関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 非暴力は無気力、無力ではない | トップページ | 追悼ではなく仕事の継続を »

2008年12月 3日 (水)

勇敢であれ

 今日、大変な脅威が、我々の頭上にあります。シンガポールは攻め落とされました。ラングーン(ミャンマーの首都ヤンゴンの旧称)もその途上にあるようです。カルカッタ(現コルカタ)すら危険な状況です。第3の勢力(日本のこと)が、明日インドに侵入してくるなら、我々はその前にひざまずき、自分たちのビジネスを守ってもらうために自由を売り渡すのでしょうか。あるいは、「ひとつの奴隷状態を取り除いて、別の奴隷状態を受け容れることは望まない」とはっきり宣言するのでしょうか。・・・
 考えるべきことはこれです。敵として我々に近づいてくるもの、我々に敵意を抱く者をも我々は愛するのかということです。その者に対して我々は憐れみを持つのでしょうか。今やわれわれの多くは、英国人に対する乱暴な思いと憎しみで心が一杯になっています。これは、我々が非暴力を適切に理解していないからです。我々が憐れみを示せるのは、許すことのできる人に対してだけだというのは、本当のことです。哀れなねずみが、猫を許すとすれば、それは何を意味するでしょうか。しかしもし、ねずみから勇気が連想されるのであれば、ねずみは猫のえさではなくなります。そして猫についても、ねずみの餌になることはありえません。今日、英国人に対して我々が抱く憎しみは、我々が彼らに対して抱く恐れから生じています。もし、我々が心の中からこの恐れを追い出し、弱者の非暴力によってではなく、強者の非暴力によって、スワラージ(自治・独立)を獲得するなら、我々は世界の誰をも恐れませんし、天下無敵となるのです皆さんが侵略者に対して、憎悪を抱かれないことを、私は希望します。侵略者に敵意を抱かないことを希望しますが、同時に屈服もしないでください。このような覚悟ができていますか。未来は神の手の中にあります。英国人は勇敢な国民です。これまでにも多くの嵐に耐えてきました。勇敢であることをあきらめたことはありません。そして、運命は彼らの味方をしてきました。彼らを見習うべきです。危険に直面しても、勇敢であることを諦めてはなりません。どのような危機にも勇気を持って立ち向かおうではありませんか。
ワルダにて 1942年2月20日
ハリジャン 1942年3月8日

  Today a great threat hangs over our heads. Singapore is gone. Rangoon seems to me on the way and Calcutta itself is in danger. If some third power enters India tomorrow shall we bow before it and sell our freedom to it to protect our businesses? Or shall we declare that we do not wish to get rid of one slavery to embrace another? …
  A point to ponder. Shall we also love one who approaches us as an enemy, who has malice for us? Shall we have compassion for him?  Today the hearts of many of us are filled with violence and hatred towards the British, because we have not properly understood non-violence.  It is true that we can show compassion only towards one whom we have the power to forgive. What can it mean if a poor mouse forgives a cat? But if we can associate a mouse with courage it will cease to be the food of a cat. And as for the cat it will never become the food of a mouse. The hatred which we have for the British in our hearts today springs from the fear we have of them. If we eject this fear from our hearts and secure swaraj not through the non-violence of the weak but through the non-violence of the strong, we shall be afraid of no one in the world and shall become invincible. I would wish you not to harbour enmity against the invader, not to wish him ill but at the same time not to surrender to him. Are you ready for this?  The future is in God's hands. The British are a brave nation. They have weathered many a storm before this. But they never gave up courage and fate was good to them. We should learn from them never to give up courage in the face of danger and to meet any crisis boldly.
WARDHA, February 20, 1942
Harijan, 8-3-1942

« 非暴力は無気力、無力ではない | トップページ | 追悼ではなく仕事の継続を »

nonviolence」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/43306249

この記事へのトラックバック一覧です: 勇敢であれ:

« 非暴力は無気力、無力ではない | トップページ | 追悼ではなく仕事の継続を »