関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 質素な生活と高邁な思索 | トップページ | 社会主義と信仰 »

2008年11月 1日 (土)

工業化に代わるもの

次のような投稿がありました。
 「船舶、汽車、飛行機などをインドが製造するような、インドの工業化が必要だと考えていらっしゃいますか? 必要ないとすれば、インドが自由な独立した国家として責任を果たしていく、それに代わる手段を提示していただけないでしょうか。
 また、ここにあげたような産業を確立すべきだと思われるのであれば、その産業およびそこから生じる利益を管理していくのは、あなたのお考えでは、どのような主体であるべきでしょうか」

 どのような国のどの場合においても、工業化が必要であるとは思いません。インドについてはなおのこと必要でありません。独立したインドがこの喘いでいる世界に対して義務を果たす道は、大多数の国民がつつましい家屋(手工業)をきちんと整え世界と平和に付き合っていくことで、質素な中にも高潔な生き方を取り入れていくことでしかありません。高邁な思索は、物に囲まれた複雑な生活とは両立しません。そのような生活は時間に追われるからです。お金を第一にすれば能率が求められるのは避けられませんが、高潔に生きる術を身に付けて初めて我々は、人生のあらゆる魅力を享受することができるようになります。
 危ない生き方をすることに、興奮を覚えるかもしれません。危険に面と向かって生きることと危ない生き方をすることとを、きちんと区別する必要があります。野生の獣や野蛮な人が潜む森の中で一人、銃も持たずに神だけを助けとして勇気を持って生活する人は、危険に面と向かって生きています。いつも空中で生活して、世界をあっと言わせてやろうとして下界に飛び降りるような人は、危ない生き方をしている人です。前者は目的がありますが、後者は目的もなく生きています。
 重装備をした世界に面と向かい、仰々しさに囲まれているのですから、どれだけ広大な面積と人口を抱えていてもたった一つの国が、そのような質素な生き方取り入れていけるのだろうかと考えるのは、懐疑論者が考えがちな疑問です。この疑問に対する答えはきっぱりと単純なものです。質素な生活が価値ある生き方であるなら、それを目指すことも価値ある試みなのです。そのような努力をするのがたった一人であろうと、一グループであったとしてもです。
 同時に私は、重要な工業のいくつかは必要であると考えます。理論だけのまたは、武装した社会主義というものを私は支持しません。私は、大多数の改心を待つことなく自分の信念に基づいた行動をすべきだと考えます。ですから、重要な工業というものを列挙する必要はありません。多くの人が一緒に働いて成り立つような国有を目指したいです。人々の労働によって生産された物は、国家を通して熟練工かどうかの区別なく労働者に、分け与えられます。ただし、私が思い描けるのは、非暴力を基盤にした国家だけですから、武力によって金持ちの所有物を奪うことはしません。国有へと変換していく過程で、彼らが協力してくれるようにお願いしたいと思うのです。大金持ちであろうと貧乏人であろうと、社会のはみ出しものは存在しません。金持ちも貧乏人も、同じ病気がもたらした傷みです。「その全てをひっくるめて」全ての人が人間です。
 インドでも他の地域でも目にしてきたし、これからも目にするであろう非人道的行為を直視してなおこの信念を、私は高らかに宣言します。危険に面と向かって生きようではありませんか。
ハリジャン 1946年9月1日

ALTERNATIVE TO INDUSTRIALISM
A correspondent writes :
Do you then believe that industrialization of India--to the extent of India producing her own ships, locomotives, aeroplanes, etc.,--is necessary? If not, will you kindly suggest the alternative means by which India shall discharge her responsibilities as a free and independent nation?
  If you believe in the establishment of such industries, who should, in your opinion, exercise control over the management and the profits that will accrue?

  I do not believe that industrialization is necessary in any case for any country. It is much less so for India. Indeed, I believe that Independent India can only discharge her duty towards a groaning world by adopting a simple but ennobled life by developing her thousands of cottage [industries] and living at peace with the world. High thinking is inconsistent with complicated material life based on high speed imposed on us by Mammon worship. All the graces of life are possible only when we learn the art of living nobly.
  There may be sensation in living dangerously. We must draw the distinction between living in the face of danger and living dangerously. A man who dares to live alone in a forest infested by wild beasts and wilder men without a gun and with God as his only Help, lives in the face of danger. A man who lives perpetually in mid-air and dives to the earth below to the admiration of a gaping world lives dangerously. One is a purposeful, the other a purposeless, life.
  Whether such plain living is possible for an isolated nation, however large geographically and numerically in the face of a world armed to the teeth and in the midst of pomp and circumstance, is a question open to the doubt of a sceptic. The answer is straight and simple. If plain life is worth living, then the attempt is worth making even though only an individual or a group makes the effort.
  At the same time I believe that some key industries are necessary. I do not believe in armchair or armed socialism. I believe in action according to my belief, without waiting for wholesale conversion. Hence, without having to enumerate key industries, I would have State ownership where a large number of people have to work together. The ownership of the products of their labour, whether skilled or unskilled, will vest in them through the State. But as I can conceive such a State only based on non-violence, I would not dispossess monied men by force but would invite their co-operation in the process of conversion to State ownership. There are no pariahs of society, whether they are millionaires or paupers. The two are sores of the same disease. And all are men “for a’ that”.
  And I avow this belief in the face of the inhumanities we have witnessed and may still have to witness in India as elsewhere. Let us live in the face of danger.
ON THE TRAIN TO DELHI, August 25, 1946
Harijan, 1-9-1946

« 質素な生活と高邁な思索 | トップページ | 社会主義と信仰 »

工業化」カテゴリの記事

文明論」カテゴリの記事

経済観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/42971341

この記事へのトラックバック一覧です: 工業化に代わるもの:

« 質素な生活と高邁な思索 | トップページ | 社会主義と信仰 »