関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 塩以外の第2、第3の要塞 | トップページ | 神の名を掲げた行進 »

2009年3月13日 (金)

悪に対しては、非暴力の不服従が市民の義務 (非協力運動で起訴された時の陳述書)

 今回の起訴が問題としている事態を鎮めるために、忠実な協力者だった私がなぜ、頑なに反旗を翻し、非協力者になったのかを、インド人民および英国の人々に対して、私は説明しなければならないでしょう。法律によってインドで確立された政府に背いている罪で、自らを有罪だと私が主張する理由を、法廷に対しても述べるべきでしょう。
 私の公的な活動は1893年に騒然とした南アフリカで始まりました。あの国で、英国当局との初めての接触は、愉快なものではありませんでした。一人の人間として、一人のインド人として、私にはどんな権利もありませんでした。もっと正確に言うならば、私がインド人だったので、人間としての権利がなかったのです。
 しかし、私はくじけませんでした。インド人がこのように扱われているとしても、それは、本来は大部分、良いものである体制の表面に生じた突起物に過ぎないと思っていました。私は自主的かつ心から政府に協力してきました。そして、欠点だと感じる点については、遠慮せずに批判してきました。しかし、政府を転覆させようと思ったことは一度もありません。ですから、1899年のボーア戦争で、大英帝国が脅かされた時、私は英国のために働きました。ボランティアの衛生兵を募り、・・・同様にズールー人の反乱があった1906年に担架兵を募り、その反乱が治まるまで任務に当たりました。・・・求められるままに、このような働きをしてきましたのも、これを通して、わが国の人々が帝国内で対等の立場を獲得できると信じていたからです。
 ローラット法という形で最初の衝撃が走りました。この法律では、国民から実質的自由をすべて奪うことが意図されていました。集中的な反対運動の先頭に立つことが求められていると、私は感じました。そして今度は、ジャリアンワーラーの虐殺(ダイヤー将軍によって集会中の市民に無差別の発砲が行われた)に始まり、腹ばい令、公開鞭打ち、その他、口にできないような屈辱行為に至るパンジャーブの惨劇へと続きました。
 (中略)
 英国との関係によってインドは、政治的にも経済的にもかつてないほど無力な状態に陥ってしまったと言わざるを得ません。武装解除されたインドは、仮に武器を取って戦おうとしても、侵略者に抵抗する力を持っていません。状況がこのようですので、インドの非常にすぐれた人たちの中にも、インドが主権を獲得するには何世代もかかるに違いないと、考える人たちがいます。インドは、あまりにも貧しくなってしまったために、飢饉に抵抗する力もほとんどありません。英国が進出してくる前は、インドでは国内の何百万もの家屋で、糸紡ぎ、機織りが行われていました。わずかな農業収入に追加する必要があって、補完的にこれらを行っていました。この家内手工業は、インドの存続に極めて重要だったのですが、信じがたいほど血も涙もない非人間的なやり方で、破壊されてしまいました。これは、英国人の目撃者が記述している通りです。半ば飢えたインドの大衆が、いかにして徐々に生気を失っていったかを、町の人々はほとんど知りません。彼らのわずかな収入は、外国の業者のためにやった仕事で得る手数料だけであること、しかも大衆から利益と手数料が吸い取られていることを町の人はほとんど知りません。英領インドの法律によって確立した政府は、このように大衆を搾取するために存続していることに、町の人々はほとんど気づいていません。どんな詭弁や数字上のごまかしによっても、多数の村々のやせ細った人々という肉眼に突きつけられる証拠を言い逃れることはできません。もし天に神がいるのであれば、英国とインドの町に住む人々の両方が、おそらく歴史上類を見ない人道に対するこの罪の責任を負わねばならないと、私は少しの疑いもなく確信しています。この国の法律それ自体が、外国の業者に奉仕するために利用されてきました。
 (中略)
 最も不幸なことには、この国の行政を司る英国人とインド人の同僚には、私がこれまで述べようとしてきたこの犯罪を行っている自覚がありません。自分たちは考案された世界最良の制度を運営しており、インドはゆっくりであるとしても着実に進歩していると、多くの英国人およびインド人の高官が、心から信じているのは確かです。それとなく、しかしそれでも実効的なテロリズムのシステムを用いて組織的暴力を見せつけながら、他方では、報復や自衛の力をことごとく奪うことで、彼らは国民を去勢し、見せかけを行う癖を身につけてしまいましたが、彼らにはそのことがわかっていません。この恐ろしい習慣のために、行政官はますます無知になり、自己欺瞞に陥っています。私が喜びを持って起訴されている第124条A項は、市民の自由を抑圧することを意図したインド刑法の政治条項の中でもおそらく第1級でしょう。愛情は法律によって作り出したり、規制することはできません。人や制度に愛情が持てないのであれば、その不満を思う存分表明する自由が人にはあるはずです。ただし、暴力を企てたり、奨励したり、煽ったりしなければの話ではありますが。しかし、バンカー氏と私が告発されています条項では、不満を表明するだけで罪となります。この条項のもとで審理が行われている事例のいくつかを、私は調査しました。その結果、インドを愛してやまない愛すべき人々が、この条項によって有罪とされていることが分りました。ですから、この条項で告発されたことは名誉であると思います。簡単な概要の形で、私は不満の理由を述べようとしてきました。私は行政官の誰にも、個人的な恨みは持っていません。なおのこと、国王個人に対しても、どんな不満もありません。しかし、全体として、これまでのどの制度よりも多くの害をインドに与えてきた政府に対して不満を抱くことは、道徳的行為だ私は考えます。インドは、英国の統治下で、かつてないほど女々しくなってしまいました。そのように確信していますので、その制度に対して愛情を持つことは、罪であると私は考えます。私に不利な証拠として提出された各記事を、私が書くことができましたのも、またとない栄誉なことでした。
 実際、私は非協力をする中で、インドと英国が不自然な状態から抜け出す道を示したのですから、インドと英国の両方に奉仕してきたと、私は信じています。私は言わせていただきますが、悪に協力しないことは、善に協力するのと同じくらい重要な義務です。しかし、過去においては、非協力は、悪を行う者に対する意図的な暴力という形で表現されてきました。暴力的な非協力は悪を増大させるだけだということを、私は同胞の人々に教えようとしています。そして、悪というのは、暴力によってのみ維持できるのですから、悪を支えるのをやめようと思えば、暴力から完全に手を切ることが必要だということもわかってもらいたいのです。非暴力とは、悪に協力しなかった罰に自発的に従うことなのです。ですから、私はここで、私に科すことのできる最高の刑罰を求め、それに喜んで従いたいと思います。法律上では周到な犯罪でありながら、私には市民としての最高の義務だと思われることを行ったのですから、裁判長殿、あなたが選択できる道は次の2つだけです。ひとつは、辞職し、そうすることで悪と袂を分かつことです。適用するように求められている法律が悪であり、実際には、私が無罪であるとあなたが思われるのであれば、そうしてください。あるいは、あなたが手を貸し、適用している制度および法律がこの国の人々にとって良いものであり、そのゆえ、私の行為は公共の福祉を害すると信じておられるのであれば、私に最も厳しい刑罰を科してください。
ヤング・インディア 1923年3月23日

  I owe it perhaps to the Indian public and to the public in England, to placate which this prosecution is mainly taken up, that I should explain why from a staunch loyalist and co-operator, I have become an uncompromising disaffectionist and non-co-operator. To the court too I should say why I plead guilty to the charge of promoting disaffection towards the Government established by law in India.  My public life began in 1893 in South Africa in troubled weather. My first contact with British authority in that country was not of a happy character. I discovered that as a man and an Indian, I had no rights. More correctly I discovered that I had no rights as a man because I was an Indian.
  But I was not baffled. I thought that this treatment of Indians was an excrescence upon a system that was intrinsically and mainly good. I gave the Government my voluntary and hearty co-operation, criticizing it freely where I felt it was faulty but never wishing its destruction.  Consequently when the existence of the Empire was threatened in 1899 by the Boer challenge, I offered my services to it, raised a volunteer ambulance corps ・・・.  Similarly in 1906, at the time of the Zulu‘revolt', I raised a stretcher bearer party and served till the end of the ‘rebellion'. ・・・ In all these efforts at service, I was actuated by the belief that it was possible by such services to gain a status of full equality in the Empire for my countrymen.
  The first shock came in the shape of the Rowlatt Act---a law designed to rob the people of all real freedom. I felt called upon to lead an intensive agitation against it. Then followed the Punjab horrors beginning with the massacre at Jallianwala Bagh and culminating in crawling orders, public flogging and other indescribable humiliations. ・・・
  I came reluctantly to the conclusion that the British connection had made India more helpless than she ever was before, politically and economically. A disarmed India has no power of resistance against any aggressor if she wanted to engage, in an armed conflict with him. So much is this the case that some of our best men consider that India must take generations, before she can achieve Dominion Status. She has become so poor that she has little power of resisting famines. Before the British advent India spun and wove in her millions of cottages, just the supplement she needed for adding to her meagre agricultural resources. This cottage industry, so vital for India's existence, has been ruined by incredibly heartless and inhuman processes as described by English witness. Little do town dwellers know how the semi-starved masses of India are slowly sinking to lifelessness. Little do they know that their miserable comfort represents the brokerage they get for their work they do for the foreign exploiter, that the profits and the brokerage are sucked from the masses. Little do they realize that the Government established by law in British India is carried on for this exploitation of the masses. No sophistry, no jugglery in figures, can explain away the evidence that the skeletons in many villages present to the naked eye. I have no doubt whatsoever that both England and the town dwellers of India will have to answer, if there is a God above, for this crime against humanity, which is perhaps unequalled in history. The law itself in this country has been used to serve the foreign exploiter. ・・・
  The greater misfortune is that the Englishmen and their Indian associates in the administration of the country do not know that they are engaged in the crime I have attempted to describe. I am satisfied that many Englishmen and Indian officials honestly believe that they are administering one of the best systems devised in the world, and that India is making steady, though, slow progress. They do not know, a subtle but effective system of terrorism and an organized display of force on the one hand, and the deprivation of all powers of retaliation or self-defense on the other, have emasculated the people and induced in them the habit of simulation. This awful habit has added to the ignorance and the self-deception of the administrators. Section 124 A, under which I am happily charged, is perhaps the prince among the political sections of the Indian Penal Code designed to suppress the liberty of the citizen. Affection cannot be manufactured or regulated by law. If one has no affection for a person or system, one should be free to give the fullest expression to his disaffection, so long as he does not contemplate, promote, or incite to violence. But the section under which Mr. Banker and I are charged is one under which mere promotion of disaffection is a crime. I have studied some of the cases tried under it; I know that some of the most loved of India's patriots have been convicted under it. I consider it a privilege, therefore, to be charged under that section. I have endeavored to give in their briefest outline the reasons for my disaffection. I have no personal ill-will against any single administrator, much less can I have any disaffection towards the King's person. But I hold it to be a virtue to be disaffected towards a Government which in its totality has done more harm to India than any previous system. India is less manly under the British rule than she ever was before. Holding such a belief, I consider it to be a sin to have affection for the system. And it has been a precious privilege for me to be able to write what I have in the various articles tendered in evidence against me.
  In fact, I believe that I have rendered a service to India and England by showing in non-co-operation the way out of the unnatural state in which both are living. In my humble opinion, non-co-operation with evil is as much a duty as is co-operation with good.  But, in the past, non-co-operation has been deliberately expressed in violence to the evil-doer. I am endeavouring to show to my countrymen that violent non-co-operation only multiplies evil and that, as evil can only be sustained by violence, withdrawal of support of evil requires complete abstention from violence. Non-violence implies voluntary submission to the penalty for non-co-operation with evil. I am here, therefore, to invite and submit cheerfully to the highest penalty that can be inflicted upon me for what in law is a deliberate crime and what appears to me to be the highest duty of a citizen. The only course open to you, the Judge, is either to resign your post and thus dissociate yourself from evil, if you feel that the law you are called upon to administer is an evil and that in reality I am innocent; or to inflict on me the severest penalty if you believe that the system and the law you are assisting to administer are good for the people of this country and that my activity is, therefore, injurious to the public weal.
Young India, 23-3-1922

« 塩以外の第2、第3の要塞 | トップページ | 神の名を掲げた行進 »

nonviolence」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩以外の第2、第3の要塞 | トップページ | 神の名を掲げた行進 »