関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 真の英雄 | トップページ | 許せる人が強い »

2008年9月21日 (日)

怒りを飲み込んで

 勇者バガット・シンと2人の仲間は、絞首刑に処せられました。彼らの命を救うために、多くのことが試みられました。救命できそうだという希望が感じられたこともありました。しかし、全てはむなしい結果に終わりました。
 バガット・シンは、生き延びたいと思っていませんでした。彼は謝罪することを拒みました。控訴しませんでした。・・・・・バガット・シンは非暴力の信奉者ではありませんでした。しかし、暴力の教えに賛同していたわけではありませんでした。やむにやまれない気持ちから、人を殺める覚悟をしてしまったのです。彼の最後の手紙にこうあります。「私は戦いの中で逮捕されました。私には、絞首台はふさわしくありません。私を大砲の筒先に置いて、吹き飛ばしてください」この英雄は、死の恐怖を克服していました。彼らの英雄的行為に敬意を表して何度も平伏しようではありませんか。
 しかし、彼らの行為を真似てはなりません。彼らの行動によってこの国が利益を得たと信じることは、私にはできません。私の目には、なされてしまった害悪しか見えてきません。この種の行為を追及することがなく、純粋に非暴力の闘争を遂行していたならば、我々はもうずっと前にスワラージ(自治・独立)を勝ち得ていたでしょうに。私のこのような推量に対しては、2種類の意見があるでしょう。しかし、次の事実を否定できる人はいないはずです。殺人によって正義を求める慣習が我々の間で確立されるなら、我々は自分たちが正義と信じることのために互いに殺しあうようになるということをです。困窮し、身体に障害を負った人で溢れかえる国というのは、身の毛もよだつような光景です。これらのかわいそうな人々が、我々の残虐行為の犠牲者となるのです。皆が、この結果について思いをめぐらせることが、望ましいことです。さらに、我々は民衆のための、民衆のものであるスワラージ(自治・独立)を求めています。暴力の戒律を掲げることで、自らの行為の結果を刈り取ることになります。
 ですから、この勇敢な男達の勇気は讃えても、彼らの行為は決して支持してはなりません。
 これらの男達を絞首刑にすることで、政府はその野蛮な本性を暴露しました。世論を無視することで、権力がもたらした傲慢さを、まざまざと見せ付けたのです。この絞首刑から、実質的な権限は何も、政府は人民に手渡したくないのだという事がわかります。確かに、政府にはこの男たちを絞首刑にする権限がありました。しかし、権限の中には、名目上そういう権限があるだけだとわきまえていてこそ、権限を有するものの名誉となるような権限もあるのです。どんな状況においても、あらゆる権力を行使するなら、最後には崩壊してしまうでしょう。今回の場合では、政府がもし、自らの権利を行使しなかったなら、政府は名を上げていたでしょう。そして、それによって大いに平穏を維持することができたでしょう。
 しかしながら、そのような思慮分別を政府が今日に至るまで身につけてこなかったのは、明白です。大衆が憤慨するのも、もっともなことですが、大衆が怒りを表明すれば、勝利が目前であった試合に負けることになります。大衆が怒りをぶちまけるのを期待しているような高官さえいます。そうする、しないに関わらず、我々はまっすぐな道を行くのみです。合意に向けて協議していたとき(訳注)に、バガット・シンの絞首刑が我々に重くのしかかってきました。バガット・シンとその仲間達に特赦を与え、少なくとも絞首刑の宣告を思いとどまるくらい政府に配慮がないものかと期待していました。この願いが聞き届けられなかったというだけで、締結したばかりの協定を破ってはなりません。むしろ、我々に加えられたこの一撃を耐え忍び、この協定を堅く守るべきです。このような試練の時にあってもそのようにすることで、我々が望みのものを獲得する力は、弱まるのではなくむしろ強くなります。他方、もし我々が協定を破り、休戦に違反するなら、我々は気力を失い、力をなくし、目的に到達するうえでの困難な障害をさらに増やすことになります。ですから、我々に課せられた戒律は、怒りを飲み込み、協定を遵守し、義務を遂行していくこととなるのです。
[グジャラート語より]ナウジーワン、1931年3月29日
訳注:ガンジー・アーウィン協定
  (塩作りが認められ、逮捕者釈放される。これにより反英闘争を一時中止)

  Brave Bhagat Singh and his two associates have been hanged.  Many attempts were made to save their lives and even some hopes were entertained, but all was in vain.
  Bhagat Singh did not wish to live. He refused to apologize; declined to file an appeal. ...Bhagat Singh was not a devotee of non-violence, but he did not subscribe to the religion of violence; he was prepared to commit murder out of a sense of helplessness. His last letter was as follows: “I have been arrested while waging a war. For me there can be no gallows. Put me into the mouth of a cannon and blow me off.” These heroes had conquered the fear of death. Let us bow to them a thousand times for their heroism.
  But we should not imitate their act. I am not prepared to believe that the country has benefited by their action. I can see only the harm that has been done. We could have won swaraj long ago if that line of action had not been pursued and we could have waged a purely non-violent struggle. There may well be two opinions on this conjecture of mine. However, no one can deny the fact that if the practice of seeking justice through murders is established amongst us, we shall start murdering one another for what we believe to be justice. In a land of crores of destitutes and crippled persons, this will be a terrifying situation. These poor people are bound to become victims of our atrocities. It is desirable that everyone should consider the consequences of this. Further, we want a swaraj which is theirs and for them. By making a dharma of violence, we shall be reaping the fruit of our own actions.
  Hence, though we praise the courage of these brave men, we should never countenance their activities.
  By hanging these men, the Government has demonstrated its own brute nature, it has provided fresh proof of its arrogance resulting from its power by ignoring public opinion. From this hanging it may be concluded that it is not the intention of the Government to part with any real power to the people. The Government certainly had the right to hang these men. However, there are some rights which do credit to those who possess them only if they are enjoyed in name only. If a person exercises all his rights on all occasions, in the end they are destroyed. On this occasion, the Government would have brought credit to itself if it had not exercised its rights and this would have been highly useful in maintaining peace.
  However, it is obvious that the Government has not to date developed such discretion. It has given a clear reason for the public to get enraged. If the latter shows anger, it will lose the game which it is about to win. Some officials may even hope that the public will give vent to its anger. Whether they do so or not, ours is a straightforward path. While negotiating the settlement, Bhagat Singh’s hanging was weighing upon us. We had hoped that the Government would be cautious enough to pardon Bhagat Singh and his associates to the extent of remitting the sentence of hanging. We should not break the pledge we have taken just because our hopes have not been fulfilled, but should bear this blow which has fallen upon us and honour our pledge. By doing so under even such trying circumstances, our strength to get what we desire will increase rather than decrease, while, if we break our pledge or violate the truce, we shall suffer loss of vigour, loss of strength and it will add to our present difficulties in reaching our objective. Hence our dharma is to swallow our anger, abide by the settlement and carry out our duty.
[From Gujarati] Navajivan, 29-3-1931

« 真の英雄 | トップページ | 許せる人が強い »

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/42541787

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りを飲み込んで:

« 真の英雄 | トップページ | 許せる人が強い »