関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 貧者のスワラージ(自治・独立) | トップページ | 怒りを飲み込んで »

2008年9月20日 (土)

真の英雄

 私が提起しました見解を、その真価で調べてみましょう。世界は武力による反乱にうんざりしていると私は思っています。さらに、他の国の場合がどうであっても、インドでは流血の革命は成功しないと私は思っています。大衆がそのような革命に反応することはありえないでしょう。大衆に積極的役割が与えられていない闘争は、大衆に何も良いものをもたらしません。流血の革命が成功すれば、大衆はさらに悲惨になるだけです。なぜなら、彼らにとっては、革命後もよそ者に支配されることに変わりないからです。私が教える非暴力は、最も強い者たちが積極的に活動する非暴力です。しかし、弱者であっても、その立場が弱まることなく、この活動に参加できます。その活動に参加した分だけ、彼らは強くなるばかりです。今では大衆は以前よりもはるかに大胆になりました。非暴力の闘争は、必然的に大規模な建設活動を伴います。ですから、 翳質(タマス)、暗質、遅鈍に至ることはあり得ません。国民の生活を活気づかせることになります。その運動は、いまでも静かに続いています。ほとんど気づかれることはないでしょう。しかし、それでも確かに続いているのです。
 私は革命家の英雄的行為や犠牲を否定しません。しかし、邪悪な大義のために行われる英雄的行為や犠牲は、その賞賛すべきエネルギーの多大なる浪費でしかありません。邪悪な大義のために誤って行われる英雄的行為や犠牲の麗しさに惑わされて、本物の大義から注意がそれてしまい、大義を損なうことになります。
 革命家の英雄的で自己犠牲的行為を前にしても、私は恥じ入ることなく胸を張って立てます。なぜなら、罪なき人の血で汚されていない同程度の非暴力の英雄的行為と犠牲で対抗できるからです。罪なき人が一人、自らを奉げることは、他者を殺害して死んだ百万人の犠牲よりも、百万倍効果的なのです。罪なき人がすすんで自らを奉げることは、傲慢な暴政に対抗する神や人が考えうる最強の応戦です。
 私は、スワラージ(独立・自治)を妨げている3つの大きな要因に革命家たちの注意を向けたいと願っています。糸車が普及していかないこと、ヒンズー教徒とイスラム教徒との不和、抑圧された階級に対する非人道的弾圧です。辛抱強く建設していくこの仕事を彼らも分担してくれるようにと、わたしは忍耐をもってお願いしています。人目を引く華やかさはないかもしれません。しかし、まさにここにこそ、英雄的な忍耐強さ、もくもくと継続して努力していくこと、自分を低くすることが求められており、最も偉大な革命家だけがこれを行うことができます。あせりは、革命家の視野を曇らせ、道を迷わせてしまいます。飢えた大衆の中で、自らにも飢えを課すことは、即効性もなければ、人目を引くこともありません。しかし、間違った高揚感のもと絞首台で死を遂げることよりも、こちらの方がいつでも英雄にふさわしいことなのです
.....
ヤング・インディア 1925年2月12日

  Let the philosophy I represent be tested on its own merits. I hold that the world is sick of armed rebellions. I hold too that whatever may be true of other countries, a bloody revolution will not succeed in India. The masses will not respond. A movement in which masses have no active part can do no good to them. A successful bloody revolution can only mean further misery for the masses. For it would be still foreign rule for them. The non-violence I teach is active non-violence of the strongest. But the weekest can partake in it without becoming weaker. They can only be the stronger for having been in it. The masses are far bolder today than they ever were. A non violent struggle necessarily involves construction on a mass scale. It cannot therefore lead to tamas or darkness or inertia. It means a quickening of the national life. That movement is still going on silently, almost imperceptibly but none the less surely.
  I do not deny the revolutionary’s heroism and sacrifice. But heroism and sacrifice in a bad cause are so much waste of splendid energy and hurt the good cause by drawing away attention from it by the glamour of the misused heroism and sacrifice in a bad cause.
  I am not ashamed to stand erect before the heroic and self-sacrificing revolutionary because I am able to pit an equal measure of non-violent men’s heroism and sacrifice untarnished by the blood of the innocent. Self-sacrifice of one innocent man is a million times more potent than the sacrifice of million men who die in the act of killing others. The willing sacrifice of the innocent is the most powerful retort to insolent tyranny that has yet been conceived by God or man.
  I invite the attention of the revolutionaries to the three great hindrances to swaraj--the incomplete spread of the spinning-wheel, the discord between Hindus and Mussalmans and the inhuman ban upon the suppressed classes. I ask them patiently to take their due share in this work of patient construction. It may not be spectacular enough. But on that very account it requires all the heroic patience, silent and sustained effort and self-effacement of which the tallest among the revolutionaries is capable. Impatience will blur the revolutionary's vision and lead him astray. Slow and inglorious self-imposed starvation among the starving masses is every time more heroic than the death of the scaffold under false exaltation.
.....
Young India, 12-2-1925

« 貧者のスワラージ(自治・独立) | トップページ | 怒りを飲み込んで »

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/42533267

この記事へのトラックバック一覧です: 真の英雄:

« 貧者のスワラージ(自治・独立) | トップページ | 怒りを飲み込んで »