関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ボイコットに敵意はない | トップページ | 日印友好の基盤とは?(日本からの訪問者との対話) »

2009年5月 1日 (金)

改心を目指すのなら

Vykonの村で、いわゆる不可触民と呼ばれる人々が道路を自由に通行できるようにする改革案が、22対21で否決された。これでも、非暴力は有効なのかという投書に対するガンジーの返事。

 この手紙で、もっとも悲しむべき部分は、サティヤーグラハ(真理の宣示:真理に基づいた非暴力抵抗運動)の信奉者が、希望を失っているように思われることです。もっともなことです。彼らにとってはサティヤーグラハがうまくいかなかった最初の経験だったのですから。しかし、勝利は確実だということを、彼らに保証したいと思います。と言いますのも、彼らの大義は正当であり、非暴力の手段をとっているからです。彼らが苦しむことで、世界の注目を集めていることにも気づくべきです。この闘争を始める前に、誰がVykonという村を知っていたでしょうか? また、長年の迷信に挑んでいるということも知っておかねばなりません。偏見という鉄の壁を打ち破ろうとして、数人の改革者が苦労した1年間というのが、何だと言うのでしょうか? 忍耐を失えば、闘いに負けます。最後まで闘わねばなりません。他にどんなやり方があるというのでしょうか。頭を叩き割っても、目的は達せられません。ヒンズー教の正統派を自称する人たちは、かたく立って、殉教者の血から養分を吸うことでしょう。と言いますのも、もし仮に正統派の人々が負傷するなら、彼らの大義が間違っているとしても、同情が否応なしに彼らに集まるからです。無理やり中に入ろうとしても、バリケードが強固になるだけです。力で勝利を収めたとしても、1つの公道を機械的に利用できるというだけの話で、相手の考えが変わるわけではありません。
 しかし、ヒンズー教の改革者が求めていることは、不可触民という制度を宗教にしてしまった正統派の人々の改心です。改心というのは、今闘っているような苦しみによってしか、もたらすことはできません。サティヤーグラハは、成功に至る最短の近道です。暴力的なやり方でもたらされた改革はどれも、1年どころか何年もかかっています。ヨーロッパで、啓蒙運動が暗黒に打ち勝ったのも、長く苦しい時を経てでした。それすら、永続的な成功かどうかもわかっていません。反対して死んでいった人々が、考えを変えることはありませんでした。考えを変えた人たちというのは、敵を死に追いやっている時であっても、死んでいった人々の苦しみにひきつけられた人たちです。あの時代が世界に残した究極の遺産は、暴力的手法への信念が確固としたものになったことです。ですから私は、Vykonのサティヤーグラハの信奉者が、道を外れないことを望みます。彼らの仲間が減って、勝利がさらに遠のいたように感じることがあったとしてもです。サティヤーグラハとは、完全に自己を抹消し、最大限の謙遜と忍耐、活き活きとした信仰を持つということです。報いは、その行為そのものの中にあります。
ヤング・インディア 1925年2月26日

vol.30 p.308
173. MORE ABOUT VYKOM
  The saddest part of the letter is the fact that the satyagrahis seem to be losing hope. I do not wonder. Theirs is the first experience of sustained satyagraha. Let me, however, assure them that victory is assured. For their cause is just, their means non-violent. Let them realize, too, that by their sufferings they have attracted the attention of the world.  Whoever knew Vykom before the struggle commenced? They should also know that they are fighting an age-long superstition. What is a year's suffering on the part of a few reformers in their attempt to break down the iron wall of prejudice? To lose patience is to lose the battle. They must fight to the finish. What is the alternative anyone can have in view? The breaking of heads will not serve the purpose.  Orthodoxy will stiffen its back and will suck nourishment out of the blood of its martyrs. For if the orthodox are injured, sympathy will irresistibly be drawn towards them though their cause is wrong. To attempt to force the entry will invite stronger barricades. And even if force succeeded, it would merely mean mechanical use of a single public road and not change of opinion.
  What, however, the Hindu reformers want is the conversion of the orthodox people who have made of untouchability a religion. This they will only do by sufferings such as they are now undergoing.  Satyagraha is the shortest cut to success. All the reforms that have been brought about by violent methods have taken not one year but years. The victory of enlightenment over darkness in Europe was a long and torturing process. And one is not sure that it was a lasting success. There was no conversion of those who opposed and died. The others who were converted were attracted by the sufferings of those who died even whilst inflicting death on their opponents. The net legacy that age bequeathed the world was a confirmation of belief in methods of violence. I hope therefore that the satyagrahis of Vykom will not swerve from their path even though their ranks may be thinned and victory may seem further off than ever. Satyagraha is utter self-effacement, greatest humiliation, greatest patience and brightest faith. It is its own reward.
Young India, 26-2-1925

« ボイコットに敵意はない | トップページ | 日印友好の基盤とは?(日本からの訪問者との対話) »

nonviolence」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

Hi, nice post. I have been wondering about this topic,so thanks for writing. I'll certainly be subscribing to your site.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボイコットに敵意はない | トップページ | 日印友好の基盤とは?(日本からの訪問者との対話) »