関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 平和のための苦しみは、喜びの陣痛 | トップページ | 平等な分配を実現するには »

2009年1月28日 (水)

空っぽの文明

 パリの惨劇(1903年8月10日のパリの地下鉄火災、84人が死亡し多くの負傷者を出した)は、そのニュースが届いたすべての地域を悲しみで一杯にしたに違いありません。亡くなられた方々や、生存者の気持ちは察して余りあります。我々にとってこのような思いもよらない出来事は、単なる事故ではありません。その気になれば、豊かな教訓を学ぶことのできる神の差配であると、我々は考えます。近代文明のあらゆるきらびやかさの背後にある恐ろしい悲劇を、我々に示しているのです。我々は、とどまるところを知らない慌しさの中で、暮らしています。そのために、しばらくの間パリが喪に服することになるこのような出来事が、一体何をもたらすのかを、十分に時間をとって考えることができなくなっています。亡くなった方々のことは、やがて忘れさられます。そしてすぐにパリは、まるで何事もなかったかのように、いつもの活気をとり戻します。しかし、この事故について、頭をかすめる以上に、思いをめぐらせてみる人々は、きらびやかで、華やかな外観の影で、実体あるものがことごとく欠けていることに気づかないわけにはいきません。我々にとって、この意味することは明白です。つまり、我々は皆、未来に備えるためだけに現在を生きなければならなくなっているのです。未来よりも現在の方が、はるかに確かで、現実であるというのにです。確かさを得るために近代文明が提供するどんなものによっても、もともと不確かであるものを、確かにすることができるはずはありません。そのことに思い至るならば、驚くような発見や、素晴らしい発明の数々を自慢してみたところで、それ自体は良いものであったとしても、結局は空っぽなのです。悩み苦しむ人類に、実質的なものは何も提供してくれません。このような不意の出来事に慰めを見出すには、しっかりとした信仰にしか拠り所はありません。それも理論としてではなく、事実として来世および神の存在を信じる信仰です。そして、そのような信仰だけが、持つ価値があるものであり、養っていく価値があるものです。それによって、我々は自分たちを造られた神がわかるようになり、結局我々は、地上に一時滞在しているに過ぎないと気づくのです。
インディアン・オピニオン 1903年8月20日

The catastrophe at Paris(1) must have filled all the portions of the globe where the news reached with gloom. We can well imagine the feelings of the victims and the survivors. To us, these untoward happenings are not merely accidents but we look upon them as divine visitations from which we, if we chose, may learn rich lessons. To us, they show a grim tragedy behind all the tinsel splendour of the modern civilization. The ceaseless rush in which we are living does not leave any time for contemplating the full results of events such as have placed Paris in mourning for the time being. The dead will be soon forgotten, and in a very short time, Paris will again resume its usual gaiety as if nothing whatsoeverhad happened. Those, however, who will give the accident, if so it may be called, more than a passing thought, cannot fail to realize that behind all the splendour and behind all the glittering appearances there is something very real which is missed altogether.  To us, the meaning is quite dear, namely, that all of us have to live the present life merely as a preparation for a future, far more certain and far more real. Nothing that the modern civilization can offer in the way of stability can ever make any more certain that which is inherently uncertain; that, when we come to think of it, the boast about the wonderful discoveries and the marvellous inventions of science, good as they undoubtedly are in themselves, is, after all, an empty boast. They offer nothing substantial to the struggling humanity, and the only consolation that one can derive from such visitations has to come from a firm faith not in the theory, but in the fact, of the existence of a future life and real Godhead. And that alone is worth having or worth cultivating which would enable us to realise our Maker and to feel that, after all, on this earth we are merely sojourners.
Indian Opinion, 20-8-1903
(1) A disastrous fire in the underground Electric Railway on 10 Aug. 1903, in which eighty-four personw were killed and many injured.

« 平和のための苦しみは、喜びの陣痛 | トップページ | 平等な分配を実現するには »

modern civilization」カテゴリの記事

文明論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平和のための苦しみは、喜びの陣痛 | トップページ | 平等な分配を実現するには »