関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 悪に対しては、非暴力の不服従が市民の義務 (非協力運動で起訴された時の陳述書) | トップページ | ボイコットに敵意はない »

2009年3月28日 (土)

神の名を掲げた行進

 市民的不服従を行う地域に足を踏み入れましたので、これまで以上に自らを清め、真剣に献身することを強調する必要があります。・・我々は天使ではありません。非常に弱く、誘惑されやすい存在です。・・・地元の活動家がスラト市に牛乳を注文し、トラックで運ぶように手配しました。これ以外にも私が認めることのできない費用がかかっています。・・・
 このようなことがわかってくると、我々の平均収入の5000倍の給与を得ていることを厳しく批判する手紙を、私はインド総督に書きましたが、そんなことをする一体どんな権利があったというのでしょうか。・・・我々は神の名を掲げて行進をしています。飢えて着る物もなく、失業している人々のために行動しているのだと公言していますが、もし我々が国に負担をかけているのであれば、つまり、国民の平均的な日給である7パイス(インドの旧通貨単位=1/64ルピー)の50倍を国に負担させているのであれば、総督の給与を批判する資格はありません。経費の明細書を私のところに持ってくるように、私は活動家の人たちにお願いしてきました。これまでの経過から、我々の一人一人に、7パイスの50倍に近い金額がかかっていても、私はもはや驚きません。私のためにあらゆる所から調達してきてくれるのですから、こうなるしかありません。選りすぐりのオレンジや葡萄であったり、オレンジが12個あればよいところ、120個持ってきてくれたり、牛乳500mlが必要なところ、1.5リットルを提供してくれます。皆さんが差し出してくださるご馳走を、我々が受け取らなければ、皆さんを傷つけることになるだろうという言い訳をして、その全てを頂くなら、こうなるしかありません。皆さんは我々にグアバ(熱帯の果実)や葡萄を提供してくださいます。我々はそれらを、気前のよい農民が無料で下さったのだからと食べます。いろいろと便宜を図ってくれる友人から無料で頂いたつやのある高級紙に、これまた高価な万年筆で、何のやましさも感じずに、総督宛の手紙を私が書くとしましょう。皆さんや私にふさわしいことでしょうか。そのようにして書かれた手紙が、少しでも効力を発揮するでしょうか。
 このような生き方は、聖者アクノの不朽の詩歌の一節を地で行くことになります。その詩は語ります。「盗み取った食べ物は、未加工のヤマアイ(薬草、処理をしないと有毒)を食べるようなものだ」と。貧しい国に不相応な暮らしをすることが、つまり盗み取った食べ物で生きることです。盗み取った食べ物を食べていたのでは、この闘いに勝利することは、絶対に不可能です。
 ・・・
 ですから、我々のような奉仕者を皆さんがもてなしてくださっていますが、贅沢よりも足りないくらいをお願いします。仕方なく手に入らないものがあっても、文句は言いません。私のために山羊のミルクを手に入れようとして、貧しい女性から子どものためのミルクを奪ってはいけません。そんなことをしたら、そのミルクは毒物と同然です。ミルクも野菜もスラト市から運んではなりません。どうしようもなければ、それらをなしで済ますことができます。ほんの些細な口実で、自動車に頼ってはいけません。「歩けるのであれば、乗るな」というのが原則です。この運動は、お金を使って行う闘いではありません。お金を使って大衆運動を維持することはできません。いずれにしても、気前よく散財しながらこの運動を遂行するのは、私には到底できません。
 この運動において、浪費が入り込む余地はありません。すさまじい経費をかけて宣伝をしないと人が集まらないのであれば、数人の男女に呼びかけることで私は満足です。
 それでは新聞に記事が載らないと言われます。きっぱり言っておきますが、この運動は新聞の報道によって成功するものではありません。そうではなく、ラーマ神に支援されて成功するのです。我々がこの神の近くにいれば、どんな灯火も必要ではありません。ペンもインクもその他どんな付属品も必要ありません。語ることも不要です。たとえ手足をもぎ取られても、神に訴えることはできます。
 誰であっても人を見下してはいけません。夜間の歩行のために、台に取り付けた灯油バーナーを用意しておられましたが、その重たいバーナーを貧しい労働者が頭に載せて運んでいました。これは、恥ずべき光景です。この男は速く歩けと追い立てられていました。私は見ていられませんでした。ですから、私は足を速めて、同行者よりもどんどん先に行ってしまおうとしました。しかしだめでした。走って私を追いかけるようにその男は命じられたのです。まさに恥辱の極みです。その重い荷を運ばねばならないのであれば、我々の誰かがそれを運んでいるところを見たいものです。そうすれば、すぐに台もバーナーも手放してしまうことでしょう。労働者が頭に載せてそのような荷物を運ぶようなことがあっては決してなりません。正当にも、我々は強制労働(begar)に反対しています。しかし、これが強制労働でないとしたら、一体何でしょう? スワラージ(独立・自治)のもとでは、いわゆる下層民から抜擢した人にインドの運命を託すつもりであることを、忘れないでください。であれば、我々のやり方をすぐに改めない限り、皆さんや私が国民に示してきたスワラージ(独立・自治)は絵空事になります。
塩の行進の滞在地で行った演説
ヤング・インディア 1930年4月3日

  As we had entered the district in which we were to offer civil disobedience, we should insist on greater purification and intenser dedication. ・・・We are not angels. We are very weak, easily tempted. ・・・The local workers had ordered milk from Surat to be brought in a motor lorry and they had incurred other expenses which I could not justify. ・・・
  In the light of these discoveries, what right had I to write to the Viceroy the letter in which I have severely criticized his salary which is more than 5,000 times our average income? ・・・ We are marching in the name of God. We profess to act on behalf of the hungry, the naked and the unemployed. I have no right to criticize the Viceregal salary if we are costing the country, say, fifty times seven pice, the average daily income of our people. I have asked the workers to furnish me with an account of the expenses.  And the way things are going, I should not be surprised if each of us is costing something near fifty times seven pice. What else can be the result if they will fetch for me from whatever source possible, the choicest oranges and grapes, if they will bring 120 when I should want 12 oranges, if when I need one pound of milk, they will produce three? What else can be the result if we would take all the dainties you may place before us under the excuse that we would hurt your feeling if we did not take them? You give us guavas and grapes and we eat them because they are a free gift from a princely farmer. And then imagine me with an easy conscience writing the Viceregal letter on costly glazed paperwith a fountain pen, a free gift from some accommodating friend!  Will this behove you and me? Can letter so written produce the slightest effect?
  To live thus would be to illustrate the immortal verse of Akho Bhagat, who says that “stolen food is like eating unprocessed mercury”. And to live above the means befitting a poor country is to live on stolen food. This battle can never be won by living on stolen food. ・・・
  Therefore in your hospitality towards servants like us, I would have you to be miserly rather than lavish. I shall not complain of unavoidable absence of things. In order to procure goat’s milk for me you may not deprive poor women of milk for their children. It would be like poison if you did. Nor may milk and vegetables be brought from Surat. We can do without them if necessary. Do not resort to motor-cars on the slightest pretext. The rule is, do not ride if you can walk. This is not a battle to be conducted with money. It will be impossible to sustain a mass movement with money. Anywayit is beyond me to conduct the campaign with a lavish display of money.
  Extravagance has no room in this campaign. If we cannot gather crowds unless we carry on a hurricane expensive propaganda, I would be satisfied to address half a dozen men and women.
  It will be said that in that case reports will not appear in newspapers. I wish to tell you once and for all that this campaign will not succeed through newspaper reports, but with the assistance of Shri Rama. And, no light is necessary when we are near Him; neither are pen and ink and such other accessories required, nor even speech. An appeal can be made to Him even if one has lost one’s limbs.
  We may not consider anybody low. I observed that you had provided for the night journey a heavy kerosene burner mounted on a stool which a poor labourer carried on his head. This was a humiliating sight. This man was being goaded to walk fast. I could not bear the sight. I therefore put on speed and outraced the whole company. But it was no use. The man was made to run after me. The humiliation was complete. If the weight had to be carried, I should have loved to see someone among ourselves carrying it. We would then soon dispense both with the stool and the burner. No labourer would carry such a load on his head. We rightly object to begar (forced labour). But what was this if it was not begar? Remember that in swaraj we would expect one drawn from the so-called lower class to preside over India’s destiny. If then we do not quickly mend our ways, there is no swaraj such as you and I have put before the people.
SPEECH AT BHATGAM  March 29, 1930
Young India, 3-4-1930

« 悪に対しては、非暴力の不服従が市民の義務 (非協力運動で起訴された時の陳述書) | トップページ | ボイコットに敵意はない »

ethics」カテゴリの記事

倫理観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪に対しては、非暴力の不服従が市民の義務 (非協力運動で起訴された時の陳述書) | トップページ | ボイコットに敵意はない »