関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 道徳性不在の信用取引 | トップページ | 工業化に代わるもの »

2008年10月30日 (木)

質素な生活と高邁な思索

「理想的な社会とは、最小の労働で、必要なものをどんどん増し加えていくような生活をすべての個人が送ることができる、そういう社会である」

 このように、アフマダーバードの友人が書いてよこしました。この命題は、心地よく、多くの人が受け容れそうなまことしやかな主張に裏付けられています。・・・この世のすべての人が、最小限の労働で可能な限り最高の生活水準を維持できるはずだとするのは、ラクダが針の穴を通ると期待するくらい空想的なことです。この人が言う高い生活水準とは、贅沢な生活のことのようです。これを社会全体で達成するのは、どんな社会でも不可能です。贅沢に限度がなければ、一体我々はどこで止まればよいのでしょうか。世界のあらゆる聖典が、全く正反対のことを教えています。質素な生活と高邁な思索(ワーズワースの言葉)というのが、我々の前に提示されている理想です。大半の人が、これが真理であることを認識しています。しかし、人間が弱いためにその理想に到達できないでいます。しかし、そのような存在を心に描くことは全く問題なくできます。何千万人ものインド人に、ある金額の収入が保証されるべきであるのは、確かに正論です。そして、この理想を達成するには、大型機械は不必要であるばかりでなく、実に有害でさえあるのです。
 人は、日常の欲求をますます増やしていこうと思ったとたん、質素な生活と高邁な思索という理想を求めることをやめてしまいます。このような例は歴史を振り返ればたくさんあります。人の幸福は、実際には満足することにあります。満足していない人は、たとえどれほど多くのものを所有していても、自分自身の欲望の虜になっております。欲望の虜に匹敵するほどの奴隷状態は他にありません。自分自身が最良の友となることもありますが、同時に最大の敵になることもあると賢者は皆公言しています。自由でいるか、奴隷に成り下がるかを決めるのは自分自身です。そして個人についてあてはまることは、社会についてもあてはまります。
セワグラム 1940年10月9日
ハリジャン 1942年2月1日

PLAIN LIVING AND HIGH THINKING

An ideal society is that in which every individual will be able to live a life of progressively increasing wants with a minimum output of labour.

  Thus writes a friend from Ahmedabad. The proposition is pleasing and is backed by plausible argument which many may accept. ・・・That everyone in this world should be able to maintain as high a standard of life as possible with the least possible output of labour is just as fantastic as to expect a camel to pass through the eye of a needle. The writer’s high living would appear to mean luxurious living which is an impossible proposition for any society as a whole. And when there is no limit to luxury where shall we stop? All the scriptures of the world have taught the exact opposite.  Plain living and high thinking is the ideal that has been placed before us. The vast majority recognize its truth but are unable to get there because of human frailty. It is, however, perfectly possible to envisage such an existence. That the crores in India should be guaranteed a certain income is only right, and to achieve this ideal large-scale machinery is not only not necessary but wholly destructive.
  Man falls from the pursuit of the ideal of plain living and high thinking the moment he wants to multiply his daily wants. History gives ample proof of this. Man’s happiness really lies in contentment.  He who is discontented, however much he possesses, becomes a slave to his desires. And there is really no slavery equal to that of his desires. All the sages have declared from the house-tops that man can be his own worst enemy as well as his best friend. To be free or to be a slave lies in his own hands. And what is true for the individual is true for society.
SEVAGRAM, October 9, 1940
Harijan, 1-2-1942

« 道徳性不在の信用取引 | トップページ | 工業化に代わるもの »

文明論」カテゴリの記事

経済観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/42953568

この記事へのトラックバック一覧です: 質素な生活と高邁な思索:

« 道徳性不在の信用取引 | トップページ | 工業化に代わるもの »