関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 質問と回答その4 失業者 | トップページ | 貧者のスワラージ(自治・独立) »

2008年9月12日 (金)

自ら苦難を引き受けること

インド国民会議派に宛てたメッセージ
 現在のところ、目の前にある仕事、つまり、トランスヴァール(南アフリカ)で展開されている闘争以外には、何も考えられる状況にはありません。インド国内各地にいらっしゃるインド人の方々には、この闘争の目的は国家的なことであり、インドの名誉を救うために闘争が行われているのだと、認識して下さることを希望します。私は間違っているかもしれません。しかし、公に主張することを躊躇するつもりはありません。これは、現代で最も偉大な闘争です。なぜなら、その目標も手段もこれ以上ないくらい純粋だからです。トランスヴァールに居住するインド人は、教養あるインド人がヨーロッパの人々と同じようにトランスヴァールに入国する権利を求めて闘っています。この闘争において、闘争者は、どんな個人的利益も求めていません。また、上に掲げた権利(植民地法によって今回初めて奪われたものです)を回復することで、何らかの物質的利得が生じる者もいません。トランスヴァールに居住するインドの息子たちは、純粋で単純な理想のために闘うことができることを示してくれています。救済を得るために採用した方法も、同様に純粋で単純なものです。どのような形、状態の暴力も完全に回避されています。自ら苦難を引き受けることだけが、持続する改革をなす唯一の本物かつ効果的な手段であると、彼らは信じています。憎しみに立ち向かい、克服するのに、彼らは愛をもってしようとしています。むき出しの肉体的な力に、魂の力で対抗しています。地上の統治者や制定法への忠誠は、神や神の掟への忠誠に比べれば2次的であると、彼らは考えています。良心を通して神の掟を解釈する際に、間違ってしまう可能性があることを彼らは認めています。そこで、神が定めた永遠の掟と矛盾すると彼らが考える、人が作った法律に抵抗したり、無視する場合は、法律によって定められた罰を甘受します。そして、自分たちの立場をよくしてくれるものとしては、時の働きと、人間性の最善の部分に信頼を置くのです。たとえ、彼らが間違っていたとしても、苦しみを受けるのは彼らだけですし、既存の秩序というものは持続します。この過程において、2500人を超えるインド人が、つまり、トランスヴァールにいるインド人居住者の半数以上が、あるいは、トランスヴァールに居住する見込みのあるインド人のうちの5分の1が、投獄されるという憂き目にあい、それに伴って、ひどい苦難を体験しました。何度も繰り返し刑務所に入れられた人もいました。多くの家族が困窮しました。人間であることを諦めるくらいなら、欠乏に耐えることを選択した商人が何人もいました。ついでながら、南アフリカではヒンズー教徒対イスラム教徒の問題も解決しました。南アフリカで我々は、互いに、もう一方がいなければやっていけないということに気づいたのです。イスラム教徒も、パールシー教徒(ゾロアスター教徒の子孫)も、ヒンズー教徒も、あるいは、出身州で分けたベンガル、マドラス、パンジャーブ、アフガニスタン、ボンベイの各出身者も、肩を並べて協力し合ってきました。
 このような闘争は、他のことを置いてとまでは言いませんが、国民会議派が最大の関心を寄せる価値がある闘争だと、私は申し上げたいのです。もしこのように言うことが無礼でないならば、この件と、会議派のプログラムにある他の項目とを区別したいと思います。他の項目が取り扱っている法律や政策への反対では、物質的な苦難は伴いません。会議派の活動は、それ相応の行動を伴わない精神的な態度でしかありません。トランスヴァールの件では、宣言された法律および政策が間違っているので、我々はそれを無視しています。そして、その結果、意識的、意図的に物質的、肉体的被害を受けています。我々は精神的な態度と一致する行動を起こしています。ここで述べた見方が正しければ、次のことも許されるでしょう。つまり、トランスヴァールの問題を会議派のプログラムで最重要課題に位置づけて欲しいと求めているからといって、無茶を言っているわけではないということです。次のことも述べさせていただきたいのですが、上で述べてきたような受動的抵抗について熟考し、注意を集中させてみてください。そうすれば、インドにおいて辛酸をなめている数多くの苦悩に対して、受動的抵抗が間違いのない万能薬であることを、見出す可能性だってあります。慎重に研究してみる価値があります。そうすれば、これこそがインド国民およびインドの精神にふさわしい唯一の武器であることがわかるでしょう。私はそう確信しています。世界最古の宗教を育んできたインドが、近代文明から学ぶべきことはほとんど何もありません。近代文明は漆黒の暴力を基盤にしており、多くの場合、人間の中にある神的なものを否定し、自らの破滅に向かってまっしぐらに突き進んでいます。
インディアン・オピニオン 1909年11月27日

Message to Indian National Congress
  At the present moment, I am unable to think of anything but the task immediately before me, namely, the struggle that is going on in the Transvaal. I hope our countrymen throughout India realise that it is national in its aim in that it has been undertaken to save India’s honour. I may be wrong, but I have not hesitated publicly to remark that it is the greatest struggle of modern times, because it is the purest as well in its goal as in its methods. Our countrymen in the Transvaal are fighting for the right of cultured Indians to enter the Transvaal in common with Europeans. In this the fighters have no personal interest to serve, nor is there any material gain to accrue to anybody after the above mentioned right (which has, for the first time in Colonial Legislation, been taken away) is restored. The sons of Hindustan, who are in the Transvaal, are showing that they are capable of fighting for an ideal pure and simple. The methods adopted in order to secure relief are also equally pure and equally simple. Violence in any shape or form is entirely eschewed. They believe that self-suffering is the only true and effective means to procure lasting reforms. They endeavour to meet and conquer hatred by love.  They oppose the brute or physical force by soul-force. They hold that loyalty to an earthly Sovereign or an earthly constitution is subordinate to loyalty to God and His constitution. In interpreting God’s constitution through their conscience, they admit that they may possibly be wrong. Hence, in resisting or disregarding those man-made laws which they consider to be inconsistent with the eternal laws of God, they accept with resignation the penalties provided by the former, and trust to the working of time and to the best in human nature to make good their position. If they are wrong, they alone suffer, and the estab-lished order of things continues. In the process, over 2,500 Indians, or nearly one-half of the resident Indian population, or one-fifth of the possible Indian population of the Transvaal, have suffered imprisonment, carrying with it terrible hardships. Some of them have gone to gaol again and again. Many families have been impoverished. Several merchants have accepted privation rather than surrender their manhood. Incidentally, the Hindu-Mahomedan problem has been solved in South Africa. We realise there that the one cannot do without the other. Mahomedans, Parsees and Hindus, or taking them provincially, Bengalees, Madrasees, Punjabis, Afghanistanees, and Bombayites, have fought shoulder to shoulder.
  I venture to suggest that a struggle such as this is worthy of occupying the best, if not, indeed, the exclusive attention of the Congress. If it be not impertinent, I would like to distinguish between this and the other items on the programme of the Congress. The opposition to the laws or the policy with which the other items deal does not involve any material suffering : the Congress activity consists in a mental attitude without corresponding action. In the Transvaal case, the law and the policy it enunciates being wrong, we disregard it, and there-fore consciously and deliberately suffer material and physical injury; action follows and corresponds to our mental attitude. If the view here submitted be correct, it will be allowed that, in asking for the best place in the Congress programme for the Transvaal question, I have not been un-reasonable. May I also suggest that, in pondering over and concentrating our attention upon passive resistance such as has been described above, we would perchance find out that for the many ills we suffer from in India passive resistance is an infallible panacea. It is worthy of careful study, and I am sure it will be found that it is the only weapon that is suited to the genius of our people and our land, which is the nursery of the most ancient religions and has very little to learn from modern civilization---civilization based on violence of the blackest type, largely a negation of the Divine in man, and which is rushing headlong to its own ruin.
Indian Opinion, 27-11-1909

« 質問と回答その4 失業者 | トップページ | 貧者のスワラージ(自治・独立) »

文明論」カテゴリの記事

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/42456761

この記事へのトラックバック一覧です: 自ら苦難を引き受けること :

« 質問と回答その4 失業者 | トップページ | 貧者のスワラージ(自治・独立) »