関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 追悼ではなく仕事の継続を | トップページ | 歴史を変えるのは »

2008年12月10日 (水)

必要なのは身を粉にして働く労働者

 今や独立を達成したも同然です。しかし、それは政治的な独立でしかありません。英国がインドから撤退すれば、快適で便利になるなどと誰にも思ってもらっては困ります。そんなことになれば、建設的プログラムは上辺だけになってしまいます。しかし、現状から鑑みて、独立後少なくとも10年ぐらいは、我々の状況が悪化することは止まらないでしょう。この政治的独立によって確かに、重石は取り去られるでしょうし、我々が夢にまで見た目的の地に到達できるわけです。しかし、本当に大変な仕事は、独立後でなければやれないのです。インドから貧困と失業がなくならない限り、我々が自由を得たという意見に私は賛同できません。真の富は、宝飾品やお金ではありません。人々にまともな食事、衣類、教育を提供して、我々が一人残らず健康な生活を送られるようになることが、本物の富です。国が豊かで自由であるというのは、その国民が必要をまかなえるだけを容易に稼げてこそ言えることです。しかし、今や、現状はあまりにも悲惨で、きらびやかに贅沢三昧に暮らす人々がいる一方で、他方、体を覆うのに十分な衣類もなく、餓死寸前の人々もまた存在しています。人々は今現在、仕事がなくて、ぼんやり座り込んでいます。人には、各自の能力を伸ばす機会が存分に与えられるべきです。建設的仕事に従事する労働者が目覚めてこそ、そのような機会は訪れます。国には確かに政治家も必要です。しかし、この国の繁栄のために精一杯働くことが必要とされているこの時にあっては、我々は身を粉にして働く建設的労働者を必要としているのです。機械に囚われている人々は、幻滅を味わうことになると私は確信しています。幻滅を感じた後になるとしても、すべての人がチャルカ(糸紡ぎ車)に取り組まねばならなくなるでしょう。人はあらゆることにおいて、自らを頼む必要があります。自らの自由意志で働き始めなくても、時がたち、状況に迫られて、せざるを得なくなるでしょう。しかし、今は、自由を求める我々のやり方に息苦しさを、私は感じています。光がどこにも見当たりません。英国が権力を譲り渡そうとしているため、あらゆる団体がその権力を手に入れてやろうと夢中になっています。しかし、もし我々が自らの務めを果たさないならば、こんな自由よりも奴隷状態の方がよかったと、人々がいうような事態をもたらしかねません。建設的労働者が大胆で恐れを知らなければ、それだけそのような性質が、行動にあらわれます。そして、彼らがなす仕事を通じて、周囲に広まっていきます。このような健全な空気をこの国が呼吸すれば、間違いなくこの国は健やかに成長していくことでしょう。ですから、建設的仕事に従事するすべての労働者が、心の腰に帯を締め(新約聖書:第1ペテロ1:13)、熱心に行動を起こす時が来ています。この瞬間を有益に活用して、神が与えてくださったこの人生を胸のはれるものにしようではありませんか。
(From Gujarati)  Biharni Komi Agman, P.346-7  (1947年5月13日)

Advice to Constructive Workers  May 13, 1947
  Independence is now as good as come.  But it is only political independence.  Let not anyone think that once the British quit India there will be more comfort and convenience and the constructive programme would become superfluous.  But from the prevailing atmosphere it seems that for at least a decade after independence our condition would continue to deteriorate.  This political freedom no doubt will remove the restraints over us and we shall be able to accomplish our cherished aims.  Real hard work will have to be done only after independence.  Unless poverty and unemployment are wiped out from India, I would not agree that we have attained freedom.  Real wealth does not consist in jewellery and money, but in providing for proper food, clothes, education, and creating healthy conditions of living for every one of us.  A country can be called prosperous and free only when its citizens can easily earn enough to meet their needs.  But today the situation is so tragic that on the one hand there are people who roll in pomp and luxury and on the other there are people who do not have enough clothes to cover their bodies and who live on the brink of starvation.  Today men are sitting idle having no work to do.  A man should have full opportunity to develop himself.  That will happen only when there is an awakening among the constructive workers.  The country does need politicians.  But now when it is necessary to work hard for the prosperity of the country we need devoted constructive workers. I am convinced that people who are wedded to machinery are going to be disillusioned.  Everyone, if only after being disillusioned, will have to ply the charkha.  One has to be self-reliant in everything.  If people do not start working of their own free will, time and circumstances will make them do so.  Bur right now I find it suffocating to see the manner in which we are marching towards freedom.  I find no light anywhere.  Now that the British are contemplating transfer of power every community is keen on grabbing it.  But, if we do not do our duty, we will be giving a chance for the people to say that slavery was better than this freedom.  To the extent the constructive workers are bold and fearless, these qualities would be reflected in their actions and through their work spread in the atmosphere.  If the nation breathes such a healthy air, it would definitely grow healthy.  So, the time has come for every constructive worker to gird up his loins and plunge into action.  Let him put this moment to good use and justify the life God has granted him.
(From Gujarati)  Biharni Komi Agman, P.346-7 

« 追悼ではなく仕事の継続を | トップページ | 歴史を変えるのは »

constructive program」カテゴリの記事

建設的仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/43376405

この記事へのトラックバック一覧です: 必要なのは身を粉にして働く労働者:

« 追悼ではなく仕事の継続を | トップページ | 歴史を変えるのは »