus are running away. Suppose that the Muslims there have become tyrants, should we, in turn, become tyrants too? Should we take the law into our hands and kill the young and the old, women and children because the Muslims are killing them there? I have repeatedly stated that that is the law of the jungle. I cannot remain alive while such a law prevails. So far I had been praying to God that He may keep me alive for 125 years so that I could render some more service to the country. And I can rest in peace only when the Kingdom of God, Ramarajya, prevails in the country. Then only I can say that India has become truly independent. But today it has become a mere dream. Let alone Ramarajya, at present there is no rule whatever in the country. What can a man like me do under these circumstances? If this situation cannot be improved, my heart cries out and prays to God, that He should take me away immediately. Why should I remain a witness to these things? And if He wishes that I should remain alive, I appeal to Him at least to grant me the strength I once possessed. I used to take pride that I could convince the people.  Formerly when I went to the people and warned them against doing something, they listened to me. Such was their love for me. I would not say that people love me less today. But whether it is more or less it should be followed by action. And it is action that is lacking. Hence I would say that my influence is on the wane. My work went on well while were in bondage. But I am not able to do anything now when we are independent. I could teach the same lesson to our people today which I did then. If you can heed that advice today, we can go very
far.
  What I wanted to tell you was that for you the days of winter are coming. As for me, you see this shawl brought by these girls lest I catch a chill. I have got some cough too. But there is much improvement and this cotton wrap is sufficient for the time being. But what about all those refugees in the camps and in the Purana Quila? You can ask why you should give [blankets] for the Muslims, but I cannot think that way. For me Muslims, Sikhs, Parsis, Christians are all the same. I cannot make any distinction. What will happen to all those people in this winter? If you tell me that it is the job of the Government to give them blankets, I would say that the Government cannot do so. The Government will make all efforts, but where is the stock? From where will the Government produce the blankets? It is not true that it can easily procure them. Today things are not available even in Europe or in the United States. Nobody can send us anything from there. Even if someone sends ten or twenty thousand blankets out of pity, what purpose will be served by them? We have to provide blankets to lakhs of people. How can everyone get it? I would like to tell all those who are present here that it is not proper that all those people should suffer the rigours of winter. At the same time you cannot pass on all your blankets to them. But I know there are a number of people among us who have many more blankets than they need. There are a large number of poor people in Delhi who can hardly afford to have blankets. Give as many blankets as you can spare. You can start giving things like this from today. You should not wait and think that since the Government is doing something you need do nothing. The cold has already started though it is still bearable. But when I had gone to the Viceregal Lodge after September 17, I found the fire already ablaze in the fire-place. That was because it had already become cold and Delhi winter is such that it is more than one can bear. The cold increases rapidly from October onwards and becomes severe. November, December, January and February, are the pleasant months of winter. Those who have plenty to eat and piles of clothes and who can go about heavily clothed, can wear boots and socks, can afford to call the winter months pleasant.  But I am a witness to what happens to those who do not have these things. You too may be a witness to that. Hence I would say that we should try to save as many of such people as possible..... I do hope you will not tell me that you are giving these things for the Hindus or the Sikhs. Human beings are all one. Let on one come and tell me later on that these things are not to be given to the Muslims. A large number of Muslims have been killed here and many have fled. We have driven them out.... I hope that all those who have been hearing my words and are going to hear me on the radio will not embarrass me. Let them rather tell me that they have dedicated those things to God. In that case, they will go to the deserving people. I hope and trust that you will do this much.
SPEECH AT PRAYER MEETING NEW DELHI, October 4, 1947

« パンくずや古着を与えることは慎みたい | トップページ | 鬱にあらず »

nonviolence」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンくずや古着を与えることは慎みたい | トップページ | 鬱にあらず »