関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 質問と回答その3 階級闘争の回避 | トップページ | 自ら苦難を引き受けること »

2008年9月 9日 (火)

質問と回答その4 失業者

        失業者をどうするか
 4番目の質問は、「市民的抵抗をして収監され、解雇されて、失業中である者はどうしたらよいか」ということです。
 もし彼らに働く意思があり、誠実であれば、会議派の組織のどこかで雇ってもらうことができるのはまちがいありません。皆が、雇用先として会議派やその関連組織をあてにする必要もありません。労働者には雇われるだけの価値があります。だから、誠実で労働を厭わない者であれば、収監される前に何をしていた人であっても、ふさわしい場所を見つけられるといつでも期待していてよいのです。
......
ヤング・インディア 1931年3月26日

        WHAT OF THE UNEMPLOYED
  The fourth question was, what of the civil-resistance prisoners who are discharged and are out of employment?
  If they are willing to work and are honest they can, I doubt not, be employed in some Congress organization. Nor need everyone look to the Congress and the allied organizations to give them employment. A labourer is worthy of his hire. And those who are honest and do not mind labouring, no matter what they were previous to imprisonment, can always rely upon being suited.
......
Young India, 26-3-1931

« 質問と回答その3 階級闘争の回避 | トップページ | 自ら苦難を引き受けること »

建設的仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/42425372

この記事へのトラックバック一覧です: 質問と回答その4 失業者:

« 質問と回答その3 階級闘争の回避 | トップページ | 自ら苦難を引き受けること »