関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

胸に手を当てて

 提出してくださった寄付金(原注)にお礼申し上げます。しかし、私が代理人であると自認しております貧乏人の神ダリドゥラナーラーヤナは、そんなにたやすく満足してくださるお方ではありません。私の仕事は、救済を切に求めている半ば飢えた非常に多くの方々とともにあることです。インドから毎年巨額の富が綿布を購入するために流出している問題については、カディー(手紡ぎ、手織り綿布)の活動を通して対処しなければなりません。カディーを通じて、AISA(全インド手紡者協会)はすでにもう、4000万ルピーを超える金額を賃金として、窮乏している貧しい人々に分配しています。ヒンズー教徒であろうとイスラム教徒であろうと、糸を紡いだ者、機を織った者にこれらの金額を分配してきたのです。そしてまた、ハリジャン(「神の子」という意味。カースト外の被差別民をガンジーはこう名づけた)の生活を向上させるという仕事があります。これもまた、非常に困難な仕事です。皆さんの寄付金は、このやろうとしている仕事の規模に見合うものでなければなりません。皆さんの住むこの町は、貧しくはありません。寄付をされた方々の大半は、商人です。絶対に、もっとたくさんの寄付が集まってもよかったはずです。

 

(次に「神の奉仕団」(3つ前の記事『歴史を変えるのは』の訳注参照)について話を進め、彼らと地元の奉仕者の間に緊張状態があることに気づいたことに言及して、さらに次のように述べた。)

 このような相違があることは、残念なことです。しかし、「神の奉仕団」が今や確かに理解している自らの信条に忠実に生きるならば、相違や対立も、過去のものとなっていくでしょう。彼らは今、試されているのです。もし、彼らがこの試練を乗り越えるなら、宗教間の和解、スワラージ(独立・自治)の達成を導く働き人になれるでしょう。人の胸のうちから怒りを消し去ってしまうのは、困難な仕事であることはわかっています。個人が不純な動機を持たずに努力を重ねたとしても、達成できることではありません。神の恩寵によってのみそれは可能となるのです。神が助けてくださって、「神の奉仕団」の胸のうちにいまだに潜んでいる怒りや暴力を最後の1滴まで彼らが克服できますようにと、ここにいる皆さんとともに祈りたいと思います。
集会での演説 1938年10月28日
ハリジャン 1938年11月19日

原注:5763ルピーの寄付金がガンジーに渡された。全部で5000ルピーほどにしかならないわずかな金額は一人分の寄付であると、ガンジーは人々を厳しく批判した。

I thank you for the purse which you have presented but you should know that Daridranarayana, whose representative I claim to be, is not so easily satisfied. My business is with the crores of semi-starved masses, who need relief sorely. We have to tackle through khadi the question of a huge annual drain from India for cotton purchase.  Through khadi the A. I. S. A. has already distributed over four crores of rupees as wages among the needy, poor, Hindu and Mussal-man spinners and weavers. Then there is the question of Harijan uplift---an equally Herculean task. Your donation ought to be commensurate with the magnitude of the task for which it is intended.  Yours is not a poor city. The donors are mostly merchants. Surely, you could have done better.

(Referring next to the Khudai Khidmatgars and to the strained relations between them and the local volunteers which he had noticed, he proceeded:)

  These differences are unfortunate. If, however, Khudai Khidmatgars live up to their creed as they have now understood it, the differences and quarrels will be things of the past. They are on their trial. If they come out victorious they will be instrumental in bringing about communal unity and establishing swaraj. I know, to banish anger altogether from one's breast is a difficult task. It cannot be achieved through pure, personal effort. It can be done only by God's grace. I ask you all to join me in the prayer that God might enable the Khudai Khidmatgars to conquer the last traces of anger and violence that might still be lurking in their breasts.
SPEECH AT PUBLIC MEETING, DERA ISMAIL KHAN  October 28, 1938
Harijan, 19-11-1938

A purse of Rs. 5,753 was presented to Gandhiji. He rebuked the people for such a meagre sum as Rs. 5,000 of the total amount was a single donation.

2008年12月26日 (金)

非暴力の強さ

 私は50年間に及ぶ非暴力の経験をもとに、今ここで皆さんにお話しています。非暴力の優越性は野蛮な力とは比べようもありません。武装した兵士は、その力を武器に頼っています。彼から、拳銃や剣などの武器を取り上げてみなさい。たいていはどうすることもできなくなってしまいます。しかし、非暴力の原理に真に目覚めた人には、神の授ける力が武器として与えられます。この世界でこれに匹敵する力は、他には知られていません。人は、意識が欠如して神を忘れてしまうことがあるかもしれません。しかし、神は絶えず人に目を留め、いつも守っていてくださるのです。『神の奉仕団』(2つ前の記事『歴史を変えるのは』の訳注参照))が、このような神秘を理解し、そして非暴力が地上で最強の力であることに気づいてくだされば、結構なことです。さもなければ、カーン・サヘブ(『神の奉仕団』の指導者) の求めに応じて一度は手離した武器を、再び手にするように彼は指導した方がよいでしょう。そうすれば、少なくとも野蛮な力を崇拝することが今日では礼賛されるこの世の慣習に従えば、彼らは勇敢だということになります。しかし、昔馴染みの武器を捨てておきながら、しかし同時に、非暴力の強さを知らないままであるなら、それこそ悲劇となりますし、私としても、そしておそらくはカーン・サヘブも対処できないでありましょう。
Lakkiでの演説 1938年10月26日
ハリジャン 1938年11月19日

I am here to tell you, with fifty years' experience of non-vio-lence at my back, that it is an infinitely superior power as compared to brute force. An armed soldier relies on his weapons for his strength.  Take away from him his weapons---his gun or his sword, and he generally becomes helpless. But a person who has truly realized the principle of non-violence has the God-given strength for his weapon and the world has not known anything that can match it. Man may, in a moment of unawareness forget God, but He keeps watch over him and protects him always. If the Khudai Khidmatgars have understood this secret, if they have realized that non-violence is the greatest power on earth, well and good; otherwise it would be better for Khan Saheb to restore to them their weapons which they have discarded at his instance. They will then be at least brave after the manner of the world that has today made the worship of brute force its cult. But if they discard their old weapons and at the same time remain strangers to the power of non-violence, it would be a tragedy for which I for one am not and, so far as I know, Khan Saheb too is not prepared.
SPEECH AT LAKKI  October 26, 1938
Harijan, 19-11-1938

2008年12月23日 (火)

非暴力で愛する人を守るには

 あなたの心の奥の奥で、ほんの少しでもこの友人が指摘するように、非暴力を単なる外套やもっと大きな暴力への足がかりと考えるような気持ちがあるとすれば、いやそれどころか、非暴力が意味する究極の論理的結末に至る覚悟を持ち、赤ちゃんや子どもを殺すような人のためにも赦しの祈りをささげられるようでなければ、『神の奉仕団』(前の記事『歴史を変えるのは』の訳注参照)の非暴力の誓約に署名することはできません。心を偽って、その誓約に署名しても、あなたと組織の名誉を汚すだけです。そして、それはアフガンの誇りと歓喜をもって呼ぶその人(神の奉仕団のリーダー)を傷つける行為です。
 しかし、邪悪な思いにかられている暴漢によって、無防備な母や姉妹が暴行の危険にさらされている場合はどうするのかという、古典的事例についてお尋ねになりたいことでしょう。当のその暴漢が目的を遂げるのを黙認するというのでしょうか? そのような場合であっても、暴力を使ってはいけないのでしょうか? 私の返事は「ノー」です。あなたは暴漢に懇願するのです。おそらく興奮していて、聞き入れてはくれないでしょう。そこで、狙われている女性とこの男の間に立ちはだかります。かなりの確立であなたは殺されるでしょう。しかし、義務は果たしたことになります。武器も持たず、抵抗もしないあなたを殺すことで、十中八九、襲撃者は怒りをやわらげ、被害者に危害を加えずに立ち去ることになります。しかし、暴君は我々が願ったり、期待するようには行動しないものだと、私に言ってくる人もいます。あなたが抵抗しないのを見て、あなたを柱に縛り付け、被害者を強姦するところをあなたに見させるかもしれません。もしあなたが意志を強く持って、最大限の力を振り絞るなら、それによって自分が死んでしまうか、縄を断ち切るかのどちらかになるでしょう。どちらの場合でも、犯罪者の目を開かせることになります。あなたが武器を持って抵抗したとしても、これ以上のことはできませんし、仮にあなたが負ければ、抵抗せずに死んだ場合よりも立場はもっと悪くなるでしょう。さらに、あなたが落ち着いた勇気を示せば、被害に直面している女性もそれを見習って、辱められるよりもむしろ死を選ぶことだってありえます。
神の奉仕団への語りかけ 1938年10月31日
ハリジャン 1938年11月9日

  If in your heart of hearts there is the slightest inclination to regard your non-violence as a mere cloak or a stepping-stone to greater violence as suggested by this friend, nay, unless you are prepared to carry your non-violence to its ultimate logical conclusion and to pray for forgiveness even for a baby-killer and a child-mur-derer, you cannot sign your Khudai Khidmatgar’s pledge of non-violence.  To sign that pledge with mental reservations would only bring disgrace upon you, your organization and hurt him whom you delight to call the Pride of Afghans.
  But what about the classical instance of the defenceless sister or mother who is threatened with molestation by an evil-minded ruffian, you will ask. Is the ruffian in question to be allowed to work his will?  Would not the use of violence be permissible even in such a case? My reply is ‘no’. You will entreat the ruffian. The odds are that in his intoxication he will not listen. But then you will interpose yourself between the intended victim and him. Very probably you will be killed but you will have done your duty. Ten to one, killing you unarmed and unresisting will assuage the assailant’s passion and he will leave his victim unmolested. But it has been said to me that tyrants do not act as we want or expect them to. Finding you unresisting he may tie you to a post and make you watch his rape of the victim. If you have the will you will so exert yourself that you will break yourself in the attempt or break the bonds. In either case, you will open the eyes of the wrongdoer. Your armed resistance could do no more, while if you were worsted, the position would likely be much worse than if you died unresisting. There is also the chance of the intended victim copying your calm courage and immolating herself rather than allowing herself to be dishonoured.
TALE TO KHUDAI KHIDMATGARS, TANK October 31, 1938
Harijan, 19-11-1938

2008年12月17日 (水)

歴史を変えるのは

 イスラム教徒が圧倒的に多いこの地域(北西辺境州:アフガニスタンとインドのカシミール州に挟まれたパキスタン北部の州)で、芥子粒ほどの少数派ヒンズー教徒が住み続けられるかどうかは、ひとえにイスラム教徒たちが彼らの真の隣人になってくれるかどうかにかかっていると、ヒンズー教徒たちは考えています。そこで、ヒンズー教徒に対して当然求められる役割をKhadai Khidmatgars(神の奉仕団:訳注参照)が果たすように、Khadai Khidmatgars(神の奉仕団)に要請して欲しいと、彼らは私に言ってきたのです。彼らがそのように感じて要請してきたのも、もっともだと私は思います。Khadai Khidmatgars(神の奉仕団)の皆さんに、私は期待していますので、皆さんがその期待に応えてくだされば、ヒンズー教徒の人々を安心させることが皆さんにはできると私は確信しています。これまでの状況を見てきましたが、この州のヒンズー教徒、イスラム教徒、および英国人は秤にかけられているのです。英国人の行為については、歴史が審判を下すでしょう。しかし、ヒンズー教徒とイスラム教徒は、互いに相手との関係を正しくすることによって、自らの歴史を書き綴っていくことができます。Khadai Khidmatgars(神の奉仕団)については、その行動方針はすでに定まっています。隣人を守るための人間の楯に彼らはならねばなりません。
 使命を確信し、消すことのできない信念に燃えて決意を固めた人々からなる小さな団体は、歴史の流れを変えることができます。これまでにもそういうことは起こってきましたし、Khadai Khidmatgars(神の奉仕団)の非暴力が本物であるなら、ピカピカ光るだけの見かけ倒しでないならば、今一度、それが起こるでしょう。

訳注:Khadai Khidmatgars(神の奉仕団):北西辺境州のパシュトゥーン人によって組織され、英国による植民地下の氏族間の争いが絶えない地域で、ガンジーが提唱した非暴力による社会改革を目指していた。

SPEECH AT PUBLIC MEETING, TANK     October 31, 1938
They feel that the existence of a microscopic Hindu minority inthe midst of the predominantly Mussalman population in this area can be rendered possible only if the latter will be as true hamsayas---neighbours---to them and they have asked me to appeal to Khudai Khidmatgars to fulfil their natural role in respect of them. I entirely endorse their feeling and their appeal and I am convinced that it is within your power to set them at their ease if you will but fulfil the expectations you have raised in me. As I observed on a previous occasion, the Hindus, the Mussalmans and the Englishmen in this pro-vince are being weighed in the balance. History will record its verdict about the Englishmen's deeds. But Hindus and Mussalmans can write their own history by being correct in their mutual dealings. For the Khudai Khidmatgars their course of action has been determined.  They have to become a living wall of protection to their neighbours.  A small body of determined spirits fired by an unquenchable faith in their mission can alter the course of history. It has happened before and it may again happen if the non-violence of Khudai Khid-matgars is unalloyed gold, not mere glittering tinsel.
Harijan, 19-11-1938

2008年12月10日 (水)

必要なのは身を粉にして働く労働者

 今や独立を達成したも同然です。しかし、それは政治的な独立でしかありません。英国がインドから撤退すれば、快適で便利になるなどと誰にも思ってもらっては困ります。そんなことになれば、建設的プログラムは上辺だけになってしまいます。しかし、現状から鑑みて、独立後少なくとも10年ぐらいは、我々の状況が悪化することは止まらないでしょう。この政治的独立によって確かに、重石は取り去られるでしょうし、我々が夢にまで見た目的の地に到達できるわけです。しかし、本当に大変な仕事は、独立後でなければやれないのです。インドから貧困と失業がなくならない限り、我々が自由を得たという意見に私は賛同できません。真の富は、宝飾品やお金ではありません。人々にまともな食事、衣類、教育を提供して、我々が一人残らず健康な生活を送られるようになることが、本物の富です。国が豊かで自由であるというのは、その国民が必要をまかなえるだけを容易に稼げてこそ言えることです。しかし、今や、現状はあまりにも悲惨で、きらびやかに贅沢三昧に暮らす人々がいる一方で、他方、体を覆うのに十分な衣類もなく、餓死寸前の人々もまた存在しています。人々は今現在、仕事がなくて、ぼんやり座り込んでいます。人には、各自の能力を伸ばす機会が存分に与えられるべきです。建設的仕事に従事する労働者が目覚めてこそ、そのような機会は訪れます。国には確かに政治家も必要です。しかし、この国の繁栄のために精一杯働くことが必要とされているこの時にあっては、我々は身を粉にして働く建設的労働者を必要としているのです。機械に囚われている人々は、幻滅を味わうことになると私は確信しています。幻滅を感じた後になるとしても、すべての人がチャルカ(糸紡ぎ車)に取り組まねばならなくなるでしょう。人はあらゆることにおいて、自らを頼む必要があります。自らの自由意志で働き始めなくても、時がたち、状況に迫られて、せざるを得なくなるでしょう。しかし、今は、自由を求める我々のやり方に息苦しさを、私は感じています。光がどこにも見当たりません。英国が権力を譲り渡そうとしているため、あらゆる団体がその権力を手に入れてやろうと夢中になっています。しかし、もし我々が自らの務めを果たさないならば、こんな自由よりも奴隷状態の方がよかったと、人々がいうような事態をもたらしかねません。建設的労働者が大胆で恐れを知らなければ、それだけそのような性質が、行動にあらわれます。そして、彼らがなす仕事を通じて、周囲に広まっていきます。このような健全な空気をこの国が呼吸すれば、間違いなくこの国は健やかに成長していくことでしょう。ですから、建設的仕事に従事するすべての労働者が、心の腰に帯を締め(新約聖書:第1ペテロ1:13)、熱心に行動を起こす時が来ています。この瞬間を有益に活用して、神が与えてくださったこの人生を胸のはれるものにしようではありませんか。
(From Gujarati)  Biharni Komi Agman, P.346-7  (1947年5月13日)

Advice to Constructive Workers  May 13, 1947
  Independence is now as good as come.  But it is only political independence.  Let not anyone think that once the British quit India there will be more comfort and convenience and the constructive programme would become superfluous.  But from the prevailing atmosphere it seems that for at least a decade after independence our condition would continue to deteriorate.  This political freedom no doubt will remove the restraints over us and we shall be able to accomplish our cherished aims.  Real hard work will have to be done only after independence.  Unless poverty and unemployment are wiped out from India, I would not agree that we have attained freedom.  Real wealth does not consist in jewellery and money, but in providing for proper food, clothes, education, and creating healthy conditions of living for every one of us.  A country can be called prosperous and free only when its citizens can easily earn enough to meet their needs.  But today the situation is so tragic that on the one hand there are people who roll in pomp and luxury and on the other there are people who do not have enough clothes to cover their bodies and who live on the brink of starvation.  Today men are sitting idle having no work to do.  A man should have full opportunity to develop himself.  That will happen only when there is an awakening among the constructive workers.  The country does need politicians.  But now when it is necessary to work hard for the prosperity of the country we need devoted constructive workers. I am convinced that people who are wedded to machinery are going to be disillusioned.  Everyone, if only after being disillusioned, will have to ply the charkha.  One has to be self-reliant in everything.  If people do not start working of their own free will, time and circumstances will make them do so.  Bur right now I find it suffocating to see the manner in which we are marching towards freedom.  I find no light anywhere.  Now that the British are contemplating transfer of power every community is keen on grabbing it.  But, if we do not do our duty, we will be giving a chance for the people to say that slavery was better than this freedom.  To the extent the constructive workers are bold and fearless, these qualities would be reflected in their actions and through their work spread in the atmosphere.  If the nation breathes such a healthy air, it would definitely grow healthy.  So, the time has come for every constructive worker to gird up his loins and plunge into action.  Let him put this moment to good use and justify the life God has granted him.
(From Gujarati)  Biharni Komi Agman, P.346-7 

2008年12月 5日 (金)

追悼ではなく仕事の継続を

 今私は見せかけだけのものは何も求めていません。ジャムナラル氏(訳注)の記念碑を建てても、彼のことを永久に憶えていられるわけではありません。碑文を読んで、しばらくすると忘れてしまうのです。しかし、この世界のためにこんなにも働いてくれた彼の仕事を、誰かが永久に継続しようと決意するなら、それこそ氏に対する本当の意味での追悼となるのです。しかし私は皆さんに無理やり何かさせようとは思いません。皆さんに何か期待しているわけでも全くありません。何かやりたい人があれば、その人の魂を喜ばせるためにやらせてあげればよいのです。誰かが見せかけで何かをやっても、私はうれしくありませんし、ジャムナラル氏の精神を傷つけることになります。

(訳注)ジャムナラル氏:ガンジーの賛同者で、糸紡ぎの取り組みを始め、教育や村落手工業の復活に尽力した。ガンジーのこの文章は、ジャムナラル氏が亡くなって数日後に、仲間たちの前で行った演説の一部。

  Today I do not want anything for show. We cannot perpetuate Jamnalalji's memory by erecting a memorial to him. People will read the inscription and forget it after a time. But if someone resolves to perpetuate the work of this man, who did so much for the world, it will be a true memorial to him.  But I do not want to force you, nor do I expect anything from you. If anyone wants to do anything let him do it for the good of his own soul. If anything is done for appearances it will hurt me and it will hurt the spirit of Jamnalalji.
[From Hindi]
Harijan, 8-3-1942

2008年12月 3日 (水)

勇敢であれ

 今日、大変な脅威が、我々の頭上にあります。シンガポールは攻め落とされました。ラングーン(ミャンマーの首都ヤンゴンの旧称)もその途上にあるようです。カルカッタ(現コルカタ)すら危険な状況です。第3の勢力(日本のこと)が、明日インドに侵入してくるなら、我々はその前にひざまずき、自分たちのビジネスを守ってもらうために自由を売り渡すのでしょうか。あるいは、「ひとつの奴隷状態を取り除いて、別の奴隷状態を受け容れることは望まない」とはっきり宣言するのでしょうか。・・・
 考えるべきことはこれです。敵として我々に近づいてくるもの、我々に敵意を抱く者をも我々は愛するのかということです。その者に対して我々は憐れみを持つのでしょうか。今やわれわれの多くは、英国人に対する乱暴な思いと憎しみで心が一杯になっています。これは、我々が非暴力を適切に理解していないからです。我々が憐れみを示せるのは、許すことのできる人に対してだけだというのは、本当のことです。哀れなねずみが、猫を許すとすれば、それは何を意味するでしょうか。しかしもし、ねずみから勇気が連想されるのであれば、ねずみは猫のえさではなくなります。そして猫についても、ねずみの餌になることはありえません。今日、英国人に対して我々が抱く憎しみは、我々が彼らに対して抱く恐れから生じています。もし、我々が心の中からこの恐れを追い出し、弱者の非暴力によってではなく、強者の非暴力によって、スワラージ(自治・独立)を獲得するなら、我々は世界の誰をも恐れませんし、天下無敵となるのです皆さんが侵略者に対して、憎悪を抱かれないことを、私は希望します。侵略者に敵意を抱かないことを希望しますが、同時に屈服もしないでください。このような覚悟ができていますか。未来は神の手の中にあります。英国人は勇敢な国民です。これまでにも多くの嵐に耐えてきました。勇敢であることをあきらめたことはありません。そして、運命は彼らの味方をしてきました。彼らを見習うべきです。危険に直面しても、勇敢であることを諦めてはなりません。どのような危機にも勇気を持って立ち向かおうではありませんか。
ワルダにて 1942年2月20日
ハリジャン 1942年3月8日

  Today a great threat hangs over our heads. Singapore is gone. Rangoon seems to me on the way and Calcutta itself is in danger. If some third power enters India tomorrow shall we bow before it and sell our freedom to it to protect our businesses? Or shall we declare that we do not wish to get rid of one slavery to embrace another? …
  A point to ponder. Shall we also love one who approaches us as an enemy, who has malice for us? Shall we have compassion for him?  Today the hearts of many of us are filled with violence and hatred towards the British, because we have not properly understood non-violence.  It is true that we can show compassion only towards one whom we have the power to forgive. What can it mean if a poor mouse forgives a cat? But if we can associate a mouse with courage it will cease to be the food of a cat. And as for the cat it will never become the food of a mouse. The hatred which we have for the British in our hearts today springs from the fear we have of them. If we eject this fear from our hearts and secure swaraj not through the non-violence of the weak but through the non-violence of the strong, we shall be afraid of no one in the world and shall become invincible. I would wish you not to harbour enmity against the invader, not to wish him ill but at the same time not to surrender to him. Are you ready for this?  The future is in God's hands. The British are a brave nation. They have weathered many a storm before this. But they never gave up courage and fate was good to them. We should learn from them never to give up courage in the face of danger and to meet any crisis boldly.
WARDHA, February 20, 1942
Harijan, 8-3-1942

2008年12月 1日 (月)

非暴力は無気力、無力ではない

 たった今もこの部屋の外に集まってきた大勢の群集に対処しなければなりませんでした。皆さんは説得し、心を込めて話をすることで解散するように促しました。力に訴えようとはしませんでした。ついにうまくいかなかった時も、我々が引き下がり、ドアを閉めてこの部屋に入ることで、落ち着いた状況を確保することにしました。軍隊の訓練では道徳的プレッシャーというものが全くありません。
 さらに一歩話を進めさせてください。外に集まってきている人々はKhadai Khidmatgars(神の奉仕団)(3つ前の記事の訳注参照)のメンバーではありませんが、皆我々の友人です。われわれの話しを聞きたいと切望しています。彼らが騒いでいるのも愛情の表明です。しかし、彼らの他に、また別の人たちがいるかもしれません。我々に対して良い思いを抱いておらず、敵意すら抱いている人々が、別の所にいるかもしれません。武器を携えた組織では、そのような人々に対処するには、彼らを追い払うことしか思い浮かびません。ここで反対者を、あるいは誰であっても、心の中で誰かを敵であると見なすことは、非暴力、すなわち愛の法則から言って、罪となります。報復しようなどとは一切考えず、非暴力の信奉者は、敵対者の心に変化をもたらせてくださいと、神に祈ります。しかし、そのような変化が生じなくても、敵対者が彼になしてくるどのような危害をも甘んじて受ける覚悟があるのです。臆病だから、あるいはなす術がなくて、こうするのではありません。勇敢にも微笑をたたえて、これを行うのです。私は「本物の完全なる非暴力は、石のような堅い心をも溶かす」という古い言い伝えを断固として信じるものです。

 

ガンジーはこの例として、南アフリカ時代、パシュトゥーン人の敵対者であったミール・アラム・カーンがどのように最後には悔い改めて、親しくなったかを説明した。

 もし私が反撃していたなら、このようなことは起こりえませんでした。私のやったことこそ改心の好例と言えます。敵を愛によって変えたいという強い思いがないのであれば、引き下がった方が良いのです。この非暴力の仕事はあなたには向きません。
 「それでは、盗賊団、武装ギャング、か弱き女性を襲う者達についてはどうするのか」と、あなた方はお尋ねになることでしょう。彼らに対してもKhadai Khidmatgars(神の奉仕団)は、非暴力を貫くべきなのかと。私の返事は、断固として「その通り」なのです。罰するのは神の仕事です。神だけが間違うことのない裁判官です。「乏しい判断力しかもたない」人のやることではありません。暴力を放棄することは、不正に直面して無気力や無力を決して意味しません。我々の非暴力が本物で、愛に根ざしたものであるなら、野蛮な力を使用するよりも、不正に対してよりいっそうの効果を発揮しないはずはありません。皆さんが武装ギャングを見つけ出して、彼らのやり方がいかに間違っているかを彼らに示してくださることを、私は大いに期待しています。そうする中で、たとえ死に直面しても、勇敢であって欲しいのです。
ハリジャン 1938年11月19日

   Just now we had to deal with an enormous crowd that had gathered outside this room. You tried to disperse it by persuasion and loving argument, not by using force and, when in the end we failed in our attempt, we withdrew and sought relief from it by getting behind closed doors in this room. Military discipline knows nothing of moral pressure.
  Let me proceed a step further. The people who are crowding outside here are all our friends though they are not Khudai Khidmatgars. They are eager to listen to what we may tell them. Even their indiscipline is a manifestation of their love. But there may be others besides them elsewhere who may not be well disposed towards us, who may even be hostile to us. In armed organizations, the only recognized way of dealing with such persons is to drive them out.  Here, to consider the opponent, or, for the matter of that, anybody, even in thought, as your enemy would, in the parlance of non-violence or love, be called a sin. Far from seeking revenge, a votary of non-vio-lence would pray to God that He might bring about a change of heart of his opponent, and if that does not happen he would be prepared to bear any injury that his opponent might inflict upon him, not in a spirit of cowardice or helplessness, but bravely with a smile upon his face. I believe implicitly in the ancient saying that “non-violence real and complete will melt the stoniest hearts.”

  He illustrated his remarks by describing how Mir Alam Khan, his Pathan assailant in South Africa, had ultimately repented and become friendly.

  This could not have happened if I had retaliated. My action can be fitly described as a process of conversion. Unless you have felt within you this urge to convert your enemy by your love, you had better retrace your steps; this business of non-violence is not for you.
  ‘What about thieves, dacoits and spoilers of defenceless women?’ you will ask. Must a Khudai Khidmatgar maintain his non-violence in regard to them too? My reply is, most decidedly ‘Yes’. Punishment is God’s, Who alone is the infallible Judge. It does not belong to man “with judgment weak”. Renunciation of violence must not mean apathy or helplessness in the face of wrongdoing. If our non-violence is genuine and rooted in love, it ought to provide a more effective remedy against wrongdoing than the use of brute force. I certainly expect you to trace out the dacoits, show them the error of their ways and, in so doing, brave even death.
Harijan, 19-11-1938

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »