関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

空っぽの文明

 パリの惨劇(1903年8月10日のパリの地下鉄火災、84人が死亡し多くの負傷者を出した)は、そのニュースが届いたすべての地域を悲しみで一杯にしたに違いありません。亡くなられた方々や、生存者の気持ちは察して余りあります。我々にとってこのような思いもよらない出来事は、単なる事故ではありません。その気になれば、豊かな教訓を学ぶことのできる神の差配であると、我々は考えます。近代文明のあらゆるきらびやかさの背後にある恐ろしい悲劇を、我々に示しているのです。我々は、とどまるところを知らない慌しさの中で、暮らしています。そのために、しばらくの間パリが喪に服することになるこのような出来事が、一体何をもたらすのかを、十分に時間をとって考えることができなくなっています。亡くなった方々のことは、やがて忘れさられます。そしてすぐにパリは、まるで何事もなかったかのように、いつもの活気をとり戻します。しかし、この事故について、頭をかすめる以上に、思いをめぐらせてみる人々は、きらびやかで、華やかな外観の影で、実体あるものがことごとく欠けていることに気づかないわけにはいきません。我々にとって、この意味することは明白です。つまり、我々は皆、未来に備えるためだけに現在を生きなければならなくなっているのです。未来よりも現在の方が、はるかに確かで、現実であるというのにです。確かさを得るために近代文明が提供するどんなものによっても、もともと不確かであるものを、確かにすることができるはずはありません。そのことに思い至るならば、驚くような発見や、素晴らしい発明の数々を自慢してみたところで、それ自体は良いものであったとしても、結局は空っぽなのです。悩み苦しむ人類に、実質的なものは何も提供してくれません。このような不意の出来事に慰めを見出すには、しっかりとした信仰にしか拠り所はありません。それも理論としてではなく、事実として来世および神の存在を信じる信仰です。そして、そのような信仰だけが、持つ価値があるものであり、養っていく価値があるものです。それによって、我々は自分たちを造られた神がわかるようになり、結局我々は、地上に一時滞在しているに過ぎないと気づくのです。
インディアン・オピニオン 1903年8月20日

The catastrophe at Paris(1) must have filled all the portions of the globe where the news reached with gloom. We can well imagine the feelings of the victims and the survivors. To us, these untoward happenings are not merely accidents but we look upon them as divine visitations from which we, if we chose, may learn rich lessons. To us, they show a grim tragedy behind all the tinsel splendour of the modern civilization. The ceaseless rush in which we are living does not leave any time for contemplating the full results of events such as have placed Paris in mourning for the time being. The dead will be soon forgotten, and in a very short time, Paris will again resume its usual gaiety as if nothing whatsoeverhad happened. Those, however, who will give the accident, if so it may be called, more than a passing thought, cannot fail to realize that behind all the splendour and behind all the glittering appearances there is something very real which is missed altogether.  To us, the meaning is quite dear, namely, that all of us have to live the present life merely as a preparation for a future, far more certain and far more real. Nothing that the modern civilization can offer in the way of stability can ever make any more certain that which is inherently uncertain; that, when we come to think of it, the boast about the wonderful discoveries and the marvellous inventions of science, good as they undoubtedly are in themselves, is, after all, an empty boast. They offer nothing substantial to the struggling humanity, and the only consolation that one can derive from such visitations has to come from a firm faith not in the theory, but in the fact, of the existence of a future life and real Godhead. And that alone is worth having or worth cultivating which would enable us to realise our Maker and to feel that, after all, on this earth we are merely sojourners.
Indian Opinion, 20-8-1903
(1) A disastrous fire in the underground Electric Railway on 10 Aug. 1903, in which eighty-four personw were killed and many injured.

2009年1月20日 (火)

平和のための苦しみは、喜びの陣痛

 ページ氏が書いた世界大戦(第一次大戦)に関する、非常に優れた小論文の主要な部分を再掲したのも考えがあってのことです。その価値ある各章をじっくり注意深く読んで下さい。ページ氏は、両陣営がともに同罪であり、どちらの陣営も残虐で、非人道的行為を働いたと、最終的に証明しています。歴史に記録されているどんな戦争よりも、多くの命が今回の大戦で奪われたことは、ページ氏に教えてもらうまでもありません。道徳の崩壊は、それ以上です。(嘘・偽り・欺瞞的行為など)魂を損なう有害な力が、肉体を破壊する力と同様に完成の域に達してしまいました。道徳的影響は、肉体的被害に劣らず深刻です。この戦争によってもたらされた性道徳の崩壊が、人類にどのような影響をもたらすかを判断するのは、まだ時期尚早です。悪徳が美徳を凌駕してしまいました。人間の中にある残虐さが、今現在優勢になってしまっています。
 おそらく後遺症の方が、今現実にある状況よりも、もっとひどいことになるでしょう。ヨーロッパのどの国も、政権が安定していません。どの階級の人も、自分たちの現状に満足していません。他者を犠牲にしても自分たちの状況を良くしたいと、誰もが願っています。国家間の戦争に代わって、各国内で紛争が起こっています。
 インドは決断しなければなりません。望むのであれば、戦争への道を選んで、卑劣な国に成り下がることもできましょう。ヒンズー教徒とイスラム教徒の対立において、戦争の第一課を学んでいるようなものです。もしインドが戦争によって自由を得るようなことになれば、インドの状態がフランスやイギリスに優ることもなければ、おそらくずっと悲惨な状態になるでしょう。過去の事例を当てはめることはもはやできません。日本がかなりの発展を遂げているとしても、我々を導いてくれるわけではありません。戦争の技術も、日露戦争以来、おおいに‘発展’を遂げました。その結末はヨーロッパの現状を調べさえすれば、わかります。もしインドが戦争という方法で、英国のくびきから逃れるならば、必ずやページ氏が描写してくれた状態を経ることになります。
 しかし、平和への道を選択することもできます。忍耐できれば、自由は保証されます。待てないという我々の性質からは、最も遠回りに見えるとしても、こちらが実は最短の道です。平和への道を行くことで、内面が成長し、心の平安が確保されます。我々を抑圧する支配者の意志に屈服するように見えるため、我々はその道を拒みます。しかし、抑圧は、そう見えるだけであって、命や財産を失いたくないという思いから、部分的に抑圧に加担してしまっていることに気づいた瞬間、そういう後ろ向きの受動的承認行為をやめさえすればよいのだと、理解することになります。そのために受ける苦痛は、戦争への道を歩んだ場合に被らねばならない肉体的苦痛や、道徳心の崩壊に比べれば物の数ではありません。戦争の苦しみによって、両陣営がともに害毒を受けます。平和への道を行く苦しみは両者に益をもたらします。新しい誕生を迎える喜びの陣痛のようなものです。
 1920年から21年の出来事から即断して、誤解しないようにしましょう。あの輝かしい日々に、確かに大きな成果をあげはしました。しかし、もし我々が真理を尊び、信じきっていたならできたであろうことに比べれば、たいしたことではありません。口では非暴力を讃えていたものの、我々の多くの心の中には、暴力が渦巻いていました。そしてこのように自らの信条を偽っておきながら、そして、そのことを認めておきながら、非暴力は役に立たないと、非暴力に責任を転嫁し、非暴力を信じなくなっています。本来なら、自らを責め、自分の行いを改めるべきであるのにです。チョウリ・チョウラ事件(1922年2月、不服従運動の弾圧に抗議した農民が警察署を囲んで放火し警官22人を殺害)は、我々を蝕んでいる病が表面に現れた症例です。我々の主張は、平和的で非暴力の方法を貫くということだったはずです。しかし、この方針を完全には維持できませんでした。敵のあざけりを気にする必要はありません。彼らは、その兆候さえない時でも暴力だと言い立てました。しかし、我々は「さらに小さな内なる声」のささやきを無視してはなりません。その声は、我々の内に潜む暴力を知っていました。
 平和への道は真理への道です。真実であるということは、平和であるということよりももっと重要です。実際、うををつくということが暴力を生みます。真実である人が、長い間暴力をふるっていることはできません。真理を探究する中で、暴力を用いる必要がないということことに気づいていきます。さらに自分の中にほんの少しでも暴力が潜んでいる限り、自分が追究している真理は見出せないといことが明らかになるのです。
 片手に真理と非暴力を掲げ、もう片方の手に偽りと暴力を持つような中途半端な道は存在しません。思い、言葉、行いにおいて、完全な非暴力が示せるほどの強さを持つことはできないかもしれません。しかし、非暴力を目標として思い描き、それに向かって一歩、一歩着実に歩んでいかねばなりません。人にとっても、国にとっても、世界にとっても、どこまで自由が得られるかは、どの程度まで、我々一人一人が、非暴力への道を歩んでいるかによって決まります。ですから、本物の自由を達成するには、非暴力以外の方法はないと信じている者が、真っ暗闇の中で非暴力の明りを明るく輝かせて行こうではありませんか。少数の掲げる真理が、価値あるのです。大勢が掲げる偽りは、風の一吹きで飛び散ってしまう籾殻のように、やがては消滅します。
ヤング・インディア 1926年5月20日

  It was not without purpose that I reproduced the main parts of Mr. Page’s very able pamphlet on the World War.  I hope that the reader followed them with the care and attention the chapters deserved. Mr. Page has proved conclusively that both the parties were equally to blame and that both resorted to barbarous and inhuman practices. We did not need Mr. Page’s help to learn that no war of which history has any record took so many lives as this did. Moral loss was greater still. Poisonous forces destructive of the soul (lying and deception) were brought to perfection as much as the forces destructive of the body. The moral results have been as terrible as the physical. It is yet too early to measure the effect on mankind of the collapse of the sexual morality brought about by the War. Vice has usurped the throne of virtue. The brute in man has for the time being
gained supremacy.
  The after-effects are, perhaps, more terrible than the actual and immediate effects. There is no stability about the government of any single State of Europe. No class is satisfied with its own condition.  Each wants to better it at the expense of the rest. War between the States has now become a war within each State.
  India has to make her choice. She may try, if she wishes, the way of war and sink lower than she has. In the Hindu-Muslim quarrel, she seems to be taking her first lesson in the art of war. If India can possibly gain her freedom by war, her state will be no better and will be, probably, much worse than that of France or England. Paste examples have become obsolete. Not even Japan’s comparative progress can be any guide. For, “the science” or war has made much greater “progress” since the Russo-Japanese war. Its result can only be studied in the present condition of Europe. We can safely say that if India throws off the British yoke by the way of war, she must go through the state Mr. Page has graphically described.
  But the way of peace is open to her. Her freedom is assured if she has patience. That way will be found to be the shortest even though it may appear to be the longest to our impatient nature. The way of peace insures internal growth and stability. We reject it because we fancy that it involves submission to the will of the ruler who has imposed himself upon us. But the moment we realize that the imposition is only so-called and that through our unwillingness to suffer loss of life or property, we are party to the imposition, all we need do is to change that negative attitude of passive endorsement.  The suffering to be undergone by the change will be nothing compared to the physical suffering and the moral loss we must incur in trying the way of war. And the sufferings of war harm both the parties. The sufferings in following the way of peace must benefit both. They will be like the pleasurable travail of a new birth.
  Let us not be misled by a hasty generalization of the events of 1920-21. Great as the achievement of that brilliant period was, it was nothing compared to what it might have been, had we been true and had faith. Violence was in the breasts of many of us whilst with our lips we paid homage to non-violence. And, though we were thus false to our creed, so far as we had accepted it, we blamed it and lost faith instead of blaming and correcting ourselves. Chauri Chaura was a symptom of the disease that was poisoning us. Ours was claimed to be a peaceful, non-violent way. We could not sustain the claim in its fulness. The 'enemy's’ taunts we need not mind. They saw vilolence even where there was no trace of it. But we could not disregard the judgment of the still small within.
  The way of peace is the way of truth. Truthfulness is even more important than peacefulness. Indeed, lying is the mother of violence.  A truthful man cannot long remain violent. He will perceive in the course of his search that he has no need to be violent and he will further discover that so long as there is the slightest trace of violence in him, he will fail to find the truth he is searching.
  There is no half way between truth and non-violence on the one hand and untruth and violence on the other. We may never be strong enough to be entirely non-violent in thought, word and deed. But we must keep non-violence as our goal and make steady progress towards it. The attainment of freedom, whether for a man, a nation or the world, must be in exact proportion to the attainment of non-violence as the only method of achieving real freedom, keep the lamp of non-violence burning bright in the midst of the present impenetrable gloom. The truth of a few will count, the untruth of millions will vanish even like chaff before a whiff of wind.
Young India, 20-5-1926

2009年1月 9日 (金)

戦争をなくすには

 

私はどんな戦争にも頑固に反対なのだと理解しておいてください。私の言うことが受け入れられないというのであれば、私の参加を無意識の弱さのせいにしておいてもらっても構いません。ある状況下では戦争を正当化できるという根拠に私の行動を利用する者がいて、私はそれを非常に残念に思っています。
 ・・・戦争に反対するヨ-ロッパの人たちには、彼らと私との間にある決定的違いについて理解していただきたいと思います。彼らの国は搾取されていませんが、私の国は、地上で最も搾取されている国です。あからさまなたとえで言えば、ヨ-ロッパは猫で、私はネズミです。ネズミに非暴力を尊ぶ意識があり得ましょうか。暴力で成功をおさめようと必死になるのが、ネズミの切実な要求ではないでしょうか。・・・
 ただし、人間はどんなに低く見られ、落としめられていようとも、人種、皮膚の色に関係なく、人類が今だ達していない高みまで自分を高めて行ける力を自分の中に持っています。・・・
 非暴力の論理にすべての人が従っているわけではないのは事実です。しかし、そんなことが誰にできるでしょうか。非暴力の真理を究め、それを実践するために最大限努力していると自慢しているにもかかわらず、私はその教義によって当然求められることに従っていないことがよくあります。人間の感情に働く自然の摂理は神秘的で、言葉では説明しがたいものです。
 次のことを私は確信しています。非暴力の手段によって、インドが堂々と独立するならば、インドは強大な陸、海、空の軍隊を持とうとすることは決してないでしょう。インドが自由を得る戦いにおいて非暴力の勝利を収めるのに必要とされる高さまで自らの意識を高められるならば、世界の価値観は変わり、戦争の道具はほとんど無駄であることに世界は気づくでしょう。そのようなインドは単なる空想の産物、子供っぽいざれ言に過ぎないかもしれません。しかし、私の考えではそのようなインドが疑いもなく、非暴力で自由を得たインドの姿です。
 もし得られたとして、そのような自由が得られる時は、英国との紳士的協定によってもたらされるでしょう。しかしその時には、世界に冠たる大英帝国が尊大な態度を示すのではなく、英国が謙虚に人類共通の目的に奉仕するという形をとります。そうなれば、インドはもはや、搾取する英国の戦争に否応なく加担させられることはなくなり、むしろインドの声が世界のあらゆる暴力の抑止に努める強大な国家の声となるでしょう。
 このような空想的とも言える目標を実現できようができまいが、私はそれに人生を掛けています。どのような状況であろうとも、もはや英国の戦争に加わることはできません。そして、私は既にここで述べてきましたが、もしインドが、いわゆる暴力的手段によって自由を勝ち得るなら、インドは私が誇りとする国家ではなくなります。もしそのようなことになれば、その時には私は死んだも同然です。ですから、インドが搾取のために行う戦争に直接あるいは間接的を問わず、私が関わるようなことはありえません。
 しかし、既に述べたように、西洋諸国の戦争に反対する方々も、戦争のためになされる準備にお金を払っていたり、あるいは戦争の準備が主要な関心事となってしまった政権を支えている限りにおいて、平和なときにあってさえもその方々は戦争に参加していると言えます。さらに、戦争の原因を理解し、その根本的解決を図ろうとしない限り、戦争をやめさせようとする行動もすべて無駄に終わります。現代の戦争の主な原因は、地上のいわゆる弱い民族を搾取しようとする非人間的競争にあるのでないでしょうか。
ヤング・インディア 1929年5月9日

  Let them understand me to be uncompromisingly against all war. If they cannot appreciate my argument, let them impute my participation to unconscious weakness.  For I would feel extremely sorry to discover that my action was used by anyone to justify war under certain conditions.
  ・・・Let the European war resisters appreciate one vital difference between them and me. They do not represent exploited nations, I represent the most exploited nation on earth. To use an unflattering comparison they represent the cat and I represent the mouse. Has a mouse eventhe sense of non-violence? Is it not a fundamental want with him to strive to offer successful violence?・・・
  A human being, however debased or fallen he may be, has in him the capacity of rising to the greatest height ever attained by any human being irrespective of race or colour.・・・
  It is true that all have not followed out the logical consequences of non-violence. Who can? In spite of my boast that I know the truth of non-violence and try my utmost best to practise it, I fail often to follow out the logical conclusions of the doctrine. The working of nature's processes in the human breast is mysterious and baffles interpretation.
  This I know that if India comes to her own demonstrably through non-violent means, India will never want to carry a vast army, an equally grand navy and a grander air force. If her self-consciousness rises to the height necessary to give her a non-violent victory in her fight for freedom, the world values will have changed and most of the paraphernalia of war would be found to be useless.  Such an India may be a mere day-dream, a childish folly. But such in my opinion is undoubtedly the implication of an India becoming free through non-violence.
  When that freedom comes, if it ever does, it will have come through a gentlemanly understanding with Great Britain. But then it will not be an imperialistic haughty Britain manoeuvring for world supremacy but a Britain humbly trying to serve the common end of humanity. India will no longer then be helplessly driven into Britain's wars of exploitation but hers will be the voice of a powerful nation seeking to keep under restraint all the violent forces of the world.
  Whether all these fanciful ideas are ever realized or not, my own lifeline is cast. I can no longer in any conceivable circumstance take part in Britain's wars. And I have already said in these pages that if India attains (what will be to me so-called) freedom by violent means she will cease to be a country of my pride; that time would be a time for me to civil death. There can therefore never be any question of my participation direct or indirect in any war of exploitation by India.
  But I have already pointed out in these pages that fellow war-resisters in the West are participants in war even in peace time inasmuch as they pay for the preparations that are being made for it and otherwise sustain governments whose main occupation is such preparation. Again all activity for stopping war must prove fruitless so long as the causes of war are not understood and radically dealt with.  Is not the prime cause of modern wars the inhuman race for exploitation of the so-called weaker races of the earth?
Young India, 9-5-1929

2009年1月 7日 (水)

従軍した理由

  先の大戦(第1次世界大戦)に私が参加したことを取り上げた自叙伝の章が友人、批評家たちをいまだに混乱させているようです。

 私が、戦争に参加するように駆り立てられたのは、確かに複雑に絡み合った動機からです。そのうち2つのことが今でも頭に残っています。個人として私は戦争には反対でしたが、私は非暴力の抵抗によって効果が上げられるだけの地位にもありませんでした。非暴力の抵抗は、何らかの真に無私のサ-ビス、愛情を心から示して初めてできることです。例えば、動物のいけにえを捧げるという野蛮な行為に反対したくても、私が自分の愛情を表す行為、その他の手段によってその人から友情を勝ち得ない限り、私はその人に反対できる立場にはなりえません。私は多くの過ちに対して世の中を批判するだけで何もしない者ではいたくなかったのです。・・・
 もう1つの動機は、大英帝国の政治家としての任務を立派に果たすことでスワラージ(自治)の資格を得ようというものでした。大英帝国が存亡をかけた戦いを行っているときに、その帝国のために働くこと以外に、私がこのような資格を得る方法はありませんでした。私が今書いているのは、1914年当時の私の気持ちだということを理解しておいて下さい。その当時私は、大英帝国のすばらしさを信じており、自由を求めるインドの戦いを心から支援してくれるものと思っていました。もし、その当時私が今のような非暴力の抵抗者であったなら、私は助けることなど絶対にしなかったばかりか、むしろ非暴力に開かれたあらゆる手段を尽くしてその目的を砕こうとしたはずです。

ここにもう1通の手紙があります。
「あなたが戦争に関わった理由は何ですか。何かを得ようとして戦争に加わることは正しいことでしょうか。このことと、行為の果実を目的に行動してはならないというギータの教えとをどう折り合いつけたら良いのかわかりません。」

 ギータから引用された節には2重の意味があります。1つは、行為の背後に利己的な目的があってはならないというもので、自らの利益のためにスワラージ(自治・独立)を得ようとしてはならないということです。2つ目は、行為の果実にとらわれないということは、行為の結果に無関心であったり、それを無視し、その権威を認めないということではありません。とらわれないということは、意図した結果が得られそうにないからといって、行動するのを放棄することでは決してありません。その逆で、意図した結果がいずれ訪れるということを確信する揺るぎない信仰を証明することなのです。
ヤング・インディア 1928年3月15日

  The autobiographical chapter dealing with my participation in the late War continues to puzzle friends and critics.
  No doubt it was a mixed motive that prompted me to participate in the War.  Two things I can recall.  Though as an individual I was opposed to war, I had no status for offering effective non-violent resistance.  Non-violent resistance can only follow some real disinterested service, some heart-expression of love.  For instance, I would have no status to resist a savage offering animal sacrifice until he could recognize in me his friend through some loving act of mine or other means.  I do not sit in judgment upon the world for its many misdeeds.・・・
  The other motive was to qualify for swaraj through the good offices of the statesmen of the Empire. I could not thus qualify myself except through serving the Empire in its life-and-death struggle.  It must be understood that I am writing of my mentality in 1914 when I was a believer in the Empire and its willing ability to help India in her battle for freedom.  Had I been the non-violent rebel that I am today, I should certainly not have helped but through every effort open to non-violence I should have attempted to defeat its purpose.

Here is one more letter:
“What impelled you to participate in the War? Was it right to join the War with the hope of gaining something? I do not know how to reconcile this with the teaching of the Gita which says that we should never act with a view to the fruits of action.”

  The verse referred to from the Gita has a double meaning. One is that there should be no selfish purpose behind our actions. That of gaining swaraj is not a selfish purpose. Secon-dly, to be detached from fruits of actions is not to be ignorant of them, or to disregard or disown them. To be detached is never to abandon action because the contemplated result may not follow. On the contrary, it is proof of immovable faith in the certainty of the contemplated result following in due course.
Young India, 15-3-1928

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »