関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« Khadai Khidmatgars(神の奉仕団) | トップページ | 神聖なる目的 »

2008年11月14日 (金)

蒋介石への手紙

セワグラム 1942年6月14日

総裁殿
 カルカッタで、あなたとあなたの素晴らしい奥様にお会いして、親しく過ごした5時間を、私は決して忘れないでしょう。
 ・・・・
 我らの偉大な2つの国が互いにより近づき、互いの利益のために協力できることを私は強く希望しています。インドから撤退するように私は英国に要求していますが、それは、どんな形であれ、日本の侵略に対抗するインドの防衛を弱体化させるものではないということは、申し上げておきます。ですから、貴殿の闘いをまごつかせるものでもありません。インドはどんな侵略者、略奪者に対しても絶対に屈服しませんし、抵抗しなければなりません。貴国の自由を犠牲にして、自国の自由を買うような罪を犯すことは決してしません。このようなやり方で、インドは自由になれません。私にはそれが明白でしたので、そのような考えが頭に浮かんだことはありません。インドであろうと、中国であろうと日本の支配下に置かれれば、もう一方の国も等しく害をこうむりますし、世界平和にとっても有害です。ですから、そのような支配は食い止めねばなりません。これについて、私はインドに、本来の正当な役割を果たしてもらいたいと願っています。
 インドが囚われの身にある限り、これをすることはできないと私は感じています。マレー半島、シンガポール、およびビルマからの撤退をインドはなすすべもなく見守るしかありませんでした。これらの悲劇的な事例から教訓を学ばねばなりません。これらの不運な国々に起こったことが繰り返されないように、できるかぎりのことをやらねばなりません。しかし、我々が自由にならないかぎり、こういう事態を防ごうとしても、なす術がありません。そして、同様のことが再び起こり、インドや中国が壊滅的な打撃を受けないとも限りません。このような悲劇が繰り返されることを私は望みません。
 支援を申し出ても、英国政府によって繰り返し拒絶されてきました。最近も、クリップス使節団が失敗に終わったことで、深い亀裂が残され傷が癒えていません。そのような苦悩を経て、英国の政権が今すぐインドから出て行くことを要求する叫びをあげています。そうすれば、インドも自らのことは自分たちで対処し、中国を最大限に支援することができます。
 私は非暴力を信頼していると、あなたに申し上げました。国が団結して行えば、非暴力の手法が効果を発揮すると私は確信しています。この確信は、これまでになく確かなものになっています。しかし、今日のインドは国をあげてそのように確信しているわけでも、信頼しているわけでもないことを私は知っています。自由インドの政府は、国を構成する様々な人たちによって組織されるでしょう。
 今、インド全体が無力感を抱き、いらだっています。インド国民軍は主として経済的な事情で入隊した人によって編成されています。闘いの大義に特別な感情をもっているわけではありません。ですから、断じて国民軍ではないのです。インドや中国のため、大義のために闘う我々は、武力を用いる場合でも、非暴力の場合でも、外国の支配下にいる限り、望む役割を果たすことができません。さらにいえば、自由であってこそ、インドは自国のためだけでなく、中国のためにも、世界平和のためにも、決定的に重要な役割を果たせると、我々は確信しています。このように手も足も出せない状態にとどまり、効果的な行動の可能性が広がっているというのに、出来事に圧倒されるままでいるのは、適切なことでも勇ましいことでもないと、私同様に多くに人々が感じていいます。ですから、あらゆる効果的な行動を起こして、独立を確保すべきだと感じるのです。自由のための行動がそんなにも必要とされているのです。英国政権に対して、英国とインドの不自然な関係をすぐに終わらせるように私が主張していますのも、こういう理由があるからです。
 我々がこのような努力をしないかぎり、インド国民の感情が、間違った有害な方向に流れてしまう非常に重大な危険が存在します。ただ単にインドでの英国の権威を弱め、追い出したいがために、ひそかに日本に共感する気持ちが増大していく可能性が大いにあります。この気持ちが、自分たちの自由を勝ち取るために外部の力など全く期待しなくても良いとする確固たる自信にとって代わるかもしれません。我々は、自分自身を頼りにすることを学ばねばなりません。そして、自らを救う力を養っていかねばなりません。自分自身を束縛から自由にする努力を断固としてやっていくことで、初めてできます。世界の自由な国々の中で、我々が本来持つべき確かな位置を占めるためにも、自由というのが今必要なことになっているのです。
 ・・・・
 インドでの新しい運動の創設者として、ほとんど言う必要もないことですが、私は性急にはことを進めません。私が勧める行動はどれも、中国に損害を与えたり、日本がインドや中国を侵略することを奨励したりすることがないように、熟考した上で行われます。私にとっては当然であり、インドや中国の防衛を強化するに違いない提案に対して、世界の世論の支持を得ようと、私は努力しています。私はまた、インド国内の世論も養い、導こうとしていますし、仲間とも協議しています。言うまでもありませんが、私が関わるであろう英国政府に対する運動はすべて、本質的に非暴力のものとなります。英国当局との衝突を避けるために、全力を尽くしています。しかし、今すぐに手に入れねばならないものとなってきている自由のために衝突が避けられないのであれば、どんなに大きな危険も覚悟しています。
 日本の攻撃および侵略に対抗する貴国の戦争も丸5年を迎えようとしています。中国にあらゆる惨劇と悲嘆をもたらしてきました。中国の人々のことを思う時、私は心から悲しみをともにしています。国の自由のために勇敢に戦っておられ、限りない犠牲を捧げておられること、強敵を向こうに回し高潔に闘っておられることに敬意を覚えます。このような勇気、犠牲が無駄になることは決してないと、私は確信しています。必ず実を結ぶに違いありません。貴殿および貴殿の奥様、偉大なる中国の人民に対して、私は皆様の取り組みが成功することを心からお祈り申し上げます。自由の国になったインドと中国が、ともに親交と友好関係を深め協力して、自分たちのため、アジアのため、世界のために協力する日が来ることを願っています。
敬具
M. K. ガンジー
Non-violence in Peace and War, Vol. I, Also C.W. 10367. Courtesy: India
Office Library, London. Also The Transfer of Power, Vol. II, pp. 346-8

30. LETTER TO CHIANG KAI-SHEK  SEVAGRAM, June 14, 1942
DEAR GENERALISSIMO,
I can never forget the five hours’ close contact I had with you and your noble wife in Calcutta.
....
  My earnest desire that our two great countries should come closer to one another and co-operate to their mutual advantage, I am anxious to explain to you that my appeal to the British power to withdraw from India is not meant in any shape or form to weaken India’s defence against the Japanese or embarrass you in your struggle. India must not submit to any aggressor or invader and must resist him. I would not be guilty of purchasing the freedom of my country at the cost of your country's freedom. That problem does not arise before me as I am clear thatIndia cannot gain her freedom in this way, and a Japanese domination of either India or China would be equally injurious to the other country and to world peace. That domination must therefore be prevented and I should like India to play her natural and rightful part in this.
  I feel India cannot do so while she is in bondage. India has been a helpless witness of the withdrawals from Malaya, Singapore and Burma. We must learn the lesson from these tragic events and prevent by all means at our disposal a repetition of what befell these unfortunate countries. But unless we are free we can do nothing to prevent it, and the same process might well occur again, crippling
India and China disastrously. I do not want a repetition of this tragic tale of woe.
  Our proferred help has repeatedly been rejected by the British Government and the recent failure of the Cripps Mission has left a deep wound which is still running. Out of that anguish has come the cry for immediate withdrawal of British power so that India can look after herself and help China to the best of her ability.
  I have told you of my faith in non-violence and of my belief in the effectiveness of this method if the whole nation could turn to it.  That faith in it is as firm as ever. But I realize that India today as a whole has not that faith and belief, and the Government in free India would be formed from the various elements composing the nation.
  Today the whole of India is impotent and feels frustrated. The Indian Army consists largely of people who have joined up because of economic pressure. They have no feeling of a cause to fight for, and in no sense are they a national army. Those of us who would fight for a cause, for India and China, with armed forces or with non-violence, cannot under the foreign heel, function as they want to.  And yet our people know for certain that India free can play even a decisive part not only on her own behalf, but also on behalf of China and world peace. Many like me feel that it is not proper or manly to remain in this helpless state and allow events to overwhelm us when a way to effective action can be opened to us. They feel, therefore, that every possible effort should be made to ensure independence and that freedom of action which is so urgently needed. This is the origin of my appeal to the British power to end immediately the unnatural connection between Britain and India.
  Unless we make the effort there is a grave danger of public feeling in India going into wrong and harmful channels. There is every likelihood of subterranean sympathy for Japan growing simply in order to weaken and oust British authority in India. This feeling may take the place of robust confidence in our ability never to look to outsiders for help in winning our freedom. We have to learn
self-reliance and develop the strength to work out our own salvation.  This is only possible if we make a determined effort to free ourselves from bondage. That freedom has become a present necessity to enable us to take our due place among the free nations of the world.
....
  I need hardly give you my assurance that, as the author of the new move in India, I shall take no hasty action. And whatever action I may recommend will be governed by the consideration that it should not injure China, or encourage Japanese aggression in India or China.  I am trying to enlist world opinion in favour of a proposition which to me appears self-proved and which must lead to the strengthening of India’s and China’s defence. I am also educating public opinion in India and conferring with my colleagues. Needless to say, any movement against the British Government with which I may be connected will be essentially non-violent. I am straining every nerve to avoid a conflict with British authority. But if in the vindication of the freedom which has become an immediate desideratum, this becomes inevitable, I shall not hesitate to run any risk however great.
  Very soon you will have completed five years of war against Japanese aggression and invasion and all the sorrow and misery that these have brought to China. My heart goes out to the people of China in deep sympathy and in admiration for their heroic struggle and endless sacrifices in the cause of their country’s freedom and integrity against tremendous odds. I am convinced that this heroism and sacrifice cannot be in vain; they must bear fruit. To you, to Madame Chiang and to the great people of China, I send my earnest and sincere wishes for your success. I look forward to the day when a free India and a free China will co-operate together in friendship and brotherhood for their own good and for the good of Asia and the world.
Yours sincerely,
M. K. GANDHI
Non-violence in Peace and War, Vol. I, Also C.W. 10367. Courtesy: India
Office Library, London. Also The Transfer of Power, Vol. II, pp. 346-8

« Khadai Khidmatgars(神の奉仕団) | トップページ | 神聖なる目的 »

nonviolence」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Khadai Khidmatgars(神の奉仕団) | トップページ | 神聖なる目的 »