関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 平等な分配を実現するには | トップページ | 非暴力は愛の実践 »

2009年2月 5日 (木)

非暴力の有効性

私は若者を始め、インドの人々に、もっと優れていて、もっと有効なやり方を謹んで提示してきました。つまり、魂の力、真実の力、愛の力を用いた方法です。もっと良い言葉がないために、受動的抵抗と呼んできました。私は指導者の方々に、このやり方を十分かつ大胆に採用してくださいと、この重大な局面において、お願いしています。自らが苦しむことが伴います。初めから終りまで、それだけです。世界のどの政府も、罪のない人々を投獄したり、彼らに乱暴を働いたりし続けることはできません。英国政府が、このようなことを続けるわけには行きません。不正を行っている時でさえも、道徳的見地から、自分たちを正当化したがるものです。ここに、このやり方の大いなる秘訣、特徴があります。
総督の秘書にあてた手紙より 1917年7月7日

I have presented to the youths and to Indians in general in my humble way a better and more effective method and that is the method of soul force or truth force or love force which for want of a better term I have described as passive resistance. And I am asking the leaders to adopt this method fully and boldly at this critical juncture. It involves self-suffering and that alone throughout. No government in the world can afford continually to imprison or molest innocent men; the British Government cannot afford it. It is its great secret and character that even when it does wrong, it seeks to justify it before the world on moral grounds.
LETTER TO PRIVATE SECRETARY TO VICEROY
BANKIPORE,  July 7, 1917

« 平等な分配を実現するには | トップページ | 非暴力は愛の実践 »

nonviolence」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平等な分配を実現するには | トップページ | 非暴力は愛の実践 »