関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 従軍した理由 | トップページ | 平和のための苦しみは、喜びの陣痛 »

2009年1月 9日 (金)

戦争をなくすには

 

私はどんな戦争にも頑固に反対なのだと理解しておいてください。私の言うことが受け入れられないというのであれば、私の参加を無意識の弱さのせいにしておいてもらっても構いません。ある状況下では戦争を正当化できるという根拠に私の行動を利用する者がいて、私はそれを非常に残念に思っています。
 ・・・戦争に反対するヨ-ロッパの人たちには、彼らと私との間にある決定的違いについて理解していただきたいと思います。彼らの国は搾取されていませんが、私の国は、地上で最も搾取されている国です。あからさまなたとえで言えば、ヨ-ロッパは猫で、私はネズミです。ネズミに非暴力を尊ぶ意識があり得ましょうか。暴力で成功をおさめようと必死になるのが、ネズミの切実な要求ではないでしょうか。・・・
 ただし、人間はどんなに低く見られ、落としめられていようとも、人種、皮膚の色に関係なく、人類が今だ達していない高みまで自分を高めて行ける力を自分の中に持っています。・・・
 非暴力の論理にすべての人が従っているわけではないのは事実です。しかし、そんなことが誰にできるでしょうか。非暴力の真理を究め、それを実践するために最大限努力していると自慢しているにもかかわらず、私はその教義によって当然求められることに従っていないことがよくあります。人間の感情に働く自然の摂理は神秘的で、言葉では説明しがたいものです。
 次のことを私は確信しています。非暴力の手段によって、インドが堂々と独立するならば、インドは強大な陸、海、空の軍隊を持とうとすることは決してないでしょう。インドが自由を得る戦いにおいて非暴力の勝利を収めるのに必要とされる高さまで自らの意識を高められるならば、世界の価値観は変わり、戦争の道具はほとんど無駄であることに世界は気づくでしょう。そのようなインドは単なる空想の産物、子供っぽいざれ言に過ぎないかもしれません。しかし、私の考えではそのようなインドが疑いもなく、非暴力で自由を得たインドの姿です。
 もし得られたとして、そのような自由が得られる時は、英国との紳士的協定によってもたらされるでしょう。しかしその時には、世界に冠たる大英帝国が尊大な態度を示すのではなく、英国が謙虚に人類共通の目的に奉仕するという形をとります。そうなれば、インドはもはや、搾取する英国の戦争に否応なく加担させられることはなくなり、むしろインドの声が世界のあらゆる暴力の抑止に努める強大な国家の声となるでしょう。
 このような空想的とも言える目標を実現できようができまいが、私はそれに人生を掛けています。どのような状況であろうとも、もはや英国の戦争に加わることはできません。そして、私は既にここで述べてきましたが、もしインドが、いわゆる暴力的手段によって自由を勝ち得るなら、インドは私が誇りとする国家ではなくなります。もしそのようなことになれば、その時には私は死んだも同然です。ですから、インドが搾取のために行う戦争に直接あるいは間接的を問わず、私が関わるようなことはありえません。
 しかし、既に述べたように、西洋諸国の戦争に反対する方々も、戦争のためになされる準備にお金を払っていたり、あるいは戦争の準備が主要な関心事となってしまった政権を支えている限りにおいて、平和なときにあってさえもその方々は戦争に参加していると言えます。さらに、戦争の原因を理解し、その根本的解決を図ろうとしない限り、戦争をやめさせようとする行動もすべて無駄に終わります。現代の戦争の主な原因は、地上のいわゆる弱い民族を搾取しようとする非人間的競争にあるのでないでしょうか。
ヤング・インディア 1929年5月9日

  Let them understand me to be uncompromisingly against all war. If they cannot appreciate my argument, let them impute my participation to unconscious weakness.  For I would feel extremely sorry to discover that my action was used by anyone to justify war under certain conditions.
  ・・・Let the European war resisters appreciate one vital difference between them and me. They do not represent exploited nations, I represent the most exploited nation on earth. To use an unflattering comparison they represent the cat and I represent the mouse. Has a mouse eventhe sense of non-violence? Is it not a fundamental want with him to strive to offer successful violence?・・・
  A human being, however debased or fallen he may be, has in him the capacity of rising to the greatest height ever attained by any human being irrespective of race or colour.・・・
  It is true that all have not followed out the logical consequences of non-violence. Who can? In spite of my boast that I know the truth of non-violence and try my utmost best to practise it, I fail often to follow out the logical conclusions of the doctrine. The working of nature's processes in the human breast is mysterious and baffles interpretation.
  This I know that if India comes to her own demonstrably through non-violent means, India will never want to carry a vast army, an equally grand navy and a grander air force. If her self-consciousness rises to the height necessary to give her a non-violent victory in her fight for freedom, the world values will have changed and most of the paraphernalia of war would be found to be useless.  Such an India may be a mere day-dream, a childish folly. But such in my opinion is undoubtedly the implication of an India becoming free through non-violence.
  When that freedom comes, if it ever does, it will have come through a gentlemanly understanding with Great Britain. But then it will not be an imperialistic haughty Britain manoeuvring for world supremacy but a Britain humbly trying to serve the common end of humanity. India will no longer then be helplessly driven into Britain's wars of exploitation but hers will be the voice of a powerful nation seeking to keep under restraint all the violent forces of the world.
  Whether all these fanciful ideas are ever realized or not, my own lifeline is cast. I can no longer in any conceivable circumstance take part in Britain's wars. And I have already said in these pages that if India attains (what will be to me so-called) freedom by violent means she will cease to be a country of my pride; that time would be a time for me to civil death. There can therefore never be any question of my participation direct or indirect in any war of exploitation by India.
  But I have already pointed out in these pages that fellow war-resisters in the West are participants in war even in peace time inasmuch as they pay for the preparations that are being made for it and otherwise sustain governments whose main occupation is such preparation. Again all activity for stopping war must prove fruitless so long as the causes of war are not understood and radically dealt with.  Is not the prime cause of modern wars the inhuman race for exploitation of the so-called weaker races of the earth?
Young India, 9-5-1929

« 従軍した理由 | トップページ | 平和のための苦しみは、喜びの陣痛 »

nonviolence」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 従軍した理由 | トップページ | 平和のための苦しみは、喜びの陣痛 »