関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 必要なのは身を粉にして働く労働者 | トップページ | 非暴力で愛する人を守るには »

2008年12月17日 (水)

歴史を変えるのは

 イスラム教徒が圧倒的に多いこの地域(北西辺境州:アフガニスタンとインドのカシミール州に挟まれたパキスタン北部の州)で、芥子粒ほどの少数派ヒンズー教徒が住み続けられるかどうかは、ひとえにイスラム教徒たちが彼らの真の隣人になってくれるかどうかにかかっていると、ヒンズー教徒たちは考えています。そこで、ヒンズー教徒に対して当然求められる役割をKhadai Khidmatgars(神の奉仕団:訳注参照)が果たすように、Khadai Khidmatgars(神の奉仕団)に要請して欲しいと、彼らは私に言ってきたのです。彼らがそのように感じて要請してきたのも、もっともだと私は思います。Khadai Khidmatgars(神の奉仕団)の皆さんに、私は期待していますので、皆さんがその期待に応えてくだされば、ヒンズー教徒の人々を安心させることが皆さんにはできると私は確信しています。これまでの状況を見てきましたが、この州のヒンズー教徒、イスラム教徒、および英国人は秤にかけられているのです。英国人の行為については、歴史が審判を下すでしょう。しかし、ヒンズー教徒とイスラム教徒は、互いに相手との関係を正しくすることによって、自らの歴史を書き綴っていくことができます。Khadai Khidmatgars(神の奉仕団)については、その行動方針はすでに定まっています。隣人を守るための人間の楯に彼らはならねばなりません。
 使命を確信し、消すことのできない信念に燃えて決意を固めた人々からなる小さな団体は、歴史の流れを変えることができます。これまでにもそういうことは起こってきましたし、Khadai Khidmatgars(神の奉仕団)の非暴力が本物であるなら、ピカピカ光るだけの見かけ倒しでないならば、今一度、それが起こるでしょう。

訳注:Khadai Khidmatgars(神の奉仕団):北西辺境州のパシュトゥーン人によって組織され、英国による植民地下の氏族間の争いが絶えない地域で、ガンジーが提唱した非暴力による社会改革を目指していた。

SPEECH AT PUBLIC MEETING, TANK     October 31, 1938
They feel that the existence of a microscopic Hindu minority inthe midst of the predominantly Mussalman population in this area can be rendered possible only if the latter will be as true hamsayas---neighbours---to them and they have asked me to appeal to Khudai Khidmatgars to fulfil their natural role in respect of them. I entirely endorse their feeling and their appeal and I am convinced that it is within your power to set them at their ease if you will but fulfil the expectations you have raised in me. As I observed on a previous occasion, the Hindus, the Mussalmans and the Englishmen in this pro-vince are being weighed in the balance. History will record its verdict about the Englishmen's deeds. But Hindus and Mussalmans can write their own history by being correct in their mutual dealings. For the Khudai Khidmatgars their course of action has been determined.  They have to become a living wall of protection to their neighbours.  A small body of determined spirits fired by an unquenchable faith in their mission can alter the course of history. It has happened before and it may again happen if the non-violence of Khudai Khid-matgars is unalloyed gold, not mere glittering tinsel.
Harijan, 19-11-1938

« 必要なのは身を粉にして働く労働者 | トップページ | 非暴力で愛する人を守るには »

nonviolence」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/43444732

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史を変えるのは :

« 必要なのは身を粉にして働く労働者 | トップページ | 非暴力で愛する人を守るには »