関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 改心を目指すのなら | トップページ | 日英に対する非協力 »

2009年5月13日 (水)

日印友好の基盤とは?(日本からの訪問者との対話)

 (訪問者、高岡氏は日本の国会議員で、どうやって日印の友好関係を築いたらよいか訊ねた)
 日本がインドに貪欲な眼差しを向けるのを止めるならば、それも可能でしょう。たしかに、日本はインドに軍隊を進駐させてはいません。しかし、無類の技能を用い、真実を覆い隠す能力を活用し、インド人の弱みを知り、それに付け込んで、インド中に日本の物を溢れさせようとしています。そしてそれらの製品は、多くの場合、粗悪品です。インドの支配者が搾取するやり方を、日本は真似ました。そしてもっと巧妙でさえあります。さて、日本の立場に立てば、日本はインドから手に入れている何百万ルピーもの利益を失うことはできません。インドが自発的に差し出してくれなくなれば、武力で利益を獲得することも、日本には十分できることです。しかし、そのようにしていては、日本とインドが仲良くなることはありません。両国を結びつけるのは、相互の友情に基づいた道徳的絆です。しかし、今現在は、そのような友情の基盤が存在しません。
 日本の芸術を例に挙げましょう。私は日本の芸術が好きです。私は何年も前になりますが、エドウィン・アーノルドの著書で、日本と日本の生活についての魅力的な記述を読みました。その印象はずっと私の心に残っています。日本のよい所はすべて吸収したいと思います。しかし、残念なことに、日本のよい所を我々に授けに来てくれる人はいません。日本人は、インドに自国の製品を安売りすることしか、頭にありません。日本製の布を1ヤードでも手にすることがどうしてできましょうか。どんなにすばらしく、芸術的であったとしても、我々にとっては毒です。インドの貧しい人々が飢えることになるからです。日本は、外交的手腕、技能、安く製造すること、武力戦争、搾取において西洋をはるかに凌ぐようになりました。であれば、日本が搾取を悪いことだと少しも思わないのであれば、どうして日本とインドの間に友情が築けましょうか。
 (高岡氏は、日本に新しくできたアジア人のためのアジアを代弁する政党へのメッセージをガンジーに依頼した。ガンジーは、次のように述べた:)
 アジア人のためのアジアという教義が、反ヨーロッパ連合を意味するのであれば、私はその教義に賛同しません。アジア人のためのアジアを追求するには、アジアが井の中の蛙でいることに満足していなければなりません。しかし、アジアが井の中の蛙のままでいることは許されません。全世界へ発信するメッセージをアジアは、それに恥じない行動ができればの話ですが、携えています。アジア全土は仏教的影響下にあります。そこにはインド、中国、日本、ビルマ(現ミャンマー)、セイロン(現スリランカ)、マレー諸国などが含まれます。ビルマやセイロンの人々に向かって、彼らは名ばかりの仏教徒だが、インドは正真正銘の仏教徒だと私は語りました。中国や日本に向かっても、同じことを語りたいです。しかし、アジアが、アジアだけでなく、世界のアジアになるためには、仏陀のメッセージを学びなおし、それを世界に伝えなければなりません。今日では仏陀のメッセージがあらゆる所で否定されています。ビルマでは、仏教の僧侶は皆、イスラム教徒から恐れられています。しかし、本物の仏教徒であれば、誰かから恐ろしいと思われることがあるでしょうか。
 ですから、メッセージがあるとすれば、これしかありません。古代から受け継いできた遺産に忠実でありなさいということです。2500年も前からのメッセージです。しかし、これまで、その通りに実践されたことはありませんでした。しかし、2500年が何だと言うのでしょうか。時の周期の中では、ほんの一瞬に過ぎません。満開の非暴力の花がしぼみつつあるように見えますが、満開になるのはこれからです。
ハリジャン 1938年12月24日

(Extracted from Mahadev Desai's “A Japanese Visitor”. Takaoka was a member of the Japanese Parliament and wanted to know how unity could be brought about between India and Japan.)
  It can be possible if Japan ceases to throw its greedy eyes on India. No doubt you do not bring your army to India, but you employ your matchless skill, and your ability to hide the truth and your knowledge of the weaknesses of Indians, in order to flood India with your goods which are often flimsy. You have copied the rulers of India in their methods of exploitation and gone even one better. Now, from the Japanese standpoint you cannot afford to lose the millions of rupees that you get from India. And if you cannot get them volun-tarily, you will be quite capable of doing so by force of arms. But that would not be the way of bringing Japan and India together. What can bring them together is a moral bond based on mutual friendship.  But there is no basis for that friendship today.
  Take your art. I like it. I read a fascinating account of Japan and Japanese life by Edwin Arnold many years ago. That picture has remained with me. I want to assimilate all your good points, but unfortunately no one comes here to give us the good things of Japan. You believe only in dumping your goods on us. How can I take a single yard of Japanese cloth, however fine and artistic it may be? It is as poison to us, for it means starvation for the poor people of India. You have left the West far behind in diplomacy, in skill, in cheap manufactures, in armed warfare, in exploitation. How then can there be friendship between you and us, so long as you see nothing wrong in exploitation?
(Mr. Takaoka wondered if Gandhiji could give a message to the new party in Japan which stands for Asia for the Asiatics. Gandhiji said:)
  I do not subscribe to the doctrine of Asia for the Asiatics, if it is meant as an anti-European combination. How can we have Asia for the Asiatics unless we are content to let Asia remain a frog in the well?  But Asia cannot afford to remain a frog in the well. It has a message for the whole world, if it will only live up to it. There is the imprint of Buddhistic influence on the whole of Asia, which includes India, China, Japan, Burma, Ceylon and the Malay States. I said to the Burmese and the Ceylonese that they were Buddhist in name; India was Buddhist in reality. I would say the same thing to China and Japan.  But, for Asia to be not for Asia but the whole world, it has to relearn the message of Buddha and deliver it to the world. Today it is being denied everywhere. In Burma every Buddhist monk is being dreaded by the Muslims. But why should anyone who is a true Buddhist be dreaded by anyone?
  You will therefore see that I have no message to give you but this, that you must be true to your ancient heritage. The message is 2,500 years old, but it has not yet been truly lived. But what are 2,500 years? They are but a speck in the cycle of time. The full flower of non-violence which seems to be withering away has yet to come to full bloom.
Harijan, 24-12-1938

« 改心を目指すのなら | トップページ | 日英に対する非協力 »

India and Japan」カテゴリの記事

インドと日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 改心を目指すのなら | トップページ | 日英に対する非協力 »