関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 日印友好の基盤とは?(日本からの訪問者との対話) | トップページ | なぜ日本を拒むのか »

2009年5月16日 (土)

日英に対する非協力

『パール真論』(小林よしのり著・小学館)P.69に「そもそもガンジーは1942年4月の時点では、日本の勝利を確信し、日本と手を結ぶために、非常に親日的な決議草案を書いていた!ガンジーが『日本の帝国主義』を非難し始めたのは、日本が6月、ミッドウェー海戦に負けて、急に手のひらを返してからだぞ!」との記述があります。その決議草案を全訳しました。ガンジーの真意とは?

全インド会議派委員会決議草案
   (書かれたのは1942年4月24日以前、4月27日の委員会に提出された)
 スタフォード・クリップス氏がまとめた英国戦時内閣の提案によって、英国の剥き出しの帝国主義がかつてないほど明白になりました。そこで、全インド会議派委員会は、以下の結論に至りました。:
 英国にインドを防衛する能力はないというのが、全インド会議派委員会の考えです。当然のことですが、英国が行っていることはすべて、英国が自らを防衛するためです。インドと英国の利害は絶えず対立しています。ですから、お互いに防衛についての考えも異なっています。英国政府は、インドの政党を全く信用していません。インド軍は今日まで、インドを隷属状態に置くことを主要な目的として維持されてきました。一般大衆から完全に遊離していますので、人々はインド軍を自分達の軍隊と考えることは決してできません。このような不信感に基づく政策は今も継続しており、そのため、国家の防衛をインドの選ばれた代表者に委ねることをしないのです。
 日本はインドと戦闘状態にあるわけではありません。日本は大英帝国と戦争しています。インドの参戦は、インド人代表者の了承を得てはいません。純粋に英国の行為です。インドが自由を得るなら、まず最初にやることは、おそらく日本との交渉になるでしょう。英国がインドから撤退すれば、日本であろうと、他のどの国であろうと、インドを攻撃してきても、インドは自由を守ることができるというのが、会議派の主張です。
 それゆえ、全インド会議派委員会は、英国がインドから撤退することを求めています。インドの藩王らを保護する目的で、インドに残留するのだという言いのがれは、決して認められません。インドを自らの手中に握っておきたいという英国の意図がまた暴露されただけです。藩王らは、武装解除したインドでは怖いという思いをきれいさっぱり捨てることが必要です。
 多数派対少数派という問題は、英国政府によって生じた産物です。英国が撤退すれば消滅します。
 こういうわけですから、当委員会は英国の安全のためにも、インドの安全のためにも、世界平和という大義のためにも、インドを握っている手を離しなさいと要求します。たとえ英国が、アジアやアフリカの植民地を諦めないとしても、インドは要求します。
 当委員会は、日本政府と日本国民に対して保証したいと思いますが、インドは日本に対しても、他のどの国に対しても、敵意を持っていません。インドはあらゆる外国の支配から自由になることだけを望んでいます。しかし、自由を得る闘いにおいて、インドは世界が共感してくださることは歓迎しますが、外国の軍事的支援は必要としていません。インドは、非暴力の力で自由を勝ち取り、同様にしてその自由を保持します。ですから、当委員会は、日本がインドに対してどのような下心も抱かないことを希望します。しかし、もし日本がインドを攻撃し、英国がインドの主張にどんな反応も示さないならば、当委員会は、会議派の指南を求めるすべての人が、日本軍に対して完全な非暴力非協力を示して、どんな支援も提供しないことを期待します。攻撃された者が、攻撃してきた者に対して支援を提供する義務は全くありません。完全な非協力を貫くのが、彼らの義務となります。
 非暴力非協力の単純な原則を理解するのは、困難なことではありません。
 1.侵略者に膝を屈することもしませんし、彼らのどんな命令にも従いません。
 2.侵略者の歓心を買おうとしませんし、賄賂に心が動かされることもありません。しかし、侵略者に対してはどんな敵意も抱かず、その人の不幸を願うこともしません。
 3.侵略者が我々から土地を奪おうとするなら、我々は抵抗する過程で死なねばならないとしても、それを手放すことを拒否します。
 4.侵略者が病気に倒れたり、のどが渇いて死にそうになって、我々の助けを求めるのであれば、それを拒むことはしません。
 5.英軍と日本軍が戦闘状態にあるような場では、我々の非協力も実を結びませんし、無駄なことです。目下の所、我々の英国政府に対する非協力は、限定的なものになっています。日英が実際に戦闘状態にあるときに、英国に対して完全な非協力を貫くなら、インドをわざわざ日本の手中に差し出すも同然のことになってしまうでしょう。ですから、英軍の進路にどのような障害物も置かないことにします。日本に対する我々の非協力を示すには、まずこれ以外に方法はないでしょう。だからといって、我々は積極的に英国を支援するわけではありません。英国の最近の態度から判断して、我々がじゃまをしない以上の支援を、英国政府は我々に求めていません。奴隷としての支援を期待しているだけです。そのような奴隷状態を、我々は決して受け入れることができません。
 焦土戦術(退却に際して、敵に利用されないようにあらゆる資材などを破壊する戦術)について、当委員会は明確に宣言しておく必要があります。我々の非暴力の抵抗にもかかわらず、この国の一部分でも日本の手に落ちるようなことがあったとしても、作物を焼却したり、水道施設を破壊したりはしません。復旧させる努力は我々がするしかないからです。軍需物資を破壊することは、全く別の次元の話しです。ある状況下においては、軍事的に必要です。しかし、大衆が所有し、活用しているものを破壊することが、会議派の政策になることは決してありません。
 日本軍への非協力は、比較的少数の限定的なものにならざるを得ません。もし、完全かつ本物であれば、成功するに決まっています。ただし、スワラージ(自治・独立)を本当に達成するには、何百万人ものインド人が全身全霊を捧げて、建設的仕事に取り組まねばなりません。それなくして、この国全体が長年に渡る冬眠状態から起き上がることはできません。英国が居残る、残らないに関わらず、失業を一掃し、富める者と貧しい者との割れ目に橋をかけ、宗教間の対立を取り除き、不可触の悪霊を追い払い、盗賊団に改心を迫り、彼らの襲撃から人民を守るのが、いついかなる時も我々の務めです。このように国家を建設していく仕事に、何千万もの人々が強い関心を払わないならば、自由は夢のままであり、非暴力であろうと、暴力を用いてであろうと、自由は得られるはずもありません。
    外国の兵士
 インドに外国の兵士を招きいれると、インドの利益は損なわれ、インドの自由という理想が危険にさらされると、全インド会議派委員会は考えています。ですから、英国政府には、これら外人部隊を引き上げさせ、これ以上連れて来ないように要請しています。インドには無尽蔵の人手があるのに、外国の部隊を導入するとは、全く不面目なことですし、イギリスの帝国主義が不道徳である証明でもあります。

DRAFT RESOLUTION FOR A.I.C.C.  [Before April 24, 1942]
  (The A.I.C.C. at its meeting on April 27, took up consideration of the resolution, which Mirabehn carried with her from Wardha to Allahabad since Gandhiji did not attend the meeting)
  Whereas the British War Cabinet’s proposals sponsored by Sir Stafford Cripps have shown up British imperialism in its nakedness as never before, the A.I.C.C. has come to the following conclusions:
  The A.I.C.C. is of opinion that Britain is incapable of defending India. It is natural that whatever she does is for her own defence.  There is an eternal conflict between Indian and British interests. It follows that their notions of defence would also differ. The British Government has no trust in India’s political parties. The Indian army has been maintained up till now mainly to hold India in subjugation.  It has been completely segregated from the general population who can in no sense regard it as their own. This policy of mistrust still continues and is the reason why national defence is not entrusted to India’s elected representatives.
  Japan's quarrel is not with India. She is warring against the British Empire. India's participation in the war has not been with the consent of the representatives of the Indian people. It was purely a British act. If India were freed her first step would probably be to negotiate with Japan. The Congress is of opinion that if the British withdrew from India, India would be able to defend herself in the event of Japanese or any aggressor attacking India.
  The A.I.C.C. is, therefore, of opinion that the British should withdraw from India. The plea that they should remain in India for protecting the Indian Princes is wholly untenable. It is additional proof of their determination to maintain their hold over India. The Princes need have no fear from unarmed India.
  The question of majority and minority is a creation of the British Government and would disappear on their withdrawal.
  For all these reasons the Committee appeals to Britain, for the sake of her own safety, for the sake of India’s safety and for the cause of world peace to let go her hold on India even if she does not give up all Asiatic and African possessions.
  This Committee desires to assure the Japanese Government and people that India bears no enmity either towards Japan or towards any other nation. India only desires freedom from all alien domination.  But in this fight for freedom the Committee is of opinion that India while welcoming universal sympathy does not stand in need of foreign military aid. India will attain her freedom through her non-violent strength and will retain it likewise. Therefore, the Committee hopes that Japan will not have any designs on India. But if Japan attacks India and Britain makes no response to its appeal the Committee would expect all those who look to Congress for guidance to offer complete non-violent non-co-operation to the Japanese forces and not render any assistance to them. It is no part of the duty of those who are attacked to render any assistance to the attacker. It is their duty to offer complete non-co-operation.
  It is not difficult to understand the simple principle of nonviolent non-co-operation:
1. We may not bend the knee to the aggressor nor obey any of his orders.
2. We may not look to him for any favours nor fall to his bribes.  But we may not bear him any malice nor wish him ill.
3. If he wishes to take possession of our fields we will refuse to give them up even if we have to die in the effort to resist him.
4. If he is attacked by disease or is dying of thirst and seeks our aid we may not refuse it.
5. In such places where the British and Japanese forces are fighting our non-co-operation will be fruitless and unnecessary. At present our non-co-operation with the British Government is limited.  Were we to offer them complete non-co-operation when they are actually fighting, it would be tantamount to placing our country deliberately in Japanese hands. Therefore not to put any obstacle in the way of the British forces will often be the only way of demonstrating our non-co-operation with the Japanese. Neither may we assist the British in any active manner. If we can judge from their recent attitude, the British Government do not need any help from us beyond our non-interference. They desire our help only as slaves---a position we can never accept.
  It is necessary for the Committee to make a clear declaration in regard to the scorched-earth policy. If, in spite of our non-violent resistance, any part of the country falls into Japanese hands we may not destroy our crops, water-supply, etc. if only because it will be our endeavour to regain them. The destruction of war material is another matter and may under certain circumstances be a military necessity.  But it can never be the Congress policy to destroy what belongs to or is of use to the masses.
  Whilst non-co-operation against the Japanese forces will necessarily be limited to a comparatively small number and must succeed if it is complete and genuine, the true building up of swaraj consists in the millions of India whole-heartedly working the constructive programme. Without it the whole nation cannot rise from its age-long torpor. Whether the British remain or not it is our duty always to wipe out unemployment, to bridge the gulf between rich and poor, to banish communal strife, to exorcise the demon of untouchability, to reform dacoits and save the people from them. If crores of people do not take a living interest in this nation-building work, freedom must remain a dream and unattainable by eithernon-violence or violence.
        FOREIGN SOLDIERS
  The A.I.C.C. is of opinion that it is harmful to India’s interests and dangerous to the cause of India’s freedom to introduce foreign soldiers in India. It therefore appeals to the British Government to remove these foreign legions and henceforth stop further introduction. It is a crying shame to bring foreign troops in spite of India’s inexhaustible manpower and is a proof of the immorality that British Imperialism is.

« 日印友好の基盤とは?(日本からの訪問者との対話) | トップページ | なぜ日本を拒むのか »

India and Japan」カテゴリの記事

nonviolence」カテゴリの記事

インドと日本」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日印友好の基盤とは?(日本からの訪問者との対話) | トップページ | なぜ日本を拒むのか »