関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 戦争をなくすには | トップページ | 空っぽの文明 »

2009年1月20日 (火)

平和のための苦しみは、喜びの陣痛

 ページ氏が書いた世界大戦(第一次大戦)に関する、非常に優れた小論文の主要な部分を再掲したのも考えがあってのことです。その価値ある各章をじっくり注意深く読んで下さい。ページ氏は、両陣営がともに同罪であり、どちらの陣営も残虐で、非人道的行為を働いたと、最終的に証明しています。歴史に記録されているどんな戦争よりも、多くの命が今回の大戦で奪われたことは、ページ氏に教えてもらうまでもありません。道徳の崩壊は、それ以上です。(嘘・偽り・欺瞞的行為など)魂を損なう有害な力が、肉体を破壊する力と同様に完成の域に達してしまいました。道徳的影響は、肉体的被害に劣らず深刻です。この戦争によってもたらされた性道徳の崩壊が、人類にどのような影響をもたらすかを判断するのは、まだ時期尚早です。悪徳が美徳を凌駕してしまいました。人間の中にある残虐さが、今現在優勢になってしまっています。
 おそらく後遺症の方が、今現実にある状況よりも、もっとひどいことになるでしょう。ヨーロッパのどの国も、政権が安定していません。どの階級の人も、自分たちの現状に満足していません。他者を犠牲にしても自分たちの状況を良くしたいと、誰もが願っています。国家間の戦争に代わって、各国内で紛争が起こっています。
 インドは決断しなければなりません。望むのであれば、戦争への道を選んで、卑劣な国に成り下がることもできましょう。ヒンズー教徒とイスラム教徒の対立において、戦争の第一課を学んでいるようなものです。もしインドが戦争によって自由を得るようなことになれば、インドの状態がフランスやイギリスに優ることもなければ、おそらくずっと悲惨な状態になるでしょう。過去の事例を当てはめることはもはやできません。日本がかなりの発展を遂げているとしても、我々を導いてくれるわけではありません。戦争の技術も、日露戦争以来、おおいに‘発展’を遂げました。その結末はヨーロッパの現状を調べさえすれば、わかります。もしインドが戦争という方法で、英国のくびきから逃れるならば、必ずやページ氏が描写してくれた状態を経ることになります。
 しかし、平和への道を選択することもできます。忍耐できれば、自由は保証されます。待てないという我々の性質からは、最も遠回りに見えるとしても、こちらが実は最短の道です。平和への道を行くことで、内面が成長し、心の平安が確保されます。我々を抑圧する支配者の意志に屈服するように見えるため、我々はその道を拒みます。しかし、抑圧は、そう見えるだけであって、命や財産を失いたくないという思いから、部分的に抑圧に加担してしまっていることに気づいた瞬間、そういう後ろ向きの受動的承認行為をやめさえすればよいのだと、理解することになります。そのために受ける苦痛は、戦争への道を歩んだ場合に被らねばならない肉体的苦痛や、道徳心の崩壊に比べれば物の数ではありません。戦争の苦しみによって、両陣営がともに害毒を受けます。平和への道を行く苦しみは両者に益をもたらします。新しい誕生を迎える喜びの陣痛のようなものです。
 1920年から21年の出来事から即断して、誤解しないようにしましょう。あの輝かしい日々に、確かに大きな成果をあげはしました。しかし、もし我々が真理を尊び、信じきっていたならできたであろうことに比べれば、たいしたことではありません。口では非暴力を讃えていたものの、我々の多くの心の中には、暴力が渦巻いていました。そしてこのように自らの信条を偽っておきながら、そして、そのことを認めておきながら、非暴力は役に立たないと、非暴力に責任を転嫁し、非暴力を信じなくなっています。本来なら、自らを責め、自分の行いを改めるべきであるのにです。チョウリ・チョウラ事件(1922年2月、不服従運動の弾圧に抗議した農民が警察署を囲んで放火し警官22人を殺害)は、我々を蝕んでいる病が表面に現れた症例です。我々の主張は、平和的で非暴力の方法を貫くということだったはずです。しかし、この方針を完全には維持できませんでした。敵のあざけりを気にする必要はありません。彼らは、その兆候さえない時でも暴力だと言い立てました。しかし、我々は「さらに小さな内なる声」のささやきを無視してはなりません。その声は、我々の内に潜む暴力を知っていました。
 平和への道は真理への道です。真実であるということは、平和であるということよりももっと重要です。実際、うををつくということが暴力を生みます。真実である人が、長い間暴力をふるっていることはできません。真理を探究する中で、暴力を用いる必要がないということことに気づいていきます。さらに自分の中にほんの少しでも暴力が潜んでいる限り、自分が追究している真理は見出せないといことが明らかになるのです。
 片手に真理と非暴力を掲げ、もう片方の手に偽りと暴力を持つような中途半端な道は存在しません。思い、言葉、行いにおいて、完全な非暴力が示せるほどの強さを持つことはできないかもしれません。しかし、非暴力を目標として思い描き、それに向かって一歩、一歩着実に歩んでいかねばなりません。人にとっても、国にとっても、世界にとっても、どこまで自由が得られるかは、どの程度まで、我々一人一人が、非暴力への道を歩んでいるかによって決まります。ですから、本物の自由を達成するには、非暴力以外の方法はないと信じている者が、真っ暗闇の中で非暴力の明りを明るく輝かせて行こうではありませんか。少数の掲げる真理が、価値あるのです。大勢が掲げる偽りは、風の一吹きで飛び散ってしまう籾殻のように、やがては消滅します。
ヤング・インディア 1926年5月20日

  It was not without purpose that I reproduced the main parts of Mr. Page’s very able pamphlet on the World War.  I hope that the reader followed them with the care and attention the chapters deserved. Mr. Page has proved conclusively that both the parties were equally to blame and that both resorted to barbarous and inhuman practices. We did not need Mr. Page’s help to learn that no war of which history has any record took so many lives as this did. Moral loss was greater still. Poisonous forces destructive of the soul (lying and deception) were brought to perfection as much as the forces destructive of the body. The moral results have been as terrible as the physical. It is yet too early to measure the effect on mankind of the collapse of the sexual morality brought about by the War. Vice has usurped the throne of virtue. The brute in man has for the time being
gained supremacy.
  The after-effects are, perhaps, more terrible than the actual and immediate effects. There is no stability about the government of any single State of Europe. No class is satisfied with its own condition.  Each wants to better it at the expense of the rest. War between the States has now become a war within each State.
  India has to make her choice. She may try, if she wishes, the way of war and sink lower than she has. In the Hindu-Muslim quarrel, she seems to be taking her first lesson in the art of war. If India can possibly gain her freedom by war, her state will be no better and will be, probably, much worse than that of France or England. Paste examples have become obsolete. Not even Japan’s comparative progress can be any guide. For, “the science” or war has made much greater “progress” since the Russo-Japanese war. Its result can only be studied in the present condition of Europe. We can safely say that if India throws off the British yoke by the way of war, she must go through the state Mr. Page has graphically described.
  But the way of peace is open to her. Her freedom is assured if she has patience. That way will be found to be the shortest even though it may appear to be the longest to our impatient nature. The way of peace insures internal growth and stability. We reject it because we fancy that it involves submission to the will of the ruler who has imposed himself upon us. But the moment we realize that the imposition is only so-called and that through our unwillingness to suffer loss of life or property, we are party to the imposition, all we need do is to change that negative attitude of passive endorsement.  The suffering to be undergone by the change will be nothing compared to the physical suffering and the moral loss we must incur in trying the way of war. And the sufferings of war harm both the parties. The sufferings in following the way of peace must benefit both. They will be like the pleasurable travail of a new birth.
  Let us not be misled by a hasty generalization of the events of 1920-21. Great as the achievement of that brilliant period was, it was nothing compared to what it might have been, had we been true and had faith. Violence was in the breasts of many of us whilst with our lips we paid homage to non-violence. And, though we were thus false to our creed, so far as we had accepted it, we blamed it and lost faith instead of blaming and correcting ourselves. Chauri Chaura was a symptom of the disease that was poisoning us. Ours was claimed to be a peaceful, non-violent way. We could not sustain the claim in its fulness. The 'enemy's’ taunts we need not mind. They saw vilolence even where there was no trace of it. But we could not disregard the judgment of the still small within.
  The way of peace is the way of truth. Truthfulness is even more important than peacefulness. Indeed, lying is the mother of violence.  A truthful man cannot long remain violent. He will perceive in the course of his search that he has no need to be violent and he will further discover that so long as there is the slightest trace of violence in him, he will fail to find the truth he is searching.
  There is no half way between truth and non-violence on the one hand and untruth and violence on the other. We may never be strong enough to be entirely non-violent in thought, word and deed. But we must keep non-violence as our goal and make steady progress towards it. The attainment of freedom, whether for a man, a nation or the world, must be in exact proportion to the attainment of non-violence as the only method of achieving real freedom, keep the lamp of non-violence burning bright in the midst of the present impenetrable gloom. The truth of a few will count, the untruth of millions will vanish even like chaff before a whiff of wind.
Young India, 20-5-1926

« 戦争をなくすには | トップページ | 空っぽの文明 »

nonviolence」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦争をなくすには | トップページ | 空っぽの文明 »