関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 質疑応答 その1 カディー(手紡ぎ、手織りの衣類)の価値 | トップページ | 質疑応答 その3 平等の強制ではなく »

2008年11月 7日 (金)

質疑応答 その2 経済的平等とは何か

質問:経済的平等とは、実際どういうことを言うのでしょうか。あなたが思いつかれた制定法上の信託制度とは、いったい何でしょうか。
 ガンジーは、彼の考える経済的平等とは、全ての人が文字通り同じ額を所有することではないと答えた。各自が必要なだけを持つという、ただそれだけのことなのだ。例えば、彼は冬になるとショールが2枚必要であるが、彼と一緒に暮らす兄の孫のカヌ・ガンジーは、さらに彼の息子もそうだが、温かい衣類を全く必要としていない。ガンジーは山羊のミルクや、オレンジ、その他の果物を所望する。カヌは普通の食事でやっていける。ガンジーはカヌがうらやましいが、そのようなことを指摘しても意味はない。カヌは若いが、ガンジーは76歳の老人だ。ガンジーの1ヶ月の食費は、カヌの食費よりもかなり高くついている。しかし、このことによって、2人の間に経済的な不平等があるというわけではない。象は蟻よりも千倍多くの食料を必要としているが、それが不公平を示しているわけではない。だから、経済的平等が本来意味することは、マルクスの定義どおり、「各自に必要に応じて」となる。独身の男が、妻と四人の子を持つ男性と同じだけを要求するなら、経済的平等に反することになる。ガンジーは、さらに次のように続けた。

 「有産階級と一般の人々の間にある目のくらむような差異を正当化しようとはなさらないでください。王子と貧民の差異を、前者が後者よりも多くを必要とするからと言わないでください。そのようなことを言えば、私が主張することを怠惰にも詭弁を弄して曲解することになります。今日のような金持ちと貧乏人の間にある相違は、心の痛む光景です。貧しい村人たちは、外国の政府からとさらには、同国人である都市の住人からも搾取されています。彼らは食料を生産しつつも腹をすかせています。牛乳を生産しているにもかかわらず、彼らの子どもたちをそれを飲むことができません。恥ずかしいことです。全ての人にバランスの取れた食事と住むのに恥かしくない家が与えられ、子どもたちを教育する施設もあって、医療も十分に受けられるようになるべきです」
 これが、経済平等として彼が思い描くイメージだった。彼は最低限の必要を超えたそれ以上のものを全て排斥したいという考えではなかった。しかし、まずは貧しい人々に必需品を行き渡らせることが先でなくてはならない。最初にすべきことは、最初にやらねばならない。
 現在、富を所有している人は、階級闘争を選ぶか、自ら自発的に富の管理者になるかを選択せねばならない。彼らが自らの所有物を管理する任に当たることは構わないし、能力を用いて富をふやすことも構わない。しかし、自分のためではなく、国民のためにこれらのことをすることになる。だから、搾取はありえない。彼らが社会に捧げる奉仕や、それが社会にとってどのくらいの価値があるかに応じて、彼らが手にする委託料を国が調整する。彼らの子どもが、管理者としての地位を世襲するのは、その地位にふさわしいと認められた場合に限る。そして、彼は次のような結論を述べた。

 「仮に、インドが明日自由の国になるとすれば、法律で定められた財産管理者となる機会が全ての資本家に与えられます。しかし、そのような法律を上から押し付けることはよくありません。下から生じてくるものでなければなりません。財産信託制度の意味が人々にわかり、それを求める雰囲気が熟してくれば、人民自らがGram Panchayats(村落の自治組織)から始めて、そのような法律を制定するようになるでしょう。そのようなことは下から生じてきた場合には、容易に飲めますが、上から押し付けると、それはどうしようもない重圧でしかありません」
建設的労働者協議会での質疑応答 マドラスにて 1946年1月24日
ハリジャン 1946年3月31日

Gandhiji’s reply was that economic equality of his conception did not mean that everyone would literally have the same amount. It simply meant that everybody should have enough for his or her needs. For instance, he required two shawls in winter whereas his grand-nephew Kanu Gandhi who stayed with him and was like his own son did not require any warm clothing whatsoever. Gandhiji required goat's milk, oranges and other fruit. Kanu could do with ordinary food. He envied Kanu but there was no point in it. Kanu was a young man whereas he was an old man of 76. The monthly expense of his food was far more than that of Kanu but that did not mean that there was economic inequality between them. The elephant needs a thousand times more food than the ant, but that is not an indication of inequality. So the real meaning of economic equality was: "To each according to his need."  That was the definition of Marx. If a single man demanded as much as a man with wife and four children that would be a violation of economic equality. Gandhiji continued :
  Let no one try to justify the glaring difference between the classes and the masses, the prince and the pauper, by saying that the former need more. That will be idle sophistry and a travesty of my argument. The contrast between the rich and the poor today is a painful sight. The poor villagers are exploited by the foreign Government and also by their own countrymen---the city-dwellers. They produce the food and go hungry. They produce milk and their children have to go without it. It is disgraceful. Everyone must have a balanced diet, a decent house to live in, facilities for the education of one's children and adequate medical relief.
  That constituted his picture of economic equality. He did not want to taboo everything above and beyond the bare necessaries but they must come after the essential needs of the poor are satisfied. First things must come first.
  As for the present owners of wealth, they would have to make their choice between class-war and voluntarily converting themselves into trustees of their wealth. They would be allowed to retain the stewardship of their possessions and to use their talent to increase the wealth, not for their own sakes, but for the sake of the nation and therefore without exploitation. The State would regulate the rate of commission which they would get commensurate with the service rendered and its value to society. Their children would inherit the stewardship only if they proved their fitness for it. He concluded :

  Supposing India becomes a free country tomorrow, all the capi-talists will have an opportunity of becoming statutory trustees. But such a statute will not be imposed from above. It will have to come from below. When the people understand the implications of trusteeship and the atmosphere is ripe for it, the people themselves, beginning with gram panchayats, will begin to introduce such statutes. Such a thing coming from below is easy to swallow. Coming from above, it is liable to prove a dead weight.
ANSWERS TO QUESTIONS AT CONSTRUCTIVE WORKERS’ CONFERENCE, MADRAS January 24, 1946
The Hindu, 26-1-1946; also Harijan, 31-3-1946

« 質疑応答 その1 カディー(手紡ぎ、手織りの衣類)の価値 | トップページ | 質疑応答 その3 平等の強制ではなく »

経済観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/43039250

この記事へのトラックバック一覧です: 質疑応答 その2 経済的平等とは何か:

« 質疑応答 その1 カディー(手紡ぎ、手織りの衣類)の価値 | トップページ | 質疑応答 その3 平等の強制ではなく »